IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

メールでの「ご要望」の使い方と例文・「ご意見」との違い

更新日:2022年06月30日

言葉の使い方

言葉の本当の意味を正しく理解している人は、実は少ないのではないでしょうか。ビジネスシーンにおいて「ご要望」という言葉はとても重要になってきます。この「ご要望」という言葉にどんな力があるのか知ることで、今後の仕事の受け方や進め方が変わって来ます。

「ご要望」をメールで使いこなそう

ビジネスシーンでは、メールでのやり取りが主になってきました。メールの方が文章として残る為、電話でのやり取りよりも重要視されてる傾向があります。 何故なら、要望を相手に伝えたいときや、相手からのご要望に応えるときに、メールの文章で確認すことが出来るということが、メリットだからです。 もちろん、電話対応も重要です。メールの受け取り人がメールに気づいてるどうか確認するために連絡したり、早急に用件を伝えたいときなどは電話の方が早いでしょう。 電話で伝えるには、情報量が多すぎる場合があります。そういうときは、やはりメールで伝えた方がお互いのためになります。 「ご要望」という言葉の重要度を知ることで、クライアントがどんな優先順位で何を望んでいるのかが明確になると思います。その優先順位を間違わずに、そして自分の仕事も無駄を省きながら仕事が進められるようになってくるでしょう。

「ご要望」はビジネスメールで重要な言葉

メールがビジネスシーンで重要視されるようになって、言葉をより深く理解していくことが必要不可欠となりました。言葉はたくさんありますが「ご要望」という言葉は、会社の発展に大きく関わってきます。メールは後から確認が出来るため、取引先のご要望を聞き漏らすことは許されません。そして、間違って使ってしまうと、それがずっと文章として残ってしまう為、指摘され、会社の信用に関わってます。ちゃんと理解して使えば、取引先の会社と大きな信用を得られ、また大きな仕事ができるように導いてくれる言葉だと言っても過言ではありません。正しく「ご要望」という言葉を理解して実際に使っていくと、クライアントは気持ちをよく理解してくれてると思うでしょう。それは大きな信用になります。たくさんの利益を得られ、行き着く先は大きな発展をもたらしてくれるでしょう。

初回公開日:2017年01月26日

記載されている内容は2017年01月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング