IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パワハラ上司の特徴・パワハラ上司の対策や上手な付き合い方

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

最近職場のパワハラでお悩みの方多いですね。パワハラだと気付かないでパワハラ被害を受けている方もいます。そんな方は早く気づいてパワハラ上司に立ち向かってほしいものです。今回はパワハラの定義とパワハラ上司の特徴と対策方法について解説していきます。

主にパワハラをするのは上司や先輩

パワハラをするのは上司や先輩等、自分の立場を利用した陰湿ないじめをパワハラと言いますが、 本人も他の人もパワハラをされているとは気づきにくいものです。 なぜなら業務を通してパワハラが行われている事もあるためです。例えば仕事を強要したり、仕事での小さなミスや誤字を大げさに騒ぎ立て激怒したり「おまえはだからだめなんだ!」と怒鳴りちらしたりしてきます。

他の社員は気づかない事が多い

他の社員からはダメな社員が上司からひたすら注意されているだけにしか見えないため他の人はパワハラされているとは気づかない事もあります。

上司によるパワハラはある意味洗脳に近い

パワハラ行為による暴言を受け続けると「自分はだめだ」と思い込んでしまいます。「それでも部長がクビにしないのはダメな自分のためを思って言ってくれてるんだ」と思い込んでしまうのです。これが余計にパワハラを受けている事に気付きにくくする原因なんですね。 パワハラなのに上司が言っている事がまるで正しい事の様に感じてしまうのです。そして悪いのは自分だと思い込んでしまうのです。こうしてみるとパワハラはある意味洗脳に近いかもしれませんね。

パワハラの5つ定義

パワハラには明確な定義が無いために実際にどんなことをされた場合がパワハラなのか分かりにくくなっています。パワハラ被害を受けた方は後になって「あれはパワハラだったのか」と気付く事がほとんどでしょう。なぜならパワハラはある意味思い込みを利用した洗脳に近いためです。 今も上司ににパワハラを受けていて悩んでいる方のためにもパワハラとはどのような事をされたらパワハラなのか、パワハラの定義について解説していきます。

①職場の地位や優位性を利用する

パワハラをする人には主に上司や先輩社員である事は冒頭でお話ししましたね。彼らはなぜパワハラができるのかと言いますと、それは彼らには職場上の地位や優位性があるためそれらの優位性を利用した上でパワハラ行為を行います。

②業務範囲外の指示や命令の強要

例えば業務には関係のない個人的な買い物を押し付けたりする使い走り行為や土下座を強要させるなどの通常業務外の指示や命令を強要してきます。

③人格を否定や尊厳を侵害する

人格を否定したり尊厳を侵害するというと難しく考えがちですが、例えば「おまえこんな簡単な仕事もできないの?ダメな奴だな」と侮辱する言葉を言われた場合、これは人格や尊厳を侵害していますね。 またあなたを無視をしたり孤立させようとするのも人格を否定や尊厳侵害に該当します。

④断続的に行われる

パワハラは気分でやられるわけではありません。毎日嫌がらせ行為をしてきたり、侮辱したりと機嫌が悪いからでは言い訳にならない事を毎日されていたらこれはパワハラ行為です。

⑤精神的・肉体的に苦痛を与え就業環境を悪くする

通常は上司から仕事での失敗を叱られたり、注意されるのは仕方ない事ですよね。なぜなら業務上、上司には部下の管理をする仕事があるわけですから。 部下は上司からの命令や注意などがあれば素直に従うのが業務上、当たり前の事になるんですですね。しかしパワハラの場合は業務上での失敗があれば、その事をひたすらに根に持ち何かにつけてその話題を持ち出し追い詰めてきます。 ひどい時は「クビにしてもいいんだぞ?じゃあ反省してるなら土下座しろよ」と脅迫する事もあります。このように精神的・肉体的に苦痛を与え就業環境を悪くしていきます。

初回公開日:2017年01月22日

記載されている内容は2017年01月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング