IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

OB訪問時の質問内容と実例・OB訪問をする際の準備

更新日:2020年08月14日

就活マナー

OB訪問した方がいいとは聞くけど実際は何をしたらいいのかわかりませんよね。服装はどうしよう?何を質問すればいいのだろう?NGな質問があるって本当?これからOB訪問をする人必見!これを読んでOB訪問をして第一志望の会社へ就職しよう!

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

OB訪問とは

OB訪問とは、社会人の先輩を訪ね、実際の仕事内容、社内の雰囲気などを質問するものです。大学のキャリアセンターに紹介してもらったり、研究室やサークルなどの先輩に話を聞くケースが多いですが、就活を始める段階で興味のある業界や企業で働いている人に質問することで「業界、企業研究」を行うことが目的とされています。また、先輩が女性の場合はOG訪問、男性の場合はOB訪問と言います。 OB訪問は、どの会社でも積極的に取り入れているものではなく、人事の方にお願いしてもOB訪問できない場合もあります。研究室やサークルの先輩など個人的な繋がりがある場合は問題ありませんが、そうでない場合は希望の企業のOB訪問をできない可能性もあります。

OB訪問の目的

学生にとっての目的

学生がOB訪問をする目的は、HPやパンンフレットなどのオフィシャルな情報ではなく社員の生の声を聞き、業界や企業の研究を深めることです。選考などでは質問しにくいことや、説明会に参加してもわからない、会社の雰囲気など会社の生きた情報を知ることができます。人事担当者は、採用するのが目的なので、企業の良いところばかり教えてくれます。しかし、入社する前にその企業の弱点や良くない部分も質問し、知っておきたいですよね。会社や業界の現状を知るには、OB訪問がです。

企業にとっての目的

企業がOB訪問を開催する目的は、学生に企業のことをよく知ってもらうことで、採用の際のミスマッチを防ぐことです。せっかく採用することになっても、入社してみたら合わなかったなどの理由ですぐに退職してしまっては、採用した際の企業のメリットが減ってしまいます。つまり、入社後にしっかり働いてもらうためにOB訪問を行っている企業が多いです。

OB訪問の時期

OB訪問を行う時期としては、3月から4月がピークです。18卒の説明会解禁も3月なので、3月頃活動し始める学生が多いでしょう。ですが、ピーク時はOB訪問したい学生が多く、話を聞きたくてもアポイントを取るのが困難になる場合があります。そのため、多くの学生がOB訪問を開始し始める3月よりも、前に動き出すのがです。

OB訪問に行く前の準備

OB訪問に行きたい!と思った時に準備すべきことは以下です。 ・訪問したい企業や業界を決める ・訪問先へメールを送りアポイントを取る ・スーツを用意する ・質問項目を考える ただし、サークルの先輩など親しい間柄の場合はスーツではなく私服で飲みにいく方が実際の会社の雰囲気や残業時間などを知ることができるのでいいでしょう。

OB訪問時の質問内容

どんな質問をすべき?

自分がどんなことが知りたくて、どんな目的でOB訪問するのかによって、するべき質問内容が変わってきます。すでに興味のある業界が決まっていて、企業同士の違いが知りたい場合は、企業ならではの特徴や、社風、その企業が特に力を入れていることなどを質問すると良いでしょう。どの業界が自分に合っているのか知りたいという場合は、業界の特徴や職種、実際の業務内容などを聞くと良いでしょう。具体的な質問例は以下に紹介します。

質問例

初回公開日:2017年01月26日

記載されている内容は2017年01月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング