IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オフィスカジュアルに適した靴の選び方!おすすめなおしゃれ靴5選

初回公開日:2017年01月20日

更新日:2020年02月06日

記載されている内容は2017年01月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスファッション

オフィスカジュアルで働ける会社も多いですが、どんな靴を合わせるのが良いのでしょうか?オフィスカジュアルに相応しい靴の選び方やきれい目でおしゃれなオフィスカジュアルの靴紹介など、役立つ情報をたくさんご紹介します。グレーや白のスーツに合う靴も合わせて紹介します。

オフィスカジュアルに適した靴とは

そもそも「オフィスカジュアル」とはどのようなファッションなのでしょうか?まずは、オフィスカジュアルの意味や内容について確認していきましょう。 仕事と言えばスーツを連想する方も多いと思いますが、オフィスカジュアルは、「スーツでなくても構わないが、ビジネスに相応しい格好」ということになります。 オフィスカジュアルとは、「スーツを指定はしていないものの、社会人としての節度やマナーは守った格好」ということです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方

オフィスカジュアルは割と自由度が高く、スカートやパンツなど、さまざまな服装を楽しむことができます。また、おしゃれ目やきれい目を意識すれば、ある程度の服装にチャレンジできます。 しかし、あくまでもビジネスの場に相応しい格好がテーマとなっているので、露出が激しいものや、柄や色が奇抜過ぎるものは、禁止されていることがほとんどです。 ここからは、オフィススタイルの靴を選ぶときのポイントをご紹介します。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方1:派手な色・柄のシューズは避けよう

オフィスカジュアルの靴を選ぶときまず考えてほしいのは、派手すぎないかどうかということです。 オフィスにはいろいろな人がいますし、来客がある場合には、ピンクなどのあまりに派手な靴やラメが入ったようなおしゃれすぎる靴は控えましょう。 華美なものを禁止している会社もありますが、禁止されていない場合でも仕事にふさわしくないと考える人がいそうであれば、別のものにしたほうが無難です。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方2:ぺたんこ靴でもOK

スーツ指定の場合は女性はヒール必須なのがつらいという人もいますが、オフィスカジュアルの場合はヒールなし靴でも大丈夫です。 スニーカーではない靴のほうが望ましいですが、スニーカーでもOKという会社もあります。冬などはしっかりとした靴でないと危ない場合もあります。 男性も女性もフラットで歩きやすい靴を選ぶのがおすすめです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方3:ブーツを履くならシンプルな物に

男性だけでなく女性でも、おしゃれな仕事靴としてブーツを選ぶ人もいます。防寒性能も高いので、冬や雨の日にも役立つ靴です。 ブーツを履く場合は、リボンやスタッズがついたもののようなカジュアル過ぎるものは避け、シンプルなものを選びましょう。 厚底ブーツも目立つので避けたほうが良いでしょう。ブーツの色選びとしては黒やベージュなどの落ち着いた色のものがおすすめです。その方が白のスーツやグレーのスーツにも合わせやすいです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方4:ミュールやハイヒールは音に注意

ヒールの音がうるさいと思った経験はないでしょうか。集中して仕事をしたいときに靴音がうるさくて邪魔されるというのは嫌なものです。 オフィスで履く靴は周囲の迷惑にならないよう、歩くときに音の出ないものを選びましょう。ミュールやハイヒールを履きたい場合は注意が必要です。 一度職場環境を思い出し、靴の音が気になる人がいないかどうか考えてみてください。パンプスであれば、そこまで気にせず歩けるのでおすすめです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方5:つま先の露出の高い靴はNGの企業も

関連タグ

アクセスランキング