IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネクタイの正しい長さとは?バランスよく長さを調整できる結び方

ビジネスファッション

ネクタイを締めた際の理想的な長さとは、どれくらいなのでしょうか?この記事では「ネクタイの正しい長さ」をテーマに、身長に合うおしゃれでかっこいいネクタイの選び方やベストな長さ、またネクタイの長さを調節しやすい結び方など、ビジネスシーンで役立つ情報をご紹介します。

更新日時:

一般的なネクタイの長さとは?

ネクタイの長さに、規定はありません。ネクタイを作っているメーカーやネクタイのデザインによって、ネクタイの長さは異なります。しかし、ここ数年は140cm前後のものが多いようです。 どのネクタイも、必ず140cm前後というわけではありません。ですが、主流やトレンドとなっていることから、現在は140cm前後のネクタイが多いと考えられます。 これからビジネスで活躍していく就活生などは、しっかりと学んでおくといいでしょう。

ネクタイの正しい長さとは?

そもそも適切なネクタイの長さはどれくらいなのでしょか? 長すぎるネクタイというのは、ネクタイの剣先がベルトを超えて社会の窓の上のぶぶに来ると言われており、短すぎるネクタイの長さは、ベルトのバックルが完全に見え流長さと言われてます。 ベストな長さは、ベルトのバックルを隠すくらいの長さと言われているので、ネクタイを結ぶ時は、ベルトのバックルを隠すくらいの長さを意識しましょう。

ネクタイの長さからの印象

ネクタイの長さが違うからってそんなに印象が変わることはないんじゃない?そう思ってる方もいるのではないでしょうか。ですが実際は長さだけで印象は変わります。 ネクタイのマナーに合った正しい長さとは、大剣と呼ばれるネクタイの幅が太い方の先端が、ズボンのベルトのバックルに半分乗るくらいです。 この長さより短くなっても長くなってもマナー違反となります。では、詳しい印象を紹介していきます。

ネクタイの長さからの印象1:ベルトより短い場合

ネクタイの大剣の先端がおへその上にくるなど短すぎると、お腹が太って見えてしまったり、きつそうなイメージ、窮屈なイメージを持ちます。 また、ネクタイが短く結ばれているとカジュアルなイメージもあるため、ビジネスシーンなどのきちんとした場面では失礼になる恐れがあります。 結んでみて短くなった場合は結び方を変えてりして、長さを調節していきましょう。

ネクタイの長さからの印象2:ベルトより長い場合

大剣がベルトの位置よりも下にきてしまうと、だらしない印象を持たれたり、胴長に見られたりといった可能性が出てきてしまいます。 ネクタイが長く結ばれていると立ったり座ったりするときに邪魔になるなど、動作に支障をきたすこともあります。 ネクタイを結ぶ時は、ベルトの位置よりも下に長く行かないよう気をつけましょう。2度巻きなどをしてベルトに長さを短くすると良いです。

ネクタイの長さからの印象3:大剣より小剣が長い場合

小剣と呼ばれるネクタイの幅の狭い方が、大剣より長くなっている人もみられます。海外製など長めのネクタイを身に着けていることなどがありますが、小剣の方が大剣より長くなるのもおかしな印象を与えます。 小剣が大剣より短くなるよう、結び方などを工夫しましょう。 もちろんネクタイの長さの他に、色や柄、幅の太さも身に着ける人の印象を大きく左右します。マナーに合わせて着用できるようにしましょう。

ネクタイの結び方で長さを調節する方法4つ

ここまで、ネクタイの長さについてご紹介しましたが、オーダーメイドでない限り、自分の身長や体型にぴったりフィットした長さのネクタイを見つけることは、なかなか難しいと思います。 では、どのようにして、ネクタイの長さを調節すれば良いのでしょうか? ネクタイの正しい長さを調節する方法として、最も手軽で一般的なのが、結び方による調節です。ここからは、その正しい結び方についてご紹介していきます。

ネクタイの結び方パターン1:プレーンノット

ネクタイの結び方の中でも、最も基本的な正しくてバランスが良い結び方です。 プレーンノットは、レギュラーカラーと呼ばれる一般的なワイシャツにも適した結び方となっており、特に多くの方がさまざまなシーンで活用しています。 特に、ネクタイの長さを魅力的に見せたい時に有効な結び方とも言われており、細いネクタイだとノットが小さく、太いネクタイだとノットが大きく仕上がります。

ネクタイの結び方パターン2:ダブルノット

ダブルノットは、数あるネクタイの結び方の中でも、長さを調節しやすいと言われています。 特に、長めのネクタイを調節するのに向いていると言われており、ネクタイの先端である剣先の部分が、他の結び方よりも上にきやすい点が特徴です。短く見えてしまう場合があるので、長さを調整しましょう。 ノットは、プレーンノットなどよりも大きめになる為、上品でかっこいい印象を相手に与える結び方としても、知られています。

ネクタイの結び方パターン3:セミウィンザーノット

セミウインザーノットは、ウインザーノットをより簡単にした結び方です。 ウインザーノットとの違いは、手順の少なさで、ウインザーノットの手順を一部省略して、ネクタイを結ぶことができます。簡単にバランスが良いネクタイに調整できます。 長さというよりも、ネクタイの太さを調節するのに向いており、細いネクタイを太く見せたい時などに、特に用いられる結び方です。簡単にきれいに結べるのでおすすめです。

ネクタイの結び方パターン4:ウインザーノット

ウインザーノットは、セミウィンザーノットよりも結び目にボリュームが出る結び方で大きめのノットになる点が特徴のネクタイの結び方です。 長さの調節というよりは、ネクタイの結び目を美しくおしゃれに見せたい時に、特に用いられます。おしゃれにビシッと決まるので、ビジネスシーンにはぴったりです。 ボリュームのあるノットとなるので、襟の部分が大きなワイドカラーシャツなどとの相性が、特に良いと言われています。

ネクタイの長さの調整方法4つ

就活生やビジネスシーンでいざネクタイを結んでみたものの、大剣部分や小剣が長い、結び目のバランスが悪い、なんてことありませんか? 自分の身長や体型にぴったりフィットした長さのネクタイを見つけることは、なかなか難しいと思います。 長い長いと結び直しているとあっという間に時間が過ぎて結局しっかり結べないまま電車に乗ることに。ここではそんなときに役立つ正しいネクタイの調整方法をご紹介します。

ネクタイの長さの調整方法1:結び方で調節

ネクタイの長さを調節する方法として、最も手軽で一般的なのが、結び方による調節です。長い場合は2度巻きにしたりすることで、簡単に大剣を短くすることができます。 また、生地が柔らかく薄いものにはダブルノット、麻のように生地が固く厚いものにはプレーンノット、長いものにはウインザーノット、というようにネクタイの特徴に応じて結び目を変えると長かったブレードがきっちりと収まってくれます。 短くし過ぎた、長くし過ぎたという場合に活用してみましょう。

ネクタイの長さの調整方法2:ネクタイの縫い目を目印にする

ネクタイの大剣をよく見てみると、縫い目が入っています。この縫い目を、結ぶ時の目印にして、長さを調節することができます。これもバランスが良いネクタイ調整を簡単にできます。 ネクタイの縫い目を目印にして結ぶようにすることで、安定して理想的な長さの大剣を作ることができます。 最初は手間取りますが、慣れればネクタイを見なくてもできるようになりますし、時間短縮にもなります。正しい調整方法として知っておくとどこかできっと役立つでしょう。

ネクタイの長さの調整方法3:パンツに突っ込む

思っていた以上にブレード部分が長い、なんてことになってしまったら思いきってスラックスやパンツの中に入れてしまいましょう。 長いネクタイになってしまっても、入れてしまえば分かりません。最も簡単な調整方法になります。 夏はクールビズでネクタイ着用の会社はあまり見かけませんし、春、秋、冬はスーツやジャケット、カーディガンのボタンを閉めてしまえば見えませんし、何より一番早く簡単な方法で、時間のないときにピッタリです。

ネクタイの長さの調整方法4:切って調節する

様々な方法を試してみても長さのバランスがとれない場合には、ネクタイ自体が長すぎたり、短すぎる場合があります。 ネクタイの長さは145cm前後が標準的で、海外ブランドなどでは150cmほどと長めだったりするのです。そのような場合は、切って調節するのが一番です。 購入したお店で結んでみてどのくらい短くしたらよいのか店員と相談、カット処理をしてもらいましょう。一番バランスよく簡単にネクタイを結べるようになるので人気な方法です。

身長とネクタイの長さが合わない方は?

ネクタイのベストな長さの判定方法には、身長を元に考えるものもあり、身長をベースにしてネクタイを選ぶ方もいるようです。 ネクタイの長さは自分の身長よりも「マイナス15 センチ程度」とも言われています。 身長や体型に対して短すぎるネクタイを選ばない為にも、身長を元にしたネクタイの選び方も、覚えておくことをおすすめします。バランスが良いネクタイを身に付けることはビジネスマナーの1つでもあります。

ネクタイのおすすめブランド5選

ネクタイの長さはブランドによって違いはありますが、最近の流行は140cm前後です。長さがどうであれ、今回ご紹介した長さの調節方法を覚えておけば、困ることはないでしょう。 ネクタイだけでも様々なブランドが展開されており、購入する時は悩むのではないでしょうか?ここからは、人気のおしゃれでかっこいいネクタイブランドをご紹介していきます。

ネクタイのおすすめブランド1:FAIRFAX -フェアファクス-

アメリカトラディショナル”をベースにした日本のブランド。高いクオリティとハンドメイドへのこだわりをポリシーに、ビジネスでも使いやすいデザインが特徴です。 フェアファクスのネクタイは、国内製にこだわった上品なデザインが多いが、ベーシックなものは、汎用性が高く人気があります。 クラシックな胸元に仕上がるヘリンボーン織りと、メランジ糸を使用したミッドナイトブルーのソリッドネクタイです。きれいでおしゃれに決めたいときに向いています。

ネクタイのおすすめブランド2:BREUER -ブリュワー-

創業から100年を超えるフランスの老舗ブランド。丁寧な生地のカッティングやカンヌキ止めなど、伝統的な作りが堪能できます。 自然豊かな色合いや、地中海の鮮やかなブルーなど、50-60年代のフランスのリビエラスタイルがイメージコンセプトです。 横糸がシルク・縦糸がコットンのモガドール生地を使用した、ベーシックなレジメンタルストライプのネクタイなどもあります。太く見せたい・細く見せないという理想がある人は、ネクタイのバランスもチェックしておきましょう。

ネクタイのおすすめブランド3:GIVENCHY -ジバンシィ-

1952年に設立されたフランスのブランド。オードリー・ヘップバーンが着用し、世界的な流行りの最先端を担ってきました。 「モード界の神童」と謳われた、ジバンシィの自由なラインという伝統が、男性の胸元をシャープに引き締める効果があります。 フランス・パリの魅力が凝縮されたネクタイは、バラエティーに富んだデザインが多く、おしゃれなネクタイのプレゼントに最適です。

ネクタイのおすすめブランド4:ARMANI -アルマーニ-

1975年に、ジョルジオ・アルマーニにより設立されたイタリアを代表するファッションブランド。ハリウッドスターなど、世界の著名人が顧客に名を連ねています。 貫禄あふれるハイエンドな“ジョルジオアルマーニ”。若々しさと遊ぶ心のある“エンポリオアルマーニ”。身に付けるだけで、ファッションセンスの良さを感じさせるデザインは、長く愛用したくなるネクタイになること間違いなしです。 就活生のうちからしっかりとこういったかっこいいおしゃれなネクタイブランドを勉強しておくといいでしょう。

ネクタイのおすすめブランド5:Paul Smith -ポール・スミス-

1970年にポール・スミスが始めたイギリスのブランドで、日本でもバックや財布などが人気です。プレゼントとしても人気が高いネクタイもその一つです。 伝統的なブリテッシュスタイルに、ハイクオリティ感がある要素をプラスしたデザインが魅力的でかっこいいです。個性が光るポール・スミスのネクタイは、品質の高さにも定評があります。 ビジネスをしていく上で顔とも言われるネクタイに、ポールスミスのネクタイをチョイスすればおしゃれな男らしさをアピールできます。

ネクタイピンも合わせればさらにスマートに

ネクタイのお供はやっぱりネクタイピン。ネクタイピンはシャツにネクタイを固定し形が崩れないようにする、作業をするときに邪魔にならないようにするなどの役割も担っています。 ネクタイピン一つとっても見た目の印象は180°変化します。また、大切な人へのプレゼントや就活生への就職祝い、自分へのご褒美にも良いです。 ネクタイの質や用途に応じて使い分けて、さりげないおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

これでもうネクタイの長さで迷わない!

今回は、「ネクタイの長さ」に注目して、身長に合ったネクタイの選び方や、ネクタイを締めた際のベストな長さについてご紹介しました。 基本的には、ネクタイを購入する段階で、自分の身長に合った長さのものを選ぶことが大切です。また、おしゃれなデザインやかっこいいカラーを見極める力も必要です。 丁度良い長さでネクタイを締めることができると、相手に与える印象も格段に良くなるはずなので、ぜひ自分にぴったりのネクタイの長さや結び方を見つけて下さい。

関連タグ

アクセスランキング