IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

良いメールアドレスの作り方とは?ビジネスで使える独自ドメインも解説

更新日:2022年10月03日

メール・手紙

良いメールアドレスの作り方を知っていますか?メールアドレスは、名前や誕生日を入れてしまったり、迷惑メールなどが来たりして悩むものでしょう。本記事では、トラブルが少なくビジネスシーンでも利用できるメールアドレスの作り方を紹介します。ぜひ参考にしてください。

「メールアドレスを作りたいけど、良いメールアドレスの作り方とは?」 「迷惑メールが来ないようにするための、メールアドレスって?」 このようにメールアドレスを作る際に、どのようにすればいいのか迷っている方はいませんでしょうか。 基本的にメールアドレスは、1度決めるとずっと同じものを使うことが多いと言われています。 本記事では、良いメールアドレスの作り方のポイントを押さえ、メールアドレスを作る上で注意するべき点や、ビジネスで良く使われる独自ドメインなども解説します。 この記事を読むことで、良いメールアドレスの作り方を理解できるとともに、メールアドレスの仕組みについて学ぶことができるでしょう。 ぜひ、プライベートやビジネスシーンで利用する際に、問題ないような良いメールアドレスの作り方を理解しましょう。

良いメールアドレスとは

一般的にメールアドレスを作成する際には、アルファベットや数字、記号などを利用することができます。この使用できる文字の組み合わせによって、GoogleやYahoo!といったメールアドレスを設定可能です。 では良いメールアドレスの作り方には、どのようなことが含まれるのでしょうか。メールアドレスを作る際に意識するだけでトラブルを未然に防ぐことも可能です。

メールアドレスの構成

メールアドレスは、大きく分けて5つのパートの構成で成り立っています。まずメールアドレスの@前までの部分をローカルパートといい、長さが64文字と決められています。主にこの部分が人によって、独自性があるメールアドレスが作れる部分です。 続いて第4、3、2、トップレベルドメインとなります。第3レベルには、大手キャリアの名前やgmailなどが入ります。第2レベルにはco、トップレベルにはjpが入るのです。

良いメールアドレスの作り方

ではどのような組み合わせにすることで、良いメールアドレスの作り方と言えるのでしょうか。良いメールアドレスが作れると迷惑メールなどの来る確率を下げることができ、自分が利用するのにも便利になります。 また悪用されないようにするのにも重要になります。そのためメールアドレスを決める際には、どのような点に注意すべきかを押さえておく必要があるのです。

わかりやすいメールアドレスとする

ビジネスシーンや就職活動などでメールアドレスを作る際には、わかりやすいメールアドレスを作りましょう。良いメールアドレスの作り方には、連絡する相手にわかりやすいことも重要です。 そのためプライベートで使用するメールアドレスとは異なり、シンプルメールアドレスを意識しましょう。例えばビジネスであれば、名字+部署の名前などが一般的です。また@以降のドメイン名が社用のものであると、迷惑メールも送られる可能性を減らせます。

長く使うことを意識する

良いメールアドレスの作り方として、シンプルで短いメールアドレスではなく、@の前を長く使うことを意識しておきましょう。例えば、自分の名前のどこかを取って、好きな数字を組み合わせるなどで長くするでも構いません。 これをしておくことで、迷惑メールを送る人があなたのメールアドレスを特定しにくくなります。トラブルを防ぐ意味でも、意味を掛け合わせるなどして、短すぎないメールアドレスを設定しましょう。

記号を入れ過ぎず打ち込みやすいアドレスとする

良いメールアドレスの作り方として、記号を入れすぎないようにすることで、メールアドレスのを入力する際の手間を省くことが可能です。メールアドレスには、文字や数字以外に記号を入れることができます。 しかし記号を使いすぎてしまうと、スマートフォンでメールアドレスを入力する際にキーボード画面を変える必要があるなど、手間になってしまいます。これを防ぐ意味でも、記号の入れすぎには注意しましょう。

自分の名前をアドレスの一部に使う

良いメールアドレスの作り方としては、送信先が誰なのかわかるように自分の名前をメールアドレスの一部にいれると良いでしょう。鈴木さんであれば、suzu○○@~と頭文字を入れつつ、数字と組み立てると誰からかなのかわかりやすいです。 またメールアドレスの使用用途にもよって異なりますが、ビジネスシーンである場合には、suzuki.taro412@~のように本名を入れてしまうのも良いでしょう。しかしドメイン名が大手キャリアなどの場合は、避けましょう。

迷惑メールが届きにくいメールアドレスにするポイント

良いメールアドレスの作り方を押さえておくことで、未然に迷惑メールが届きにくくすることも可能です。迷惑メールが送られてこなければ、メール件数が増えるのを防ぐだけでなく、間違えて開いてトラブルに巻き込まれる可能性を減らせます。 ではどのようなことに注意すればよいのかを3点紹介します。メールアドレスを作る際に意識するだけで迷惑メールが送られてくることを防げるので、実践してみましょう。

次のページ:ビジネスシーンでは独自ドメインが良いとされる理由
初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング