IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デスクトップのショートカット作成方法・デスクトップ整理方法

更新日:2021年04月02日

ガジェット

パソコンのデスクトップは、すっきりとまとまっていますか?画面の半分近くまでアイコンになっていませんか?そんなデスクトップの整理に役立つのが、ショートカットです。ショートカットを上手く使えば、画面もまとまり、開きたいファイルを瞬時に見つけることができます。

デスクトップのショートカットとは

皆さんのデスクトップ上には、左下に矢印が付いているアイコンはありませんか?これは、ショートカットアイコンと呼ばれるものです。 ショートカットは、ファイルやフォルダ、ドライブなどにアクセスするための近道のことです。このアイコンをデスクトップに作っておくと、よく使う機能を簡単に起動させることができます。 よく勘違いされることがありますが、ショートカットアイコンをデスクトップから削除しても、ファイルやソフトがコンピューターから完全に削除されるというわけではありません。ショートカットはファイル本体ではないのです。

ショートカットの作成方法

ショートカットの作成方法を3つご紹介します。

②全てのショートカットをデスクトップに表示したいだけであれば、「送る>デスクトップ(ショートカットを作成)」という方法を使うだけで、少しですが楽に作成できます。 Windows Explorerは、Windows 10ではFile Explorerと呼ばれていますが、これを使ってターゲットファイルやフォルダに移動し、アイコンを右クリックしてください。サブメニュー「送る」を選択し、「デスクトップ(ショートカットを作成)」オプションを選択します。これにより、即効でそのファイルのショートカットがデスクトップ上に作成されます。

③先ほどの方法と同様、Windows Explorer(またはFile Explorer)でショートカットを作成したいファイルまたはフォルダまで移動し、アイコンを右クリックし、「ショートカットの作成」を選択します。これで完了です。

デスクトップからショートカットが消える原因と対策

原因

Windows 7 を搭載した PC で、ユーザーがデスクトップに作成したショートカットが見つからないことがあります。 この問題は、システム保守のトラブルシューティング ツールで、ショートカットが、破損したショートカットとして検出された場合に発生することがあります。 この問題を回避するには、以下の①と②の方法があります。

対策

①破損したショートカット(常に使用できるとは限らないファイル、フォルダーまたはドライブへのショートカット)を、4 つを除いてすべてデスクトップから削除する デスクトップ上の破損したショートカットの数を、 4 つ以下にします。これを行うには、最も頻繁に使用する 4 つのショートカットを除いて、デスクトップ上のショートカットをすべて削除します。使用するショートカットが 5 つ以上である場合は、デスクトップ上にフォルダーを作成して、そのフォルダーにショートカットを移動する方法もあります。これらのショートカットは、デスクトップ上に直接存在していないため、デスクトップからは消えても、コンピューターからは削除されません。

ショートカットのメリットとデメリット

メリット

ショートカットを作っておくと、いつも使うソフトウエアを呼び出すのにスタートメニューをたどっていくよりも、「ショートカット」として連動した「アイコン」をデスクトップに作っておけば、すぐに起動させることができます。 ショートカットを作成しても、目的のファイルを開くための入り口を増やすだけなので、複数作成したり、削除したりしてもコンピューターに影響を与えることはありません。

デメリット

よく、「デスクトップにファイルがたくさんあると起動が遅くなる」ということを聞きませんか?これは、さほど差はありませんが、やはりデスクトップにファイルがたくさんあると、大量のデータを処理する必要が生じ、デスクトップ上に表示する時間がかかってしまうため、速度が遅くなります。 ですが、ショートカットの場合は、コンピューター内の奥底のファイルにたどり着くための入り口を増やしているだけで、実際のデータの量は変わっていないため、起動に影響を与えることはほどんどありません。

ショートカットを使ったデスクトップ整理方法

次のページ:ショートカットアイコンで仕事の能率を上げよう
初回公開日:2017年01月22日

記載されている内容は2017年01月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング