IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経営者の仕事内容・歴代経営者の名言・経営者におすすめの本

職種研究

経営者の仕事は、企業の方針や計画、組織づくり、社員の意見調整など多岐にわたりますが、具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか?これから経営者になりたい人はどうすればいいのか?歴代の経営者の名言や愛読書をご紹介します。

更新日時:

経営者と取締役の違い

会社の代表である、”経営者”と”取締役”ですが、2つの違いは何でしょうか。 何となくわかる人もこれまで意識しなかった人も改めてみてみましょう。

経営者とは

経営者とは、企業の業務執行についての最高の意思決定をし、経営活動における全体的な業務遂行の指揮や監督をする人または機関のことをいいます。最近では経営に携わっている経営管理者の総称としても使われることがあります。 役職が高かったとしても、会社の様々な決定に関与していなければ、経営者には当てはまりません。

取締役とは

取締役とは、企業の業務執行における意思決定を行う取締役会を構成するメンバーのことをいいます。たいていの場合、3人以上の役員で構成されています。取締役は、意思決定に関わっているので、経営者の1人とも言えます。

代表取締役とは

代表取締役とは、取締役の中から選任された企業を代表する代表権をもつ取締役のことをいいます。社長=代表取締役の場合がほとんどですが、社長と代表取締役が別になっている企業もあります。

経営者の仕事内容

仕事1 「経営方針の決定」、「意欲向上」

経営方針とは、企業のビジョンとなる当事者の思いです。経営方針を立てることで、組織の方向性や行動のフレームワーク作りを行い、ビジョン実現のための道のりを示します。 経営方針により、従業員の意欲を向上させることができます。企業として総力を発揮するスタート地点に立つことができますが、いい加減な経営方針であれば、モチベーション低下の要因となってしまいます。

仕事2 「事業計画の決定」、「業績の測定」

仕事1の経営方針を立てることによって、経営目的やビジョンの再確認を行います。その実現のための当面の業績到達目標を定め、達成のための行動基準を示します。そこで、経営方針から事業計画を立てることが必要になります。 経営方針のもと、What、When、Howを計画し、万が一の方向性のズレがある場合の軌道修正するためのレールとして活用します。事業計画をたてることで、企業の方向性を示すレールが敷かれることになり、やるべきことの進捗を測る、業績の測定をすることに繋がります。

仕事3 「組織づくり」、「人物評価」

組織づくりは経営者にとって大切な仕事になります。誰が事業計画を推進していくのか、人の役割分担を決める必要があります。それによって、責任や権限の関係性を明らかにすることが、人物評価という重要な仕事になります。適材適所の人選、配置、採用によって、人と仕事の組み合わせによる最大効果をうむことが、重要なポイントです。

仕事4 「意見調整」、「人の教育」

円滑に組織を動かし、総力を発揮させるために、各部署や各人の意見調整をする必要があります。人はそれぞれの立場や、専門分野などに固執してしまいがちなので、それぞれの意見を企業の目的・目標に合致させるための調整を図ることが、経営者の仕事のうちで極めて重要になります。その意見調整のプロセスは、物の見方、考え方をレベルアップさせることにもなるので、人の教育をすることにも繋がります。 1)〜4)までの項目のうちいずれかが弱ければ、戦略がいくら良くても、良い成果をあげることが困難になります。

経営者に求められる資質

論理的思考

経営者にとって最も重要な条件は、いかに論理的に考えることができるか、ということです。経営者は多くの場面で、予測しながらの計画が必要になります。その予測の正確性は、それについてどれだけ考えたかによります。事業計画の段階だけではなく、計画から実施に移行した後、試行錯誤しながら条件を練り直したり、微調整をしながら実施していけばそこまでの違いはなく結果を推測することができます。つまり、試行錯誤をするやり方が重要になります。自分の頭で考えることをせず、人真似ばかりしたり、感情で物を考えるのは論理的思考をは対局にあるので、経営者には向きません。

情報収集を怠らない

企業の全ては、そのときの社会の状態にかなりの影響を受けます。よって、経営者やリーダーはその流れがどうなっているかをしっかり読みとらなければ、成長はおろか、大ダメージを受けることになります。常にアンテナを張り、情報収集をしていなければなりません。

戦略的思考

経営には、戦略と戦術があります。 戦術とは、日頃の営業活動において競合に勝利するための方策です。 戦略とは、経営目標を達成するための長期スパンの策略です。 経営者であれば、戦術レベルの思考にとどまってはいけなく、戦略的思考を身につけるべきです。とにかく何につけても「第一」を掲げ、執拗に部下に叱咤激励する人は戦術的思考しかできなく、これでは経営者失格です。会社にとって、何が今本当の「第一」なのかを見極め、指示をしていくことが大事です。

攻めの姿勢

現在はボーダレスな社会であるため、いつどんな新たなライバルが現れるか分からない時代です。守りの経営をしていては、次第に状況が悪くなっていきます。経営は常に攻めの姿勢で取り組まなければいけません。 現状のサービスややり方に固執していては、いつの間にか競合が現れ、あっという間に顧客や市場を奪われることになります。商品もサービスも切磋琢磨し、進化させることが必須です。 攻めの経営の本質は需要の創造なのです。

明るく謙虚な性格

成功している経営者のほとんどが、明るい性格を持ち合わせています。この明るい性格というのは、物の考え方にも大きな影響を与えます。 他人を敬い、相手のいい面を認めることができるだけの謙虚さも大事になります。

高い倫理観

永続する会社にするためには、人に人格があるのと同様に、会社にも優れた社格がなければいけません。企業にも社徳が必要になります。 企業の目的は、利益を上げることだけではなく、人に喜びを与えることであり、顧客にも社員に対しても真心と思いやりを持って接することが大切です。

経営者になるには

将来起業したいと漠然な思いがある人も多いかとおもいますが、独立した暁には、自分のこれまでの仕事の内容や働き方など全てが反映されることになります。しっかりした知識や能力をつけておいたほうが断然いいです。

営業マスターになる

良い商品やサービスを作ることができたとしても、集客するスキルやノウハウがなければ何の意味も成しません。人脈を作った後に独立する人もいますが、新規を開拓する能力がないままでは仕事はだんだんなくなっていきます。殆どの人が、起業する際に技術やアイデアにフォーカスしがちですが、営業力が最も重要になってきます。営業力があると、そこまで良いサービスでも商品でなくても売ることができますし、そこまで美味しくないお店でも繁盛させることができるでしょう。営業力はあって困ることではないので、そのスキルを磨きましょう。

経営者になったつもりで考えながら働く

会社員の経験が長ければ長いほど起業への道は遠ざかる一方です。会社員に求められる能力は「言われたことをやる」ことであり、その結果考える事をやめてしまいます。仕事において疑問が生じたとしても、つべこべ言わず仕事なんだからやれと言われておしまいです。やらなければいけない仕事を無心でやっているだけでは、どんどん経営者からは遠ざかります。しかし、経営者になると、誰からも何も言われなくなるので、時間も仕事も全て自分で決めます。その時必要になる能力は、「言われたことをやる能力」ではなく「自分で考えながらやる能力」になります。

自己管理をしっかりする

経営者は自由なので、誰の管理もなしに仕事ができます。しかし、多くの人は人に管理されたほうが楽と感じるようです。なぜなら、学生時代〜社会人時代まで、誰かしらにずっと管理されて生きてきたのに、いきなり休みも休憩も全て自分が決定権を持つことになるからです。経営者になる前に、自分のスケジュールは自分で決めるという癖をつけ、メリハリのある生活を送るようにしましょう。

お店やサービスを利用したときに自分ならどうするかを考える

ランチで行ったお店、飲み会の居酒屋など、お店やサービスを何の考えもなしに利用するのではなく、この店はどうやって収益をあげているのか、どんな戦略なのか、なぜ繁盛しているのか、などを考えるようにします。そして、自分ならどうするか考えてみたり、なぜ?といった疑問を持ってみたり、常に思考する習慣をつけましょう。

実際に自分で稼いでみる

経営者になるには、いろいろ必要なことがありますが、一番は実際に起業してしまうことです。百聞は一見にしかず、です。いくら勉強したとしても実際に経験してみることには敵いません。 今ではインターネットのおかげで資金なしに誰でも簡単にビジネスが出来るようになりました。ならば今から、週末だけで起業したり、副業で起業してしまうことが一番の近道です。 起業経験もないのに数百万円も投資をしてビジネスをするよりは、まず自分の出来る範囲から小規模の起業をして、実力が上がっていくと共に規模を拡大してみてはどうでしょうか。

経営者確認書とは

経営者確認書とは、「経営者からの書面による確認のうちの、監査人が監査意見の表明に当たって入手する経営者による確認書」(監査基準委員会報告第三号「経営者による確認書」)のことをいいます。 経営者確認書は、経営者が公認会計士に提出する書類であり、外部への公表はありません。 公認会計士の「監査意見に対する責任」と、経営者の「財務諸表作成責任」を明確にする(二重責任の原則)とともに、双方が相互に協力しあうことによって、真実であり公正な財務諸表の提供をし、それに併せて監査制度に対する社会的信頼性を高める対応の一つとされている。

歴代経営者の名言

I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You’ve got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. 私は、本当に好きな物事しか続けられないと確信している。何が好きなのかを探しなさい。あなたの仕事にも、恋人にも。

Do you want to spend the rest of your life selling sugared water, or do you want a chance to change the world? 残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか?

仕事というのは、やめなければ本物になる。続ければ、必ずものになる。

時間を無駄にせずに、予定を立てて行動すること。ただし、予定表をすべて埋めてはいけない。それでは独創力が死んでしまう。

成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだけだよ。

リーダーは、常に謙虚でなければならない。謙虚なリーダーだけが、協調性のある集団を築き、その集団を調和のとれた永続する成功に導くことができる。

経営者のあり方を学べる本

1、竜馬がゆく:ソフトバンク株式会社 代表取締役社長 孫正義氏

2、プロフェッショナルマネジャー:ファーストリテイリング 会長兼社長・柳井正氏

3、100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図:ローソン 取締役代表執行役員・玉塚元一氏

4、死ぬことと見つけたり:楽天 代表取締役会長兼社長・三木谷浩史氏

5、コトづくりのちから:サッポロホールディングス株式会社 相談役・村上隆男氏

関連タグ

アクセスランキング