IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネクタイの正しい長さとは?バランスよく長さを調整できる結び方

更新日:2020年06月10日

ビジネスファッション

ネクタイを締めた際の理想的な長さとは、どれくらいなのでしょうか?この記事では「ネクタイの正しい長さ」をテーマに、身長に合うおしゃれでかっこいいネクタイの選び方やベストな長さ、またネクタイの長さを調節しやすい結び方など、ビジネスシーンで役立つ情報をご紹介します。

一般的なネクタイの長さとは?

ネクタイの長さに、規定はありません。ネクタイを作っているメーカーやネクタイのデザインによって、ネクタイの長さは異なります。しかし、ここ数年は140cm前後のものが多いようです。 どのネクタイも、必ず140cm前後というわけではありません。ですが、主流やトレンドとなっていることから、現在は140cm前後のネクタイが多いと考えられます。 これからビジネスで活躍していく就活生などは、しっかりと学んでおくといいでしょう。

ネクタイの正しい長さとは?

そもそも適切なネクタイの長さはどれくらいなのでしょか?長すぎるネクタイというのは、ネクタイの剣先がベルトを越えて社会の窓の上の部分に来ると言われており、短すぎるネクタイの長さは、ベルトのバックルが完全に見える長さと言われてます。 ベストな長さは、ベルトのバックルを隠すくらいの長さと言われているので、ネクタイを結ぶ時は、ベルトのバックルを隠すくらいの長さを意識しましょう。

ネクタイの長さからの印象

ネクタイの長さが違うからってそんなに印象が変わることはないんじゃない?そう思ってる方もいるのではないでしょうか。ですが実際は長さだけで印象は変わります。 ネクタイのマナーに合った正しい長さとは、大剣と呼ばれるネクタイの幅が太い方の先端が、ズボンのベルトのバックルに半分のるくらいです。 この長さより短くなっても長くなってもマナー違反となります。では、詳しい印象を紹介していきます。

ネクタイの長さからの印象1:ベルトより短い場合

ネクタイの長さからの印象2:ベルトより長い場合

大剣がベルトの位置よりも下にきてしまうと、だらしない印象を持たれたり、胴長に見られたりといった可能性が出てきてしまいます。 ネクタイが長く結ばれていると立ったり座ったりするときに邪魔になるなど、動作に支障をきたすこともあります。 ネクタイを結ぶ時は、ベルトの位置よりも下に長く行かないよう気をつけましょう。2度巻きなどをしてベルトに長さを短くすると良いです。

ネクタイの長さからの印象3:大剣より小剣が長い場合

小剣と呼ばれるネクタイの幅の狭い方が、大剣より長くなっている人もみられます。海外製など長めのネクタイを身に着けていることなどがありますが、小剣の方が大剣より長くなるのもおかしな印象を与えます。 小剣が大剣より短くなるよう、結び方などを工夫しましょう。 もちろんネクタイの長さの他に、色や柄、幅の太さも身に着ける人の印象を大きく左右します。マナーに合わせて着用できるようにしましょう。

ネクタイの結び方で長さを調節する方法4つ

ここまで、ネクタイの長さについてご紹介しましたが、オーダーメイドでない限り、自分の身長や体型にぴったりフィットした長さのネクタイを見つけることは、なかなか難しいと思います。 では、どのようにして、ネクタイの長さを調節すれば良いのでしょうか? ネクタイの正しい長さを調節する方法として、最も手軽で一般的なのが、結び方による調節です。ここからは、その正しい結び方についてご紹介していきます。

ネクタイの結び方パターン1:プレーンノット

ネクタイの結び方の中でも、最も基本的な正しくてバランスが良い結び方です。 プレーンノットは、レギュラーカラーと呼ばれる一般的なワイシャツにも適した結び方となっており、特に多くの方がさまざまなシーンで活用しています。 特に、ネクタイの長さを魅力的に見せたい時に有効な結び方とも言われており、細いネクタイだとノットが小さく、太いネクタイだとノットが大きく仕上がります。

初回公開日:2017年01月18日

記載されている内容は2017年01月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング