IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】ビジネスファッションのルール・着こなしマナー

ビジネスマナー

社会人にとって、服装は重要なものです。このページでは、「ビジネスファッション」をテーマにして、ビジネスファッションの基本的なマナーなどをまとめています。また、男性・女性のビジネスファッションのポイントなどもご紹介しているので、参考にどうぞ。

更新日時:

社会人として覚えておきたい!ビジネスファッションのルールやマナー

敬語や責任を考えた行動が社会人としての常識と言われているように、ビジネスファッションもまた、社会人が覚えておくべき常識の1つだと言われています。 企業の方針や職種、業界にもよりますが、一般的に会社に出勤する際は、スーツやオフィスカジュアルとうった服装が指定される場合がほとんどです。 また、取引先などの他社に訪問する際は、よりしっかりした服装を選ぶ方が多いのではないでしょうか? 今回は、社会人として知っておきたい、「ビジネスファッション」をテーマに、基本的なマナーやルールなどをご紹介していきます。

ビジネスファッションで第一印象を良くしよう

人の第一印象は、容姿や見た目で決定します。もし、第一印象が良くなくても、話したり一緒に仕事をしたりするうちに、その印象を変えることはできますが、できることなら第一印象から良いイメージを相手に与えたいものですよね。 特に、営業職など他社の人と接する機会が多い職業の場合、第一印象が商談や契約の行方に大きな影響を与える可能性があります。 第一印象が悪いと、どんなに魅力的なプレゼンやセールスをしても、相手の心に響かない可能性も。第一印象とは、重要なものなのです。 第一印象と服装は、大きく関係しています。清潔感があったり、パリッとした服装であったりすると、相手に好感を抱かれやすくなります。 反対に皺やシミがある服を着ていたりヨレヨレの服装だったりすると、相手に不快感や不信感を与えてしまいます。 一般的には、ビジネスファッションと呼ばれる服装であれば、少なくとも相手に「非常識」と思われたり不潔と感じられたりすることなく、良い第一印象を与えられると考えられます。

ビジネスファッションの基本的なマナー

上記で、ビジネスファッションの重要性についてご紹介しました。 「服装を工夫するだけでも、取引先の社員や顧客に良い印象を与えられるのであれば、服装に気を付けてみようかな」とお考えの方もいらっしゃると思います。 しかし、ただスーツを着れば良いというわけではありません。 スーツを着用する場合にもマナーやルールがありますし、スーツではないビジネスファッションの場合も、マナーなどはあるのです。 まずは、ビジネスファッションにおける、基本的なマナーやルールについて学んでいきましょう。

サイズに注意する

例えどんなにパリッとしたスーツを着ていたとしても、サイズが合わないと台無しです。 ビジネスファッションにおいて、着用する衣服のサイズはとても重要なもの。 きつかったり小さかったりするものはおすすめできませんが、反対にゆったりし過ぎていたり、大き過ぎたりするものも、着ない方が良いでしょう。 例えば、上質なスーツを着用していたとしても、サイズがブカブカだと、だらしない印象を相手に与えてしまう可能性があります。 反対に、ピシッと着こなそうとして、きつすぎるサイズの服を着用してしまうのも、考えものです。相手は何となく、窮屈な感覚を覚えるかもしれません。 このように、同じ服装であっても、サイズによって相手に与える印象が異なります。 自分に合ったサイズの服を着ることは、ビジネスファッションにおける基本であり、大切なポイントの1つと言えるでしょう。

型崩れした服は着ない

どんなに上質な衣服でも、何度も着用していると、着古されて型などが崩れてきます。 着古した服は、自分の身体にもフィットしており、着やすさは抜群かもしれませんが、相手にだらしない印象を与える可能性もあります。 確かに、着やすさは大切ですが、型崩れした服を着用することは、ビジネスファッションとしてはあまりおすすめしません。 なるべく、新しくて型崩れしていないものを着用した方が無難でしょう。

個性を発揮し過ぎない

ファッションにおいて、個性を出すことは大切ですし、それをファッションの楽しさと考えている方も、多いと思います。 しかし、ビジネスファッションにおいては、個性を出し過ぎると、相手に非常識だと思われてしまう可能性があります。 ビジネスファッションで個性を出してはいけないというルールはありませんが、派手な色や柄物などは、あまり着用しないことをおすすめします。 好みなどに関係なく、誰が見ても不快感を覚えない、シンプルな組み合わせや着こなしをした方が、無難と言えるでしょう。

鞄などの小物も意識する

ビジネスファッションとは、何も着用する衣服だけを指すのではありません。 鞄や靴と言った小物もビジネスファッションの一部なのです。 どんなにサイズが合っていてピシッと着こなせるスーツを着用していたとしても、鞄がボロボロのトートバッグであったり、汚れたスニーカーを履いていたりしたら、第一印象は良くありませんよね。 ビジネスファッションでは、服装だけでなく、服装に合った鞄や靴を身につけることも重要なのです。 爪先から頭の上まで、全てを意識して初めて、「ビジネスファッション」と言えるのです。

女性のビジネスファッションについて

一言で「ビジネスファッション」と言っても、男性と女性では服装が大きく異なりますよね。 例えスーツであっても、女性のスーツは男性のものと異なりますし、マナーやルールも変わってきます。 そこで、続いては「女性のビジネスファッション」に注目して、レディースファッションについてご紹介していきたいと思います。

スーツの着こなしについて

まずは、女性のビジネスファッションの基本として、レディーススーツの着こなしについて、マナーやルール、基本をご紹介していきます。 女性の場合は、スーツと言ってもスカートとパンツを選択できるようになっており、組み合わせも幅広くなります。スカートを履くべきかパンツを履くべきか、迷う方も多いと思います。 結論から言うと、スーツでスカートを履くかパンツスーツを履くかは、個人の好みとされています。「オフィシャルな場面だからスカートを履かなければならない」といった決まりはありません。 ただ、業界や職種によっては、スカートの方が好ましい場合と、パンツスーツの方が好印象の場合があります。就職・転職活動の場合は、希望する業界や職場に合わせて選択すると良いでしょう。 スカートの場合も、パンツスーツの場合も、サイズが重要となります。自分に合ったサイズを得らばないと、見栄えが悪くなったり、皺ができやすくなったりします。 インナーは、基本的にはシャツブラウスと言われています。その際、ボタンは第一ボタンまでなら、外すことが可能です。自分をどのように演出したいか、どのようなイメージを相手に与えたいかによって、ボタンのかけ方や襟の出し方は工夫すると良いでしょう。 ジャケットは、ボタンを全てかけるのが基本的なマナーです。その為、ボタンをかけてもきつくならないサイズで、尚且つ緩かったり大きかったりし過ぎないジャケットを選ぶことが重要です。

通勤服について

続いて、毎日の会社への通勤に着用する服について、考えていきたいと思います。 通勤服は、会社側の決まりや方針にもよりますが、商談の際などに着用する服装よりは、ややラフなものでも構いません。 場合によっては、ジャケットやスカート、パンツの型なども私服に近いものが着用できるので、常識の範囲内でおしゃれを楽しむことも可能です。 しかし、会社は仕事をする場所ですので、ファッションを重視しすぎて、機能性が悪い服や常識を疑われるような服を着るのは避けましょう。 多少の柄などは構いませんが、あまり柄やプリントが派手なもの、また丈の短いスカートやショートパンツなどは、避けておいた方が無難です。 また、露出も控えることをおすすめします。例え暑さが厳しい夏であっても、キャミソールなどは避けましょう。

商談の際の服装について

商談や営業で他社に行く場合は、通勤服よりもかしこまったものやフォーマルなものを着用することをおすすめします。 いつもは、スーツではないオフィスカジュアルで出勤していたとしても、商談などがある日はスーツで出勤しておいた方が無難でしょう。 商談の際の服装で大切なのは、とにかく清潔感を出すことです。スーツは皺やシミがなく、型崩れしていないものを選びましょう。 また、インナーなども、あまり胸元が開き過ぎたものは控え、シンプルな色やデザインのものを選ぶことをおすすめします。

男性のビジネスファッションについて

続いて、男性のビジネスファッションについてご紹介していきます。 男性のビジネスファッションの最大の特徴は、ネクタイだと思います。これは、女性のビジネスファッションにはないもので、商談などがある場合は、ネクタイの選び方に迷う方も、多いのではないでしょうか? ネクタイの選び方も含め、男性のビジネスファッションではどういった点に気を付ければ良いのか、基本的なマナーをご紹介していきます。

スーツの着こなしについて

男性の場合は、スーツを着て出勤をしたり商談に出掛けたりするケースがほとんどです。男性のビジネスファッションにおいて、スーツは欠かせない存在なのです。 上記でもご紹介しましたが、スーツを選ぶ際はサイズにこだわることが大切です。スーツのサイズ選びに妥協してしまうと、大き過ぎてだらしがなく見えたり、きつかったりする可能性があります。 自分にフィットするサイズのスーツを着用することで、初めてビジネスファッションとして成り立つと考えた方が良いでしょう。 スーツの色も、紺やグレーといった無難なものを選ぶことをおすすめします。 一見すると、黒のスーツも無難なような印象を受けるかもしれませんが、黒いスーツは結婚式や葬儀、パーティーなどの場で着用するものなのでNG。やはり、上記でも挙げた紺やグレーを選択するようにしましょう。 ネクタイは、柄や色があまりにも派手なものは避けた方が良いでしょう。スーツやシャツと合わせて選び、浮かないものを選択することが大切です。

通勤服について

男性の場合は、自社への通勤であっても、スーツを指定されることも少なくありません。 しかし、近年は男性の通勤服も選択の幅が広がっており、業界や職種によっては、スーツ以外の服装を通勤服として選択できる場合もあります。 しかし、基本的にはスーツを選択する場合と同じで、柄が派手なものや、社会人として常識が疑われるようなデザインのものは、着用しないでおいた方が無難でしょう。 また、オフィスカジュアルが許されている職場であっても、ジーパンやデニムを禁止している場合もあるので、その点は確認しておくことをおすすめします。 もし、オフィスカジュアルが許可されていても、着こなしや組み合わせに自信がないようなら、スーツを着用することをおすすめします。 運動をしたり肉体労働をしたりする場合以外は、スーツで出勤して場違いになることは、ほとんどありませんよ。

商談の際の服装について

続いて、男性のビジネスファッションの、商談の際の服装について確認していきたいと思います。 業界や職種にもよりますが、他社に契約や打ち合わせで足を運ぶ際、男性の場合はスーツを着用しておけば間違いないでしょう。 上記でもご紹介したように、黒いスーツは特別な場の為のものなので、パーティーなどでなければ、紺やグレーを選ぶことをおすすめします。 スーツやシャツは、皺やシミなどがなく、また着古して型が崩れていない物を選びましょう。商談や契約では、清潔感が物を言います。 また、靴にも気を配ることが大切です。基本的には革靴を履くようにしましょう。 革靴は、踵がすり減ったり、表面が泥などで汚れたりしたものはNGです。事前に状態を確認し、汚れているようならよく磨いておくことをおすすめします。

ビジネスファッションを着こなして、第一印象を良くしよう

いかがでしたか?今回は、「ビジネスファッション」に注目して、基本的なルールやマナー、男女別のポイントなどをご紹介しました。 男性と女性では、選択肢やマナーに違いがあるビジネスファッションですが、「清潔感」が重視される点は共通しています。 服装で清潔感を相手に与える為には、着こなしが大切。サイズや型、色や組み合わせなどを工夫して、清潔感溢れる格好をしましょう。ビジネスファッションを工夫するだけでも、相手からの印象が良くなったり、第一印象を良くしたりできるかもしれませんよ!

関連タグ

アクセスランキング