IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【オフィスカジュアル】ライダースはあり?選び方・着こなし方

更新日:2020年01月31日

ビジネスファッション

このページでは、オフィスカジュアルにライダースジャケットは適切なのか、最適なジャケットの選び方・着こなし方を紹介しています。オフィスカジュアルはどこまでOKなのかも書いていますので、自分のコーディネートはOKか確認してみてください。

オフィスカジュアルにライダースジャケットってあり?

近年はスーツではないフォーマルな格好として「オフィスカジュアル」というファッションがよく聞かれるようになりました。 オフィスカジュアルはビジネスカジュアルとも呼ばれることもあり、職場などビジネスの場に着ていくカジュアルな服装のことを指します。 オフィスカジュアルというとジャケットのイメージが強い人もいるかと思いますが、ではオフィスカジュアルとして「ライダースジャケット」を着用することはありでしょうか?

結論:あまりライダースジャケットは好ましくない

結論から言うと、ライダースジャケットはオフィスカジュアルにはあまり向かないアイテムとなります。 例え形がフォーマルであっても、ビジネスの場に使われることはほとんどありません。 もしコーディネートの中にレザーや革素材のものを取り入れたい場合は、名刺入れやベルトなど小物として取り入れることをおすすめします。

職場環境によってOKかは異なる

ただし、職場環境などによってはライダースジャケットや革のジャケットを着用しても構わないという場合もあります。 基本的には服装にまったく指定がない職場でならOKという認識で、常識的にはライダースジャケットで通勤はするべきではありません。 また、たとえ職場がOKな環境であっても、お客様対応をする場合は着用は控えるようにしましょう。

ライダースを使ったオフィスカジュアルスタイル【男性編】

ライダース着用がOKだった場合、どのようなコーディネートが良いのでしょうか。 男性の場合、ライダースジャケットの色やバリエーションが女性と比べて少ないので、コーディネートを考えるのが難しいことが多いです。 また、ライダースは組み合わせによってはきつめの印象を与えてしまいます。 そこで、男性の通勤スタイルに合ったライダースジャケットのコーディネートをいくつか紹介します。

ライダースを使ったオフィスカジュアルスタイル【男性編】1:オールブラックコーデ

ライダースを使ったコーディネートとして挙げたいのが、オールブラックのコーディネートです。 黒のライダース、黒のインナー、黒のパンツといったように全身をブラックに統一することで、まとまりがあるコーディネートになります。 パンツはストレートなラインのものにしましょう。ダボっとしたパンツはオフィスカジュアルとしてはNGです。

ライダースを使ったオフィスカジュアルスタイル【男性編】2:デニムジーンズコーデ

デニムジーンズはビジネスの場にはあまり向かないアイテムですが、職場が服装に関して自由だったりデニムジーンズが許容されている場合は、ライダースと組み合わせるのもありでしょう。 ただし、デニムジーンズをボトムスとして選ぶ場合はダメージ加工のない暗めの色のデニムを選ぶことをおすすめします。 また、来客等がある場合はデニムジーンズは避けましょう。

ライダースを使ったオフィスカジュアルスタイル【男性編】3:タートルネックコーデ

初回公開日:2017年01月19日

記載されている内容は2017年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング