IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オフィスカジュアルに適した靴の選び方!おすすめなおしゃれ靴5選

ビジネスファッション

オフィスカジュアルで働ける会社も多いですが、どんな靴を合わせるのが良いのでしょうか?オフィスカジュアルに相応しい靴の選び方やきれい目でおしゃれなオフィスカジュアルの靴紹介など、役立つ情報をたくさんご紹介します。グレーや白のスーツに合う靴も合わせて紹介します。

更新日時:

オフィスカジュアルに適した靴とは

そもそも「オフィスカジュアル」とはどのようなファッションなのでしょうか?まずは、オフィスカジュアルの意味や内容について確認していきましょう。 仕事と言えばスーツを連想する方も多いと思いますが、オフィスカジュアルは、「スーツでなくても構わないが、ビジネスに相応しい格好」ということになります。 オフィスカジュアルとは、「スーツを指定はしていないものの、社会人としての節度やマナーは守った格好」ということです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方

オフィスカジュアルは割と自由度が高く、スカートやパンツなど、さまざまな服装を楽しむことができます。また、おしゃれ目やきれい目を意識すれば、ある程度の服装にチャレンジできます。 しかし、あくまでもビジネスの場に相応しい格好がテーマとなっているので、露出が激しいものや、柄や色が奇抜過ぎるものは、禁止されていることがほとんどです。 ここからは、オフィススタイルの靴を選ぶときのポイントをご紹介します。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方1:派手な色・柄のシューズは避けよう

オフィスカジュアルの靴を選ぶときまず考えてほしいのは、派手すぎないかどうかということです。 オフィスにはいろいろな人がいますし、来客がある場合もあるので、ピンクなどのあまりに派手な靴やラメが入ったようなおしゃれすぎる靴はおすすめしません。 華美なものを禁止している会社もありますが、禁止されていない場合でも仕事にふさわしくないと考える人がいそうであれば、別のものにしたほうが無難です。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方2:ぺたんこ靴でもOK

スーツ指定の場合は女性はヒール必須なのがつらいという人もいますが、オフィスカジュアルの場合はヒールなし靴でも大丈夫です。 スニーカーではない靴のほうが望ましいですが、スニーカーでもOKという会社もあります。冬などはしっかりとした靴でないと危ない場合もあります。 男性も女性もフラットで歩きやすい靴を選ぶのがおすすめです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方3:ブーツを履くならシンプルな物に

男性だけでなく女性でも、おしゃれな仕事靴としてブーツを選ぶ人もいます。防寒性能も高いので、冬や雨の日にも役立つ靴です。 ブーツを履く場合は、リボンやスタッズがついたもののようなカジュアル過ぎるものは避け、シンプルなものを選びましょう。 厚底ブーツも目立つので避けたほうが良いでしょう。ブーツの色選びとしては黒やベージュなどの落ち着いた色のものがおすすめです。その方が白のスーツやグレーのスーツにも合わせやすいです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方4:ミュールやハイヒールは音に注意

ヒールの音がうるさいと思った経験はないでしょうか。集中して仕事をしたいときに靴音がうるさくて邪魔されるというのは嫌なものです。 オフィスで履く靴は周囲の迷惑にならないよう、歩くときに音の出ないものを選びましょう。ミュールやハイヒールを履きたい場合は注意が必要です。 一度職場環境を思い出し、靴の音が気になる人がいないかどうか考えてみてください。パンプスであれば、そこまで気にせず歩けるのでおすすめです。

オフィスカジュアルに適した靴の選び方5:つま先の露出の高い靴はNGの企業も

オフィスコーデとしては、露出の高すぎるものは適していません。靴も例外ではなく、露出度の高いものはやめたほうが良いでしょう。 オフィスカジュアルに向いていない靴の具体例としては、オープントゥサンダルやオープントゥパンプスなど、つま先の空いているタイプの靴があげられます。 暑い夏などは履きたくなるかもしれませんが、会社側からはっきり禁止されていないとしても、一度確認してみるのが無難です。

タイプ別に見る!オフィスカジュアルにおすすめの靴

上記でご紹介したのは、あくまでも一般的に言われている、「オフィスカジュアルで使える靴」の選び方です。 オフィスカジュアルにおける靴のタイプは、基本的に男性は革靴、女性はパンプスとされていますが、それ以外の型やタイプの靴を履きたい時は、どのように選べば良いのでしょうか? 今度は、型やタイプ別に、オフィスカジュアルにおすすめの靴の選び方を見ていきましょう。

オフィスカジュアルのおすすめ靴1:スニーカー

オフィスカジュアルでスニーカーを履く際は、なるべく落ち着いた色やデザインのものを選ぶようにしましょう。 明らかにスポーツ用と思われるデザインのものや、柄などが派手なものは、避けた方が無難。色は、黒や紺、茶色やグレーなどがおすすめです。 また、スニーカーのデザインがどんなにおしゃれでも、靴紐が汚れていたり、切れかかっていたりすると、だらしない印象になってしまいますので注意しましょう。

オフィスカジュアルのおすすめ靴2:パンプス

女性の場合、オフィスカジュアルに最も適している靴が、パンプスだと言われています。オフィスカジュアル向けのパンプスを選ぶ際、特に注意したいのがヒールの高さや形状です。 コーディネートとしては、パンプスはパンツスタイルにもスカートにも合うので、かなり自由度が高いと言えるでしょう。パンツスタイルの場合は、ボトムスの裾と靴やヒールの高さのバランスに注意するようにしましょう。 オフィスカジュアルなパンプスはたくさんあるので、自分に合う形を探してみましょう。

オフィスカジュアルのおすすめ靴3:ローファー

ローファーはコーディネートが難しく、スーツなどに合わせると格好悪く見えてしまう場合もあります。その為、オフィスカジュアルでローファーを履くのは、センスが問われる行為であるという見方もあります。 ローファーを選ぶ際は、やはり無難な色にすることをおすすめします。基本的には、黒か濃い目の茶色が良いでしょう。 白のスーツやグレーのスーツ、黒のスーツなど、どんな身なりでもかっこよく締まるローファーは、オフィスカジュアル靴に迷っている人におすすめです。

オフィスカジュアルのおすすめ靴4:バレエシューズ

バレエシューズもぺたんこのおしゃれな靴として、オフィカジにおしゃれでおすすめです。バレエシューズは素材が硬いものも多いので、しっかりと足に合うかを見てから買いましょう。 エナメル素材の靴は柔らかいですが、光沢があるので注意しましょう。女性らしさがあるので、可愛らしい服装が好きな人にぴったりです。 カジュアルな印象が強くなってしまうので、バレエシューズをはリボンなどのついていないものを選ぶといいでしょう。

オフィスカジュアルのおすすめ靴5:ブーツ

パンツスーツに合う靴やおしゃれ靴を探している人はブーツもおすすめです。ただしロングブーツはカジュアルになってしまうので、ヒールの低めのかっこいいきれい目なショートブーツを選びましょう。 ブラックやブラウン、ベージュなどの落ち着いた色や、柄のないものを選びましょう。おしゃれで組み合わせやすいので、メンズ靴として1足持っておくと便利です。

オフィスカジュアルの靴とコーデ

ここまではオフィスカジュアルでおすすめの靴や、選ぶときに注意するべきポイントをご紹介してきました。 ここからはレディースのオフィスカジュアルのコーディネートの例を、写真とともにご紹介していきます。 服装については迷うことも多いですが、すでにオフィスカジュアルで働いている人を参考にすれば大丈夫でしょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ1:黒いローファーのガーリーコーデ

落ち着きの中にも可愛らしさを取り入れたコーディネートです。 黒のローファーはガーリーなファッションと相性が良く、事務のような社外の人と会う機会が多くない職種の人には良いでしょう。 トップスは黒や紺などの暗めのカラーを選んでスカートにインすると、縦のラインがキレイに見えます。スカートはロングで淡いカラーのプリーツスカートがおすすめです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ2:ブラウンブーティで大人カジュアル

落ち着いたブラウンのブーティを使ったコーディネートです。こっくりカラーやベロア生地のパンプスは大人カジュアルなコーディネートと相性が良いです。 ブラウンなど濃いめの色のパンプスにする場合はボトムスを白のワイドパンツにするとメリハリが出てすっきりとした印象に。 全体的にベーシックカラーの服でコーディネートするとシンプルでオフィス感のあるスタイルになっておすすめです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ3:黒いスリッポンのパンツスタイル

最近は履きやすいスリッポンもオフィスカジュアル用の靴として人気が高いです。ストレートのパンツで足首を出すようにすると、スマートな印象になります。 トップスはワイドスリーブシャツやとろみシャツなど、ゆったりとしたものを選びつつ、パンツにインすればかっちりとしすぎないカジュアルスタイルになります。 暑い時期におすすめのオフィスコーデです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ4:落ち着いたベージュのミュールサンダル

ミュールサンダルもオフィスで履く靴としておすすめです。普通のオフィスサンダルとは違ってつま先が開いていないので、悪い印象を与える可能性も低いです。 ベージュなどベーシックカラーのミュールサンダルにする場合はボトムスに色味を持ってくるとアクセントになります。全体的にノーカラーで統一して、バッグや時計などの小物をアクセントにするのも良いでしょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ5:ピンクのパンプスを使ったオフィススタイル

こちらはピンクのパンプスを使ったコーデです。かっちりした会社には合わない色なので、オフィスの雰囲気をしっかり考えて選びましょう。 ピンクなど比較的色味の強い色のパンプスを選ぶ場合は、服はベーシックカラーで統一していくのが理想的です。 白のフレアスカートに暗めの色のトップスなどがおすすめです。もしシンプルすぎると感じたら、スカーフなど首元にアクセントを入れるとおしゃれです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ6:白いミュールサンダルのやわらかコーデ

こちらは白いミュールサンダルを使ったオフィスコーデです。 指先が細いタイプのミュールには、ワイドパンツが相性が良いのでおすすめです。足首を見せつつ、チェスターコートと組み合わせて縦のラインをつくるとすっきりとしたスタイルになります。 チェスターコートのコーデはシンプルで単調になりやすいので、ベルトなどの小物でアクセントをいれるといいでしょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ7:ブラウンのバレエシューズでナチュラルなおしゃれ

バレエシューズを取り入れた春向けのカジュアル寄りのコーデです。 ダボダボ感のあるニットカーデと萌え袖で可愛さを出しつつ、白シャツで爽やかさを残します。メンズライクなスラックスで嫌味にならないコーデになっていて、バレエシューズでナチュラルなおしゃれを演出できます。 ダボダボ感があるとカジュアルに見えるので、その点だけは注意が必要です。

オフィスカジュアルの靴とコーデ8:黒いブーティで大人コーデ

赤系のスカートと、それ以外を黒でまとめた落ち着いたコーデです。嫌味のないおしゃれを感じるビジネスカジュアルスタイルです。 ボルドーのプリーツスカートとブーティで、大人の余裕を感じるコーデになっています。黒ニットで見た目も印象も引き締めて、オフィスでも頼れる存在になりましょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ9:ベージュのブーツでやらわか春コーデ

ベージュのブーツを使った春先におすすめのオフィスコーデです。黒系を使わないオフィスカジュアルスタイルになっています。 全身をゆるめの服で統一しつつ、ニットのハイウエストベルトで引き締めて、ゆるすぎないコーデになっています。春色でまとめて柔らかいきれいめな印象を与えます。 まだ寒いけど春っぽさを出したいおというときにおすすめです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ10:黒サンダルのかっこいいコーデ

黒メインでまとめたスタイルです。今年着たい切り替えスカートと、ライダースを合わせたかっこいいコーディネートになっています。 ただし光沢のあるライダースジャケットは社風によっては適さないので注意しましょう。 ブラックのインナーでとことんかっこよさを出しつつ、靴は透け感のあるサンダルで女性らしさも残します。

オフィスカジュアルの靴とコーデ11:ベージュローファーの秋コーデ

ベージュ系のローファーを取り入れた秋に向いたオフィスカジュアルコーデです。メンズっぽいローファーも、ベージュを選べば一気におしゃれに仕上がります。 白いパンツにもよく似合い、あえてのアクセントになってかっこよくきまります。 全身ブラウン系統でまとめても地味にならない、女性らしさが引き立つコーデです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ12:黒いショートブーツの落ち着いたコーデ

ピンヒールのショートブーツを使った、ゆるくて楽ちんなのに細見えするコーデです。落ち着いて秋っぽいファッションになっています。 気取らないゆるめシンプルニットとフレアスカートに、足元を華奢に見せるショートブーツとピンヒールで、大人の女へ一気にランクアップ。 ただし細いヒールは靴音が出やすいので、買う前にしっかりチェックしましょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ13:白いバレエシューズと黄色いスカートの春コーデ

白いバレエシューズを使ったオフィスコーデです。黄色いスカートが春らしさを演出します。 2019年春夏のトレンドのクリアなビニールトートを取り入れ、足元はパンプスで女性らしくしています。インナーとバッグがカジュアルなので、他のアイテムを綺麗めにしてオフィスに合った服装に。 黄色は子供っぽさを感じさせることもあるので、合わせるものに気をつけましょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ14:白スニーカーを使ったお手軽オフィカジ

スニーカーだってオフィスカジュアルに使えます。着回しできる白スニーカーはきれいめコーデでも大活躍。 ユニクロとしまむらのプチプラアイテムで、値段も手頃なシンプルオフィスカジュアルコーデです。地味な印象になってしまうので、手元と首元にはアクセサリーを加えて華やかさをプラスしましょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ15:ショートブーツとデニムのオシャレスタイル

落ち着いたブラウンのブーツとカジュアルなデニムをあわせたコーデです。ジーンズ禁止の職場もあるので、デニムを着るときは一度確認してみるのが無難です。 切りっぱなしスキニーは今季も引き続きトレンドのアイテムです。トップスはオーバーサイズシャツできれいめボーイッシュ。 バッグもきれいめでオフィスカジュアルを上手に演出します。

オフィスカジュアルの靴とコーデ16:黒ローファーとカラースカートのコーデ

こちらも赤系のスカートに黒やグレーの落ち着いた色を合わせたコーデです。靴は使いやすい黒のローファーです。 カラースカートで華やかさのある印象的なコーデになっています。トップスと足元は落ち着いたモノトーン色で全身のバランスを整えます。 仕事後にそのまま合コンにも行けそうな、おすすめモテコーデです。黒ローファーは何かと使えるので新卒でこれからオフィスカジュアルな服装を心がけるという人でもおすすめです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ17:バレエシューズとレザージャケットの大人コーデ

黒いバレエシューズを使った落ち着いたコーデです。レザージャケットをメインにしつつ、インナーはボーダーTシャツでカジュアルダウン。 足元は黒で統一してしっかりオフィス感を演出し、大人っぽくしっかりまとめます。足元はバレエシューズで少し肌を出し、女性らしさも残します。 どこに来ていっても恥ずかしくない、安定のコーデです。きれいめでスーツに合うコーディネートも作りやすいのでおすすめです。

オフィスカジュアルの靴とコーデ18:白ローファーとワンピのコーデ

白いローファーを使ったグリーンとホワイトの2色コーデです。可愛らしくも派手すぎず、しっとりとした印象を与えます。 ワントーンのカラーワンピで女性らしく、軽くて動きやすい服装です。バッグと足元はホワイトで統一し、まとまりを出します。スーツに良く合うオフィスカジュアルなコーディネートです。 落ち着いたグリーンは春にも秋にも使える便利な色なので、1着あると良いでしょう。

オフィスカジュアルの靴とコーデ19:パンプスとワンピースの鉄板コーデ

落ち着いたベージュのパンプスにブラック系のワンピースを合わせた、可愛らしくも落ち着いた女性らしいコーデです。白いバッグのハイライトも目を引きます。 しっかりしている印象も与えられ、デキる大人の女性を演出できます。女性らしいオフィスカジュアルを目指したい人はチャレンジしてみましょう。 ベージュ系のパンプスはほぼどんな服にも会う靴として便利なので、一足持っておくとオフィスカジュアルな服装でのおしゃれの幅が広がります。

オフィスカジュアルで使える靴の種類

上記で、オフィスカジュアルの具体的な着こなし例をご紹介しました。オフィスカジュアルがどのようなファッションなのか、イメージが湧いてきましたか? オフィスカジュアルがどのような服装なのか分かるようになったら、今度はそれに合う靴について、考えていきましょう。

オフィスカジュアルで使えるおしゃれな靴

スーツ指定の場合と同じように、オフィスカジュアルの場合も、最も無難な靴の組み合わせ方や選び方としては、パンプスをおすすめします。 ただ、男性の場合と同様で、オフィスカジュアルであれば、スーツの時よりも装飾や型にこだわったパンプスを履いても、問題にはなりにくいでしょう。 スーツが指定されている場合と比較すると、オフィスカジュアルが許可されている企業では、かなり自由度の高い足元のおしゃれが楽しめます。

オフィスカジュアルの靴の注意点:こんな靴は気をつけよう

これまで、オフィスカジュアルにおすすめの靴をご紹介しましたが、反対にNGとされる靴には、どのようなものがあるのでしょうか? うっかり履いてしまわない為にも、オフィスカジュアルに相応しくないとされている靴をご紹介していきます。 サンダルやスリッパ、ミュールは、履きやすいものではありますが、すぐに脱げてしまうこともある為、職場で履くのには危険なこともあります。ビジネスの場に履いていくのにも、相応しくないと言えるでしょう。 オフィスカジュアルらしくない色のパンプスなんかもおすすめしません。

オフィスカジュアルにおすすめの靴の色について

オフィスカジュアルでは、基本的にはあまり派手な色や柄は避けた方が良いでしょう。 ただ、スーツに合わせる靴と比べると自由度が高く、服装やコーディネートによっては目立つ色を選択することも可能です。 女性の場合も男性同様に、黒や茶色、グレーや白などがおすすめです。これらは控えめな色なので、さまざまなシーンで履くことができます。 また、ファッションによっては、えんじ色やネイビーといった色を選択するのも良いでしょう。

オフィスカジュアルの靴への靴下の合わせ方

オフィスカジュアルにぴったりな靴を見つけたら、今度はそれに合う靴下について考えていく必要があります。 靴のデザインによっては、ソックスが外から見えない場合もありますが、多くの場合はボトムスの裾と靴の隙間などから、ソックスがチラッと見えるものです。 せっかくこだわりの靴を選んで履いても、ソックスがマッチしていなければ、台無しです。靴の良さを発揮するには、靴下にも注意する必要があるのです。

オフィスカジュアルの靴下はストッキングがおすすめ

女性の場合はパンプスを履くことが多いので、ストッキングがおすすめです。最近はさまざまなカラーや柄のストッキングもありますが、基本的には肌色や黒が良いでしょう。 寒い冬などは、タイツを履くのもおすすめです。しかし、トレンカやレギンスは、職場によっては禁止している場合もあるので、注意しましょう。

足元のおしゃれで、より洗練されたオフィスカジュアルに!

今回は、「オフィスカジュアルで使える靴」をテーマに、オフィスカジュアルにおける靴の選び方やタイプ別のコーディネート例などをご紹介しました。 服装と言うと、ついジャケットやインナー、ボトムスばかり意識してしまいますが、服装がどんなに洗練されていても、靴が適当なものだと全てが台無しになってしまうこともあります。 ぜひ、色やマナーを守っておしゃれできれいめなオフィスカジュアルを楽しんで下さいね!

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング