IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】冬のオフィスカジュアルの着回し|ジャケット・コートなど

ビジネスファッション

オフィスカジュアルでOKと言われても、何を着ていったらいいか迷ってしまうという人も少なくありません。この記事ではオフィスカジュアルならではの外せないポイントや、冬のオフィスカジュアルにおすすめの一着、冬小物でもっとおしゃれに着こなす方法をご紹介します。

更新日時:

オフィスカジュアル、自由なおしゃれの時代?

オフィスカジュアルという言葉が今では一般的になっています。一昔前はオフィスでは制服やスーツなどのかしこまった服を着るという規則がありましたが、昨今のカジュアル流行も合わさってオフィスでもカジュアルを取り入れるのがオシャレとみなされるようになりました。 一見おしゃれの幅が広がったように思いますが、オフィスカジュアルならではの気を付けないといけないポイントを外すと、社会人としてどうなの?と思われかねません。この記事では冬のオフィスカジュアルのポイント、男女別おすすめアイテム、冬ならではのコートの選び方、冬小物の合わせ方などを取り上げます。

オフィスカジュアルとは何か

オフィスカジュアルとは、スーツなどの正装よりもカジュアルダウンした仕事をするときの服装のことです。カジュアルといっても、くだけすぎない服装が求められます。 オフィスカジュアルには明確なきまりはありませんが、会社の雰囲気や規定、慣習によって着用できる服の幅が違ってきます。上司の年齢や性別によっても、受け入れられる服装は変わってくるでしょう。

【男女】カジュアル過ぎる素材やラインはNG

オフィスカジュアルといえども、カジュアル過ぎる服装はオフィスではNGです。カジュアル感が出るのは素材や服のラインが関係します。素材でいえば、デニムはカジュアルの代表ですね。スウェット素材やしわ加工の服もカジュアル感が強いのでオフィスに着ていけるかどうか考えましょう。 だぼっとしたラインの服はカジュアルに見えます。でもビックシルエットが流行っている昨今なのでうまく取り入れたいものですね。服の形がビックシルエットなら、素材はテロテロ素材やシフォンといった上品なものを選ぶとカジュアル感が軽減されます。パーカーもカジュアルの代表のような服なので、避けておきましょう。

【男女】冬のオフィスカジュアルおすすめアイテムはジャケット

オフィスカジュアルなのにジャケットはきちんと過ぎると思われるかもしれませんが、ラインの綺麗なジャケットを一着持っていると冬の着こなしにとても役に立ちます。オフィスは仕事をする場です。突然商談の予定が入ったり、仕事相手と会わないといけなくなった時に、ジャケットを羽織るだけできちんと感が増します。

ジャケットは形自体がきちんとしているので、素材で楽しむこともおすすめです。冬はツイードやヘリンボーン柄、温かみのあるチェック柄などもいいですね。女性ならニットジャケットやノーカラージャケットなど自分の好みに合わせてお気に入りの一着を見つけましょう。

【男女】ラインの綺麗なスラックスは着回し万能選手

男女ともにオフィスカジュアルの必需品と言えるのは、スラックスです。自分の足を綺麗に見せてくれる一本を持っていれば、着回しもきき、トップスに何を持ってきてもカジュアルに寄りすぎないスタイルが完成します。冬なら温かみのある素材で色はグレーがおすすめです。裏地がついていれば通勤時も温かいのでお勧めです。

【男女】コートはなりたい自分に合わせて選ぶ

どんなにオシャレをしても、冬の通勤中に外から見えるのはコートが大部分です。なので毎日着るコートは印象を大きく左右することを覚えていてください。 わたしたちがオシャレをするとき、自分が人からどう見られたいかを考えます。もし清潔感のある人とみられたいなら、紺や白といった透明度の高い色、チェスターコートなどのすっきりした形のコートを選べます。可愛い感じに見られたいなら、ダッフルコートやPコート、色はキャメルやピンクベージュでもいいですね。カッコよく見られたいならトレンチコート、黒のロングコートが定番です。

【男女】ダウンコートを選ぶ際の注意

ダウンコートはカジュアルの王道ですが、素材や形によってはオフィスカジュアルにも着ていけます。テカリのあるカジュアル度高めのダウンは避けましょう。素材はテカリのない、綿やウールなどのダウンがおすすめです。女子ならショート丈はロングよりもカジュアル寄りであることも覚えておきましょう。ダウンであってもラインはあまり膨らみのない細見のものを選ぶとオシャレ感が出ます。

【女性】露出が多いのもNG

オフィスで働くのに露出はあまり必要ではありませんね。胸元が大きく開いたトップスや、丈の短いミニスカートは社会人としてどうなの?と思われかねないので、注意しましょう。 最近流行のオフショルダーも肩が大きく露出するので、私服の範囲でとどめましょう。 露出の多い服をオフィスに着たいなら、インナーに注意したり、カーディガンを羽織るなどして露出度をおさえる努力をしましょう。

【女性】冬のおすすめ小物

冬ならではのファッションというと、首元や足元を暖める小物たちですね。ストールは簡単にコーディネートに変化をつけてくれるので、オフィスカジュアルでは服をたくさん買うよりも、ストールを何枚か持つほうをおすすめします。ストールは身に着けるものの中で顔に一番近くなるので、色にはご注意ください。パーソナルカラーに合った、顔色がぱっと明るくなるような色を選びましょう。

足元は冬ならブーツですね。ブーツはパンプスに比べてカジュアル感が強いですが、ムートンブーツやエンジニアブーツなどのザ・カジュアルを避ければオフィスでも全く問題ないでしょう。 ロングブーツとショートブーツ両方を持っていると、スカートのときもスラックスのときも対応でき冬のおしゃれも幅広く楽しめます。。ロングブーツは面積も広いので、色は無難なブラックやブラウンがおすすめです。反対にショートブーツは面積が少ないので、グレーやベージュ、オリーブなどのアースカラーを選ぶのもおすすめです。足を長く見せたい場合は、ブラックのショートブーツにブラックのタイツが一押しです。

【女性】ワンピースは働く女子の味方

朝どんな服を着ていこうか迷いに迷って、選んだ服はいまいちだった、という日は誰しもあります。特に女性のファッションはメンズよりも選べる範囲が多い分、迷うことも多いのではないでしょうか?そんな働く女子におすすめなのがワンピースです。ワンピースはそれ自体が正装できちんと感があるのでオフィスカジュアルにはぴったりです。しかもトップスとボトムスの組み合わせを考えなくていいので、コーディネートに迷った日にはとりあえずワンピースを着ていけば間違いありません。

冬はタイツにロングブーツという着こなしができるので、ワンピースの丈が少し短いように感じても露出をおさえることができます。ワンピースは単調になりがちですが、インナーにシャツやタートルネックを着たり、羽織を変えてみるなど変化をつけることもできます。

【男性】冬のオフィスカジュアルの基本は襟付きシャツにスラックス

男性の場合は冬は襟付きシャツにスラックスというきまりを守れば、その範囲の中でファッションを楽しむことができます。シャツを柄物にしてみたり、ニットベストを上から着たり、素材で遊んでみるのも手ですね。ジャケットをプラスするときちんと感が増すので、おすすめです。小物も雰囲気を大きく左右しますが、小物については後ほどお話します。

【男性】小物は質の良いものを揃える

オフィスカジュアルを着こなす上でカギとなるのが小物です。カジュアルダウンしている上に、ネクタイ、時計、靴、カバンなどの小物が安っぽいと全体の印象が軽薄になります。こうした小物類は寿命も長いので、少し高くても質のいいものを購入することができます。 ベルトと靴の色を揃えるのも一つのコーディネート術です。この色がそろっていると、コーディネートに一体感が出ます。基本的にはブラウンとブラックのセットがあれば、どんなコーディネートにも対応できますね。

ポイントをおさえてオフィスカジュアルを楽しむ

オフィスカジュアルは規則がない分、何を着ていくか迷うという人は大勢います。この記事てとりあげたいくつかのポイントをおさえれば、冬のオフィスカジュアルの悩みも解消できるでしょう。 わたしたちは仕事に多くの時間を費やしています。その時間をいまいちな服で過ごすのはもったいないことです。オフィスカジュアルのポイントを守って、寒い冬でもおしゃれを楽しみましょう。

関連タグ

アクセスランキング