IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネス実務法務検定2級の独学勉強方法・合格率・必要な勉強時間

資格・検定

今回はビジネス実務法務検定2級の勉強や合格率、勉強時間などについて記載させていただきました。ビジネス実務法務検定はかなり昇進や転職に活用できる資格なので3級と言わずに2級を目指してチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

更新日時:

ビジネス実務法務検定とは?

ビジネス実務法務検定とはビジネスに関わる営業、販売、総務、人事などに関する知識を得ているかの検定内容です。 ビジネスをする上ではかならず法律のことを理解している必要があり法律を理解することは個人を守る上だけでなく会社へのダメージやリスクを低減することができます。仕事する上で知らなかったからというのは理由になりません。 もし転職などを考えているのであれば有利になる資格かと思いますので取得を考えてみてもよろしいのではないでしょうか? ビジネス実務法務検定は企業の業務内容のほとんどをカバーしているため職業を問わず使用できる資格のため持っていたも損はないでしょう。

転職活動以外にもビジネス実務法務検定は活用できる!

上にも記載させていただきましたが、転職以外でもかなり有効活用できる資格であるのはまちがいないです。 もしあなたが平社員の立場で昇進を狙うと考えたときにビジネス実務法務検定は優位に効果を発揮します。昇進するということは人を管理したり、指示を出すことも絶対に増えてきます。そんな時上司が法律をしらないとかルールを知らないとか言われたら「この人大丈夫なのだろうか?」と不信感を持たれてしまうかもしれません。 また、自分を守るためのビジネス実務法律検定と思われがちですが、昇進を視野に入れている方なら攻めにもなる資格だと思います。 3級、2級、1級とランクがありますが、もしチャレンジをされるなら3級もしくは2級から挑戦してみるというのもいいかもしれません。

どうせ資格を取るならビジネス実務法務検定2級以上をめざそう!

ビジネス法務実務検定は確かに強い資格です。3級、2級、1級とありますがどうせなら2級以上を狙ってみてはどうでしょうか? 「資格があればいい!」という方であれば3級でも問題無いと思いますが、より質の高い資格を手に入れたいと考えているのであれば2級以上を目指しましょう。 確かに強い資格ではありますが、従業員のほとんどがビジネス法務実務検定3級を持っていた場合は自分自身が3級を持っていたとしても埋もれてしまう可能性がでてきます。 より確実に自分の位置を明確にするなら周りよりワンランク高い2級や1級の資格を持っておいても損はないと思います。

ビジネス実務法務検定の難易度と合格率

ビジネス法務実務検定の難易度に関しては3級、2級、1級とランクごとに難易度は異なるようです。以下内容では3級、2級、1級の難易度についてお伝えさせていただきす。

ビジネス実務法務検定3級の難易度

【合格率74.2%!】ビジネス実務法務検定3級 ①ビジネス実務法務の法体系 ②取引を行う主体 ③法人取引の法務 ④法人財産の管理と法律 ⑤債権の管理と回収 ⑥企業活動に関する法規制 ⑦法人と従業員の関係 ⑧ビジネスに関連する家族法

ビジネス法務実務検定も3級であればかなり難易度は低いと思われます。 もし資格取得検討されている方がいたらこちらから触れてみた方が敷居は高くないかもしれないですね。 また営業の絶対的なルールを理解したり、企業活動のルールを知っておくことは人間的にも成長できますし、社会で生きていくためにも有効に活用できます。

ビジネス実務法務検定2級の難易度

【合格率23.0%!】ビジネス実務法務検定2級 ①取引を行う主体 ②会社取引の法務 ③会社財産の管理・活用と法律 ④債権の管理と回収 ⑤企業活動に関する法規制 ⑥会社と従業員の関係 ⑦紛争の解決方法 ⑧国際法務(渉外法務)

3級の合格率をみて敷居が高くないと思われた方にはかなり刺激が強かったと思います。 2級からかなりビジネス法務実務検定の難易度が上がるようです。 3級との内容と比べてみてもかなり内容がかなり変わってきているかと思われます。より実践的で紛争の解決方法や国際法務など争い事の沈静化や国を跨いでの法務など難易度が上がってきているかと思われます。 取得を考えていらっしゃる方はこちらを目指して頑張っていただきたいと思います。 2級まで取得できれば転職を有利に進めたり、昇進を目指す方には有利になりやすいと思います。

ビジネス実務法務検定1級の難易度

【合格率11.6%!】ビジネス実務法務検定1級 共通問題…民法、商法を中心に全業種に共通して発生する法律実務問題 選択問題…特定の業種に関連する一定の法律、事例による実務対応能力を試験する 合格率は1割で、回答方式も全て論述問題のため、かなり敷居が高いレベルです。知識だけではなく、実務能力までを問われており、取引上のトラブル処理、取引関係に立たない第三者とのトラブル処理、法務の専門家への法的トラブルの顛末の報告などのスキルを問われます。

今回2級をタイトルにしているのでざっくりと触れさせていただきますが、1級までくると合格率も約10人に1人です。 2級を取得されている方は視野に入れてみてもいいですが、勉強をかなりしている方でもこの数値に落ち着いてくるようなので生半可な覚悟で挑むと痛い目を見る可能性が高いです。 挑むのであれば念入りに計画を立ててから挑みましょう。

ビジネス実務法務検定2級の勉強方法について

ビジネス実務法務検定の勉強方法ついてですが、通信講座や学校に通うという手もありますが、今回は独学での勉強方法について記載したいと思います。 社会人の方は時間にもかなり制約があるので会社勤務などがある日はどうやって時間を算出するかということと休日の時間でどのくらいの時間かけられるかが重要になってきます。 途中で嫌になっていまうということもあるかと思われますので休む時間は休んで効果的に時間を作って行きましょう。

効率のいい勉強方法

ビジネス法務実務検定での効率のいい勉強方法はどの勉強方法にも活用できるのですが、問題集など参考書を購入し、章ごとに問題が別れているかと思うのでその章にあった内容を参考書で知識を勉強します。 参考書での知識がある程度ついてきたと感じたら問題集を解きます。最初は分かっていると思っていた部分でも答えが違うなど多数あると思います。 もし間違いているところがあったら問題集の解説を読みながら間違えた部分を再度説いてみます。 そのまま納得いくように解決できたならこの手順で進めていきます。 中には解説を見ても「なぜ?」と思う部分があるかと思います。その場合はその間違えた部分を参考書と照らし合わせて納得いくまでテキストを読み込みましょう。

ビジネス実務法務検定の勉強時間は?

2級合格者は仕事終わりの2時間くらい使って勉強している方が多いようです。 準備に60時間以上の時間を用意するとして最低でも2ヶ月~3ヶ月くらいかけて勉強をする方が多いようです。 しかしこれは人によって考え方があり、60時間も勉強しないで試験を受験する人もいれば倍の120時間かける人もいるかと思います。 ご自身が効率のいいタイプだと思うなら60時間を目安に勉強してみてください。 もし心配だと感じられる方は60時間より長めの時間をとって勉強をすることをおすすめします。

ビジネス実務法務検定2級の問題集

ビジネス実務法務検定2級問題集の選び方についてですが、多いのが「勉強するぞ!」という形で分厚い本を選んで買ってしまう方です。 分厚い本が悪いというわけではありませんが、ビジネス実務法務検定の資格を取得することがテーマです。 実際に500ページとかある本を読み込むのも結構ですが、厚すぎる問題集をやると試験の内容の的が絞りにくくなり的を絞るという作業もそれなりの時間を要してしまうということになりかねません。 一番私がベストと考えるのは一問一答式の薄めの問題集です。 そしてさらに重要なポイントがあるので下記内容でお伝えします。

問題集が試験問題と同じ形式で出題されていること。

問題集がかなり優れてわかりやすい内容でも実際の試験と出題方式が違えば内容が変わってきます。 問題集を選ぶ時は事前に出題形式を調べて同じ形式で記述がされている問題集を購入するようにしましょう。

過去に出題された問題の記載があること。

皆様を検定対策するのに一度はやったことがあるのではないでしょうか?過去問題集をひたすら解くという方法です。 予想問題集もいいのですが、かならず問題集の中に過去の問題が入っているものを選ぶといいでしょう。 理由は過去の問題を知ることで問題の出題傾向をしることができるからです。 これを抑えることにより勉強を効率よく進めることができる上、重要なポイントを理解することに繋がります。

過去に出題されていない問題の記載があること

過去問題集をどんなに解いても対応ができないのが過去に出題されたことのない前例のない問題です。 しかしどんなに過去に出たことない問題でも根本的な内容は変わりません。 表記の仕方や表現方法の違いで問題自体は変わっていることは少ないです。しかしこの表現の違いに気づけないとその問題の点数を落とすことになります。 ものごとを具体的に捉えるということはすごく大事ですが、抽象的に見るということも大事になってきますので早い段階からこれらを意識し、過去問題集と予想問題がセットになっているものを選んでいただければ試験対策はかなりできるかと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

転職に有利になる資格を知っていますか?

転職を有利に進めるために資格を取得する方が多いですが、資格を取得してから転職活動をしようと考えてはいないでしょうか。 ・取得した資格が希望の職場や職種で有利に働かなかった ・転職の場合は資格以外にも必要なスキルや経験があった ・取得した資格以外にも実は取得したほうがいい資格があった 転職活動を始めてから気づいて後悔することもしばしば。事前に防げる後悔をする前に、転職エージェントへ「転職のために必要な資格は何か」を相談することをおすすめします。 中でも「doda(デューダ)エージェント」は、国内最大級の転職支援数があるため、企業が求めている資格やスキルを正確に教えてくれますよ。無料で相談できます。

関連タグ

アクセスランキング