IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英検2級とTOEIC比較と違い・英検2級レベルはTOEICで何点くらい?

更新日:2022年08月01日

資格・検定

英検2級もTOEICも、「実践で使える英語の入口」であることに違いはありません。アカデミック寄りの英検2級も、ビジネス寄りのTOEICも、自身の英語力を試すにはもってこいです。それぞれの資格の良さを理解し、グローバルパーソンに求められるスキルを涵養しましょう!

TOEICの出題形式

TOEICでは、全てマークシートでの解答となります。リスニング100問、リーディング100問の合計200問にチャレンジします。 リスニングは、全部で4つのパートがあります。パート1の写真描写問題が6問、パート2の応答問題が25問、パート3の会話文問題が39問(全部で13パッセージ×1パッセージにつき3問)、パート4のナレーション問題が30問(全部で10パッセージ×1パッセージにつき3問)です。 リーディングは、3つのパートに挑戦します。パート5の文法語彙問題が30問、パート6の長文穴埋め問題が16問、パート7の読解問題が54問です。 パート7については、1つの文書を読む問題と、2つもしくは3つの文書を読む問題とあります。複数文書の問題では、文書同士で相互に情報を結びつける問題も出題されます。 なお、各問題の選択肢の数は、パート2のみ3択、他は4択です。

初回公開日:2017年01月19日

記載されている内容は2017年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング