IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

領収書に必要な印紙の金額規定・割印のルール・貼り方や貼る場所

事務

領収書を作成する時やもらう時、“領収書ってこれで良かった?”と思ったことありませんか?後から訂正が必要なことがわかると面倒だし、印紙が必要になったりして、領収書1枚のことなのにいやなものです。領収書の印紙のことを覚えて、領収書をスムーズにやり取りしましょう。

更新日時:

なぜ、領収書に印紙を貼るのか?

一定の金額以上の領収書は、印紙が貼られていないと領収書として認められません。法律で決まっています。

『領収書の印紙を貼る=印紙税を納める』 領収書に印紙を貼ることにより、税金を納めることになります。税金を納めることによりその領収書は経済取引に伴って作成される文書として明確な書類となります。明確な書類となる=受け取る人も・その後確かめる人も安心して、その領収書を認めることができます。 領収書に印紙が貼られていることで、取引がスムーズに行われるのです。

領収書に印紙が必要な金額はいくらなのか?

平成26年4月1日に領収書に印紙が必要な金額が変更になっています。変更になってから何年か経っていますが、知らない人もいるのではないでしょうか?

印紙税が必要ない金額は『3万円未満』から『5万円未満』に変更になっています。 『3万円未満は不要』、『3万円以上は印紙が必要』と覚えている人は注意しましょう。それは平成26年3月31日までに発行された領収書に適用される金額です。

平成26年4月1日以降に作成された領収書の印紙税金額

【領収書の印紙税額】 領収書に記載された金額 印紙税額 ~5万円未満 非課税 100万円以下 200円 100万円超え 200万円以下 400円 200万円超え 300万円以下 600円 300万円超え 500万円以下 1千円 500万円超え 1千万円以下 2千円 1千万円超え 2千万円以下 4千円 2千万円超え 3千万円以下 6千円 3千万円超え 5千万円以下 1万円 5千万円超え 1億円以下 2万円 ※1億円超えは省略

領収書の印紙税のかかる金額~消費税の扱い方の違い~

印紙税が必用かどうか判断する金額は、領収書の金額の書き方により異なります。領収書の金額に含まれる消費税をどのように記載するかで印紙税の金額が違います。 消費税の書き方による違いと書き方の例をあげます。

領収書の金額の書き方と印紙税額

ケース1  領収書の金額 ¥52,920-(消費税込)のみの記載・・・・印紙税額200円 ケース2 領収書の金額 ¥52,920-(本体価格¥49,000- 消費税額¥3,920-) 本体金額と消費税金額がはっきり明記されている場合・・・印紙税 非課税 つまり、本体価格が5万円未満とはっきりわかる場合は、消費税を含めない金額で印紙税の金額を判断できます。

消費税を明確にする金額の書き方(例)

パターン1 領収金額 5万1,840円(内消費税 3,840円) パターン2 合計金額 51,840円 (本体価格 48,000円 消費税額 3,840円) パターン3 税込金額 ¥51,840-(税抜価格 4¥48,000-)

領収書の印紙~貼り方・貼る場所~

5万円以上の領収書を作成する場合、印紙を貼ることになります。さて、どこに印紙を貼るのが良いのでしょうか? 特に法律での決まりはありません。しかし、大事なことがあります。印紙は貼っただけでは印紙税を納めたことになりません。印紙に割印(後述)を押さなければなりません。 領収書には、『宛名・日付・金額・但し書き・領収書発行者』が書かれています。印紙を貼る時には、これらにかからない場所に貼ること、また割印もかからないように打てることを考えて貼りましょう。 領収書に印紙の四角の枠がはじめからあるものはそこに貼りましょう。多少はみでても大丈夫です。印紙のスペースの記載がない領収書の場合は、印紙と割印のスペースを確保しながら領収書の必要事項を記入し、作成しましょう。

領収書の印紙~割印(消印)とは?~

領収書に印紙をはがれないようにしっかり貼ったら、割印(消印ともいいます)を押します。 なぜ、割印を押すか。『印紙を貼る=税金を納める』ことになります。なので、貼った収入印紙をはがして再利用することができないようにするために割印するのです。 割印が必要な領収書に割印がないと税務調査で領収書の確認をされた時、その領収書が認められなくなる可能性があります。割印はとても重要なのです。

領収書の印紙~割印の場所と方法~

特に決まりはありませんが、一般的には印紙の右横に印紙に半分・領収書に半分、印影がかかるように押すのが一般的です。 割印で気を付けなければならないことは3つです 〇印紙に半分・領収書に半分かかるように割印すること 〇領収書の必要事項(発行日付・宛名・発行者・金額など)に割印がかからないようにする 〇正しい方法で割印する

割印をする方法の可・不可

割印を行う方法はいろいろあります。間違った方法で覚えている方も少なくありません。正しい割印の方法を覚えましょう。 ・領収書作成者の認印を押す・・・・・可 ・印紙に二重線を記入する・・・・・不可 ・斜線を記入する・・・・・不可 ・署名をする・・・・・自筆なら可 ・署名ではなく、㊞と記入する・・・・・不可 ・消せるボールペンや鉛筆で自筆署名する・・・・・不可 ・印紙に×印をつける・・・・・不可

領収書に印紙を貼らなかったらどうなるのでしょうか?

印紙が必要な領収書に印紙がなかったら、どうなるのでしょうか? 印紙を貼ることを故意ではなくても忘れた場合や印紙を貼ることを知らなかった場合でも『印紙を貼らなかった=印紙税を納付しなかった』となり、罰則が課せられます。また、割印(消印)しなかった場合も同様で罰則があります。 領収書の印紙は重要です。領収書を発行する時も受け取る時も注意しましょう。

印紙税を納付しなかった場合の罰則

国税庁ホームページより No.7131 印紙税を納めなかったとき [平成28年4月1日現在法令等]  印紙税の納付は、通常、作成した課税文書に所定の額面の収入印紙をはり付け、印章又は署名で消印することによって行います。  この印紙をはり付ける方法によって印紙税を納付することとなる課税文書の作成者が、その納付すべき印紙税を課税文書の作成の時までに納付しなかった場合には、その納付しなかった印紙税の額とその2倍に相当する金額との合計額、すなわち当初に納付すべき印紙税の額の3倍に相当する過怠税が徴収されることになります。  ただし、調査を受ける前に、自主的に不納付を申し出たときは1.1倍に軽減されます。  また、「はり付けた」印紙を所定の方法によって消印しなかった場合には、消印されていない印紙の額面に相当する金額の過怠税が徴収されることになります。  なお、過怠税は、その全額が法人税の損金や所得税の必要経費には算入されませんのでご注意ください。

領収書の印紙がかけていた、破れていた。大丈夫なの?

領収書をもらってよくみたら、『印紙の一部が欠けていた』・『印紙が破れた跡があった』。こんな経験はありませんか?印紙字体が薄い紙なのでありがちなことです。しかし、よくあることだからと見過ごしていけません。注意が必要です。 印紙の一部が欠けていたり、破れている場合、『再利用しているのでは・・・?』『割印部分を削ったのでは・・・?』と疑われる場合があります。 税務調査で疑われて領収書が無効になっては残念なことです。 自分で発行する領収書はもちろん、受け取る領収書もよく確認をしましょう。

領収書を複数枚に分けたり、複数枚を1枚にしても良いのか?

領収書を頼む時に『2枚に分けてください』と言っているのを聞いたことありませんか?又、何回かに分けて支払った金額がまとめて1枚の領収書が贈られてきたことはありませんか?これは、印紙税を節約する方法の一つです。

領収書を複数枚に分ける場合

領収書の金額が8万円だった場合、8万円の領収書を発行すると印紙税は200円です。しかし、8万円を金額4万円の領収書2枚に分ければ、額面5万円以下となり非課税で印紙税はかかりません。手間はかかりますが、節税できる方法です。 領収書を分けて発行したい場合、気を付けておきたいことがあります。領収書を受け取るお客様に領収書を分けて良いか、確認してから領収書は発行しましょう。お客様の経理上の都合もあります。受け取る相手への配慮を忘れないようにしましょう。

何枚かある領収書を1枚にする場合

領収書の金額が6万円で3回あった場合、それぞれ領収書を発行すると印紙税は200円が3回かかります。この3回分を1枚にまとめ、領収書の金額を18万円で発行すると印紙税は200円1回となり、2回分節税できます。 何回かの領収をまとめて1枚とする場合もお客様の了承をえてから行いましょう。

まとめ 領収書の印紙で覚えておきたいこと7つ

『印紙の貼る=税金を納める』ことと思うとむずかしく感じてしまいますが、領収書の印紙はポイントを押さえておけばむずかしいことではありません。 【領収書の印紙で覚えておきたいこと】 〇領収金額5万円以上の領収書は印紙を貼る 〇消費税を明記する 〇欠けていたり、破れている印紙は使用しない 〇領収にかかれている事柄にかからないように印紙を貼る 〇割印を忘れない 〇間違った方法で割印をしない 〇再発行の領収書にも印紙が必要

領収書の書き方や印紙の貼り方、印紙の割印の方法はなれないと戸惑うことが多々あるかもしれません。領収書は重要な書類です。印紙や割印のことで書類として効力がなくなる場合もあります。基本的なことは簡単なことです。確実に覚えて、正確にスムーズに領収書発行・受取を行いましょう。

関連タグ

アクセスランキング