IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「長文失礼しました」の意味|ビジネスメールでの使い方や例文も紹介

更新日:2022年07月22日

メールマナー

「長文失礼しました」という表現をメールで使ったことがあるでしょうか。「長文失礼しました」はビジネスメールでは定型文とも言えますが、ビジネスメールに慣れていない方は使い方に戸惑うこともあるでしょう。本記事では例文を交えて使い方を解説しているので参考にしましょう。

受け取ったビジネスメールに、「長文失礼しました」記載されているのを目にしたことはありませんか。メールの本文が長くなったときに、ビジネスメールではよくこの表現が用いられます。 初めて自分で使ってみようというときには、「長文」と言えるほどメール本文が長いのか、記述する場所は正しいかなど迷うポイントもでてくるでしょう。 本記事では「長文失礼しました」をビジネスメールで使うときに、知っておきたいポイントを、例文を交えて解説しています。例文を覚えておけば、使い慣れていない方でも誤った使い方をしてしまうことは避けられるでしょう。 「長文失礼しました」の使い方を覚えることで、ビジネスメールの定型の1つを使いこなせるようになり、ビジネスパーソンらしさをアピールできます。状況をみて、積極的に使っていきましょう。

「長文失礼しました」を書く意味

プライベートのメールではあまり見かけない「長文失礼しました」という相手への気遣いを表す一文が、ビジネスメールでは多用されているのはなぜでしょうか。 ここでは、ビジネスメールで「長文失礼しました」という気遣いの一文を必要とする理由を解説します。理由に納得できれば、ビジネスメールが長文になってしまったときに、素直に「長文失礼しました」の一文を書けるでしょう。

長い文章になったことの謝罪

ビジネスメールでは要点を簡潔に伝えるべきとされ、相手に読む時間を取らせてしまうような長文を避けることがマナーとされています。 このビジネスマナーに反し、長々とメールをしたためてしまった場合は、「マナーは知っているものの、長文になってしまって申し訳なかった」という気持ちを伝えるために一文を添えます。 「長文失礼しました」の一文を添えるだけで、何の断りもない場合に比べマナーを踏まえたメールであることを印象付けられるでしょう。

相手を気遣う気持ちで添えるのがマナー

「長文失礼しました」はビジネスメールにおける一種の定型文にもなっていますが、あくまでも相手に対して「長文で時間を取らせてしまうことを詫びる」気遣いです。 定型として機械的に記述するのではなく、「なんとか短い文に収めたかったが、伝えることが多すぎて収まらなかった。長文になってご迷惑をおかけしてしまいすみません」という気持ちがあるときに使うことが大切です。

読んだ後の印象が良くなる

「長文失礼しました」の一文が添えられていると、メールを受け取った相手は「気遣ってもらえている」「長文もやむを得なかった」など単なるマナー違反ではないことを理解できます。 長文メールであっても事情があって長くなったことを理解できるため、きちんとマナーを踏まえた人間であることも伝わり、良い印象となることが期待できます。 長めのメールを書いてしまったときは、「長文失礼しました」の一文を添えるように心がけましょう。

長文とはビジネスメールの場合どのくらいか

「長文失礼します」とはいうものの、いったい何行からが「長文」にあたるのでしょうか。長文の長さは明確に定義されているわけではありませんが、一般的には1画面に収まらない程度とされています。 相手がパソコンの大画面を見ているのか、スマホを見ているのかによっても1画面あたりの表示行数が異なるため、10行程度を目安にすると良いでしょう。要件が複数あると多くの場合「長文」になってしまいます。

「長文失礼しました」を使うタイミング

いよいよ「長文失礼しました」を実践で使ってみようというときに、文書のどのあたりに記述したら良いのか迷う可能性があります。 「しました」という過去形なので、振り返る形で文末に書くのでしょうか。それとも、文末ではなく、要件を書き終えた後で締めの言葉の前あたりでしょうか。 ここでは「長文失礼しました」と書くべきタイミングについて解説します。

文末に書くのが基本

次のページ:「長文失礼しました」の使い方・例文
初回公開日:2022年07月22日

記載されている内容は2022年07月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング