IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英検2級とTOEIC比較と違い・英検2級レベルはTOEICで何点くらい?

更新日:2020年08月14日

資格・検定

英検2級もTOEICも、「実践で使える英語の入口」であることに違いはありません。アカデミック寄りの英検2級も、ビジネス寄りのTOEICも、自身の英語力を試すにはもってこいです。それぞれの資格の良さを理解し、グローバルパーソンに求められるスキルを涵養しましょう!

英検2級とTOEICの評価基準・受験者層・受験料の違い

英検2級とTOEIC、どちらも英語学習者にとってはの高い資格です。受験料もお手軽で、尚且つ受験のチャンスも年に数回あります。そのため、機に触れ折に触れ、学習の成果を試すことができます。 では、この2つの試験は、一体どのように違うのでしょうか。

英検2級の合否判定基準

ではまず、英検2級の合格基準から見てみましょう。 英検では、CSEスコアと呼ばれている方式によって最終結果が決まります。 2級の場合、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの技能を合わせて2600点満点です。 一次試験ではリスニング、リーディング、ライティングで1520点以上(1950点満点)獲得できれば、二次試験に駒を進められます。その後、二次試験のスピーキングで460点以上(650点満点)が出れば、晴れて合格の称号を手にできます。

TOEICの評価基準

TOEICは英検2級と違い、合格不合格で判定することはありません。あくまでもスコアのみで結果が出ます。 具体的に言いますと、リスニング495点満点、リーディング495点満点、計990点満点での評価です。 この際、「一問正解につき5点」という方法ではなく、各セクションの正解数(100問中何問正解したか)によって、TOEIC独自のスコア(5点から495点の間で評価)に換算されます。 不思議なことに、全問正解しなくても満点になるケースもあるのです。

英検2級の受験者層

英検2級の受験者の層としては、一体どのように考えられるでしょうか。 受験者の職業について言えば、高校生が多いです。 英検2級は中学高校6年間の英語の集大成であり、言い換えれば大学受験レベルでもあります。 そのため、大学受験のついでに「どれだけ使える英語が身についたか」を試してみたいと希望する受験者が多くなるのです。

TOEICの受験者層

TOEICは大学生及び社会人の方にがあります。 大学生は就職活動で英語力をアピールし、社会人は「実際に仕事で使える英語力」の物差しとして活用する傾向にあります。 出題される内容も、日常生活やビジネスなど、よりオーセンティックなものなので、実践的なスキルをチェックしたいという方には、まさに持ってこいですね。

受験料の比較

英検2級もTOEICも、受験する以上は受験料が必要になります。ここでは、両者の受験料を比較してみましょう。 まずは英検2級です。英検の場合、本会場と準会場のどちらで受験するのかによって、受験料が異なります。本会場ですと5,800円、準会場ですと5,400円です。 次にTOEICです。TOEICの受験料は5,725円です。英検とは違い、どの会場で受験しても同じ金額となります。

英検2級レベルはTOEICで何点ぐらい?

英検2級もTOEICも、それなりの結果を残したいのであれば、求められる英語力を体得しておくことが必要になります。また、納得のいく結果に到達するためには、ゴールを把握しておかないといけません。 電車やバスに乗る際に、行先を確認するのと同じことですね。

英検2級合格に必要なレベル

先述の通り、英検2級は「高校修了レベル」までの全てが身についていることが求められます。言い換えれば、中学高校の6年間で習う英語に弱点が残らないようにすること。これが合格への道のりです。 英検2級に合格するためには、何も奇抜な学習を行う必要はありません。あくまでもオーソドックスな学習に徹することが必要不可欠です。具体的には、高校3年までのリーダーテキストを、日本語に訳すことなく英語の語順のまま読めるレベルに到達することを、一つの目標とするのがお勧めです。

英検2級をTOEICスコアに換算すると?

「英検2級は、TOEICで言えば一体どれぐらいのレベルになるのか」について気になるのは、比較的良くあるものです。 そもそもの話、英検2級とTOEICは試験形式も出題内容も大きく異なります。そのため、一概に比較することはできないのですが、ここでは大まかに捉えておけば良いでしょう。あくまでも個人差があるということは、頭に置いておく必要があります。 英検2級に合格している人がTOEICを受験した場合、600点から700点ぐらいのスコアが出ると言われています。これだけのスコアを出せるようであれば、基本的な英語脳ができていると言う証拠です。

次のページ:英検2級の出題範囲と形式
初回公開日:2017年01月19日

記載されている内容は2017年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング