IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【就活】常識がある学生と思わせる「折り返し電話」のポイント6つ

更新日:2020年08月14日

就活マナー

他の企業の面接を受けていたり、電車等で移動中だったりと、様々なシーンが思い浮かびます。どうしても出れない場合は必ず折り返し電話をかけるのがマナーなんですが、どういう風に折り返しの電話したらいいのか、悩んでしまうものです。そこで今回は折り返し電話をする際の注意点とマナーを学んでいきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

どういうときに電話連絡があるのか

企業の人事担当者がわざわざ時間を割いて電話をかけてくれるのですから、とても重要な電話連絡であるのは間違いないでしょう。どういう用件で電話をしてくるのでしょうか。想定できるシーンはいくつかありますので挙げていきます。

一次面接の通過の通知連絡と次の面接へのスケジュール調整のための電話

一次面接を通過したら次の二次面接を受けることになるでしょう。そのためのスケジュールの調整のために連絡をしてくる場合があります。

最終面接を通過し内定のための連絡

最終面接を受けていた場合は、内定の通知の電話をもらいます。そのための電話です。重要な電話なので心して折り返しの電話をしましょう。 どちらも重要な用件の電話なので早急に折り返し電話をしましょう。この電話が重要な 

電話対応で心がける6つのポイント

電話をするときというのはどうしても緊張しますよね。顔や表情がみえない相手の反応が目で確認できないからでしょうか、なんだか不安ですよね。大丈夫です、電話を受ける人もすごく不安です。緊張してしまうでしょうが、大事なのは第一声です。元気に挨拶をして名前をきちんと名乗れればあとは自然と話せます。もっと元気に自信をもって話すためのポイントをいくつか教えていきたいと思います。

①挨拶が大事!初頭効果

人の印象が決まるのは出会ってから6秒の間なんです。電話でも同じで、はじめの挨拶が元気で明るければあなたの印象は「明るい人」「元気があっていい人」のまま電話を続けることができるでしょう。逆に暗い元気のない声で電話をしてしまったら「暗い人」「元気のない人」の印象で電話を続けてしまうことになるでしょう。このため大事なのは最初の挨拶なのです。

②笑声(えごえ)って知ってますか? 

電話だと表情がどうしても伝わらないので、声から笑顔を想像できるような、笑声が理想なんですね。この笑声のポイントは口角を上げて笑顔を作って話すことです。電話する前に顔を柔らかくして笑顔で電話してみましょう。

③ファとソで発声、声を高く

電話の声というのはどうしても低めに聞こえてしまいます。意識してワントーン高めに声を出すことがポイントです。高すぎても低すぎてもいけませんので少し注意が必要ですね。声を出す練習をしてみるといいでしょう。音階の「ドレミファソラシド」のファとソの発声が心地のよい声の高さなので、自分で声出しをしてみましょう。このとき正確な音階で声を出す必要はなく、自然に声に出してみて声の高さをファとソを発声するときに合わせて見るといいですね。その時の発声する声がちょうど良い声なので覚えておきましょう。

④1秒間で5文字が程よいテンポ

初回公開日:2016年11月02日

記載されている内容は2016年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング