IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英検準1級の難易度と合格率・勉強法・リスニング対策と作文対策

資格・検定

英検準1級を受験するには、どのような勉強や対策をすればいいのでしょうか。難易度も上がているので、しっかりとした対策は必要不可欠です。英検準1級は英語に慣れ親しんでいる人ならば、独学でも十分合格を目指すことができるので、対策法について紹介します。

更新日時:

英検準1級は英語が得意と言えるレベル

英検は5級から1級までの7段階に分かれていますが、順位級は上から2番目の難易度となっています。英検準1級まで合格していれば、英語に関してのスキルは相当なものなので、英語が得意と言えるレベルと言えるでしょう。 英検2級と準1級の差はかなりあるので、英検準1級に合格できれば英語の読み書きや会話ができるので、英語が理解できるレベルと言えます。

おすすめしたい勉強法

英検準1級に合格するためには、しっかりとした勉強法を実践して、確実に合格を勝ち取りたいものです。そこでおすすめしたい勉強法について紹介します。

試験の問題構成を理解しながら勉強する

英検準1級の試験問題は、短文の語彙問題が25問、長文の語彙問題が6問、長文の読解問題が10問、英作文が1問、リスニング問題が29問となっています。それぞれのパートに合わせた問題対策をすることで、ピンポイントに試験問題をすることができます。 長文問題や英作文は読解力など英語の理解力が必要なので、勉強するにも時間が掛かります。毎日勉強するだけではなく常に英語に触れていることによって、自然と身に付くくらいの環境が必要となるでしょう。 英検準1級になると一夜漬けの勉強では到底合格することができないので、一定期間の集中的な勉強時間を確保することも大切です。

苦手分野よりも得意分野の成績を伸ばせるように勉強する

英検準1級問題では各パートごとに特徴があるので、それぞれに合った勉強法をすることが大切です。そのためには自分の得意分野や苦手分野を把握することが大切です。筆記問題は得意だがリスニング問題が苦手ならば、できるだけ筆記問題に集中した方がいいでしょう。 自分の短所を克服することは容易な事ではないので、自分の得意な分野を伸ばす方が遥かに効率も良く効果も出やすいです。得意分野でしっかりと点数を確保することができれば、ある程度の合格予想もしやすいので、しっかりと点数を取れるように勉強しましょう。 得意分野ならば勉強もはかどりやすいので、楽しく勉強することもできます。得意分野をしっかりと勉強してから、苦手分野に取り掛かりましょう。

過去問を徹底的に活用する

試験対策としては英検準1級の過去問題を中心に勉強することをおすすめします。メジャーな英語の資格なので、過去問題集は容易に手に入れることができます。できれば過去5年分の問題集を中心に勉強することで、試験問題や同じような例題に慣れることができるでしょう。 過去問題集を暗記するくらい繰り返し勉強すれば、筆記問題に関してはある程度の点数を伸ばすことができるでしょう。問題の傾向を理解することで、本番の試験にも応用することができるはずです。

リスニング対策

リスニング問題は日頃から英語に聞き慣れていないと難しいので、日頃から英語を聞くようにしましょう。リスニング対策におすすめしたい勉強法を紹介します。

ボキャブラリーを増やす

リスニング対策としては、英語を耳で聞く力が必要となります。英語を聞くには単語を知っていなければ意味を理解することができないので、ボキャブラリーを増やすことが必須となります。 ボキャブラリーを増やすには時間と労力が必要不可欠です。毎日少しずつでも単語を覚えることを日課とすることで、英語に慣れると共にボキャブラリーを増やすことができます。 単語を聞いた時に頭の中ですぐに意味を理解するスキルが必要です。そのためには日本語で意味を考えるのではなく、英語の単語を聞いたらそのまま理解できるくらいのレベルが必要になります。ボキャブラリーを増やしてから反復練習によって、英語を聞き取るスキルを上げましょう。

英語で話をする機会を増やす

リスニング対策では聞いてから瞬時に意味を理解するスキルが必要なので、普段から英語で会話をするようしましょう。何気ない英語の会話でも英語脳のスキルアップには役立ちます。イチイチ英語を日本語に訳していれば、会話を成立させることはできませんよね。英語を聞き取ったらそのまま英語で理解できるようにするために、普段から英語で会話をしておきましょう。 相手の英語を聞き取る力がつけば、試験では考える時間もあるのでじっくり考えることもできます。英語を聞き取れる耳を養うために、普段から英語に慣れ親しんでおきましょう。

リスニングの問題を1.2倍速で聞いて練習をする

リスニングは耳で英語を聞き取る力が必要となりますし、準1級ならではの難しい文法を使った英文が出てきます。意味を理解するのも大切でが、まずは聞き取れなければ問題を解くことすらできません。 そこで普段からリスニング対策として、リスニング問題を1.2倍速にして聞き取れる力を身につけておくのがおすすめです。ゆっくり話す人もいれば早口な人もいるので、聞き取るためには耳を養っておく必要があります。 普段から1.2倍速のリスニングに慣れておくことで、本番ではゆっくりと聞こえることができます。ゆっくりとした口調だと思えば焦ることもありませんし、余裕を持ってリスニングに臨むことができます。 長文の日本語を聞いた時でも、初めから最後まで意味やストーリーを考えながら理解するのは難しいこともあります。理由としては自分の頭の中でしっかりと整理できていないことがあるので、できるだけ聞きながら余裕を持つことで整理しながら聴くことができます。 リスニング対策では本番の試験で余裕を感じられるように、1.2倍速で練習をすることもおすすめです。

作文対策

基本の文法と正しい言葉を意識しながら練習する

作文対策としては正しい文法を理解しているかが重要なので、基礎からみっちりと勉強しておきましょう。難しい言葉や文法よりも、読みやすく相手が理解できることを重視すれば点を取ることはできます。 日本語で作文を書く時も、わざわざ難しい言葉を使うことはありませんよね。作文では何をいてしているのかを理解することができれば、基礎と正しい文法によって対策を立てることができます。

添削サービスを利用して慣れる

作文やライティング問題では、できるだけ英語が得意な人に添削をしてもらうことをおすすめします。日本人でも日本語で作文を書いた時に、言い回しや言葉のニュアンスが違うこともあります。特に作文問題では答えは1つではないので、しっかりと問題を理解しているかが問われます。 作文を作った後は英語が得意な人に添削をしてもらい、きっちりと直してもらいましょう。添削サービスを提供しているサイトもあるので、自分が利用しやすいものを使うと便利でしょう。

英検準1級はTOEIC800点前後の難易度

英検準1級のレベルはTOEICのスコアにすると、約800点前後のスコアに相当します。英検とTOEICでは若干仕様が違うので、ボキャブラリーやライティングなどでミスをしてしまうことが多いです。 そのため英検準1級の人がTOEICを受験すると、720点から850点くらいの間のレベルとなるようです。英検準1級はボキャブラリーの数が少ないと難しいので、それぞれに合った勉強方法で試験対策をすることが大切になります。

英検準1級は15%前後の合格率

英検準1級は1度の試験に約2万人ほどの受験者が試験を受け、年に7万人ほどの受験者数になります。その中で合格できるのが約1万人ほどなので、合格率としては約15%前後になります。 15%と聞くとかなり厳しいと思う人も多いと思いますが、しっかりと試験対策をしていれば十分合格できるレベルです。2級に合格した人が腕試しのために受験することも多いですし、2級と準1級の差を実感することにもなるでしょう。英検準1級に合格するためには、入念な試験対策と勉強をしてから挑みましょう。

英検準1級を受けるなら万全な試験対策をしよう

英検準1級の試験を受けるなら、ある程度の勉強期間が必要不可欠になります。年に3回の試験しかないので、3ヶ月から半年を目安にして勉強すると良いでしょう。しっかりと受験対策をとって、見事準1級に合格できるように頑張ってください。

より盤石な布陣を築きたい方にはこちら!

実際の英検を徹底分析して、 構築されたテキストです! これを完璧に覚えきれば、 準一級の試験も怖くないはずです!

転職に有利になる資格を知っていますか?

転職を有利に進めるために資格を取得する方が多いですが、資格を取得してから転職活動をしようと考えてはいないでしょうか。 ・取得した資格が希望の職場や職種で有利に働かなかった ・転職の場合は資格以外にも必要なスキルや経験があった ・取得した資格以外にも実は取得したほうがいい資格があった 転職活動を始めてから気づいて後悔することもしばしば。事前に防げる後悔をする前に、転職エージェントへ「転職のために必要な資格は何か」を相談することをおすすめします。 中でも「doda(デューダ)エージェント」は、国内最大級の転職支援数があるため、企業が求めている資格やスキルを正確に教えてくれますよ。無料で相談できます。

関連タグ

アクセスランキング