IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】会社を辞める理由ランキング・転職時は本当の理由を話す?

転職事情

最近では、終身雇用という概念も崩れつつあり、転職するのも当たり前になってきています。では、実際に会社を辞める主な理由は何なのでしょうか。今回は会社を辞める理由ランキングや男女で会社を辞める理由が異なるのかどうかについてまとめました。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 退職理由1位は人間関係、2位が社風のミスマッチ、3位がパワハラ
  • 男性は上下関係のストレスで潰れがち、女性は女性は周囲の関係が悪いと見るとあっさり退社を決める傾向
  • トラブルを避けるため、退職理由は嘘でもポジティブなものにしておく

退職理由としてはやはり、上司も含めた人間関係があげられることが多いです。毎日顔を合わせる人と険悪というのはストレスが溜まりますし、ストレスによって体の調子にも悪影響が出ます。 さらには本来の能力が発揮できず成長できないなどの問題もあり、全体的に見てとどまるメリットはあまりありません。 もし心当たりがあるのなら、「マイナビエージェント」などに登録し、今から少しずつ転職活動を始めましょう。

会社を辞める理由ランキング

会社を辞める理由第5位『給料が低い』

会社を辞める理由ランキングの第5位は、給料が低いことが挙げられます。若い世代の人にとって給料が低いのは仕方がありませんが、上の人を見ればある程度どのくらいの給料が貰えるかは把握できます。 特に給料の他にもボーナスの額が極端に低いと、長く会社に貢献したいとは思えなくなるでしょう。

仕事では大変なことはたくさんありますが、やりがいを持って仕事に取組み、その対価に見合った給料を貰いたいと願っています。 給料に見合った仕事ならば頑張れますが、自分の仕事量に対して給料に納得ができないと、退社をしたくなるものです。

会社を辞める理由第4位『サービス残業が多い』

会社を辞める理由ランキングの4位は、毎日のサービス残業が多いことが理由で退社を決意します。社会的にもサービス残業は減りつつありますが、まだまだ多いのが現状です。仕事をする前に準備や段取りをしなければなりませんが、その時間は業務時間には含まれません。 さらに就業時間が過ぎても残って仕事をするのが当たり前の会社だと、先に帰ることもできずにサービス残業を半強制的にする羽目になります。 仕事でどうしても残業が必要ならば納得して残業できますが、無駄なサービス残業ならばしたくないのが本音です。 残業したらその分の賃金を貰うのは当然の権利ですが、立場が弱いので言えない人が多く、そのまま退社をするケースが多くなってしまいます。

会社を辞める理由第3位『パワハラによる圧力』

会社を辞める理由ランキングの3位は、上司からのパワハラです。 いつの時代でも上司からの圧力はあるもので、パワハラをする人もまだまだ多いのが現状です。パワハラをしにくくなったとはいえ、その他のハラスメントをしてくるケースもあるでしょう。

ハラスメントはいろいろな種類がありますが、やはり仕事をしてストレスになるのがパワハラです。正当な理由があって上司をパワハラで訴えても、結局は仕事面でやりにくくなるのは自分だと考えてしまいます。 パワハラ問題解決するために戦うよりも、自分がこんな会社を辞めれば済むという思いから、パワハラによって退職をする人が多くなります。

会社を辞める理由第2位『社風が合わない』

会社を辞める理由ランキング2位は、会社の社風が合わないことです。社風はどの会社も独自なものがありますが、どうしても社風が合わないという人もいます。 社風は入社してみなければ分からない事も多いので、事前に社風が合うかどうかは分かりません。自分で社風が合わないと思ってもどうすることもできないので、我慢するか退職するかの2択になります。

社風は上司に相談をしてもどうすることもできませんし、社長が良かれと思ってやっていることが多いです。 社長のやり方に合わせるか、もしくは合わないなら退職をするしかないので、せっかく入社しても会社を辞めてしまう要因になってしまいます。

会社を辞める理由第1位『人間関係が嫌になった』

会社を辞める理由ランキング1位は、人間関係が合わなくて嫌になって退社をするです。人間関係はどの会社でも問題になりますし、人が集まれば人間関係が悪くなることもあります。 例え仕事だと分かっていても、自分の合わない人と仕事をするのは嫌なものですし、できれば仲のいい人と仕事がしたいと思います。 人間関係が悪化する要因で多いのは、上司との関係、同僚からの妬み、男女関係のもつれなどがあります。人間関係は当人同士の問題が多いので、会社としてもなかなか改善させることは難しいです。

問題がある人物がいれば対処することはできますが、それでもなかなか処分するのにはいろいろな手続きがあります。一度人間関係がもつれてしまうと、改善するのが難しくなりますし、仕事もやりにくくなってしまいます。 関係修復をするよりも自分が会社を退社した方が早いので、会社を辞める理由としてもかなり多くの人が退社理由として挙げています。

男性が会社を辞める理由として上下関係の重圧が原因

男性が会社を辞める理由として、上司との上下関係のもつれが大きな原因となることが多いです。人間関係で退社をする人は多いですが、男性は特に上下関係が大きく影響します。女性は横の繋がりを重視しますが、男性は縦の関係性を重視します。 女性で平気で上司にタメ口で話す人もいますが、上下関係はそれほど重視していないからこそできることです。男性にとって会社の上下関係は特別な物で、上司というだけで絶対的な存在と思っている人も多いでしょう。 上司の命令は絶対だという思いから、どんなに理不尽なことでも我慢をして、ストレスを溜めることになります。男性にとって上下関係は必要不可欠な物であり、会社員としては絶対的な物なので、ストレスに耐えられなくて辞めてしまう人も多くなります。 このケースで最悪なのが、病気などで退職するしかなくなってしまうものです。一時的に収入がなくなりますし、転職活動もできません。早めに転職エージェントや転職サイトに登録し、転職して身を守りましょう。 口コミで選ぶなら「マイナビエージェント」

女性は楽しい職場かどうかが重要

女性が会社を辞める理由で多いのが、職場が楽しくないので居たくないという理由が多いようです。女性にとって会社の上下関係はそれほど重視する問題ではありません。上司に対しては仕事上の役割なので、仕事の指示や命令に関しては素直に聞きます。 しかしパワハラや理不尽な命令は、男性と違ってキッパリ断ることができます。女性はどうせ仕事をするなら楽しくやりたいと思っていますし、やりがいのある仕事で頑張りたいと願っています。 そのため、社内でギクシャクした人間関係や上下関係があると、巻き込まれたくないと思います。つまり、内心どう思っているかにかかわらず、表面上では全員と仲良くしようとしています。 仕事をするなら楽しく仲良くやるのが理想ですが、ストレスが多くやりにくい職場だと感じれば、未練無くすぐに退社を決意することができます。

会社を辞める時は嘘をついてでも円満に退社した方がお得

会社を辞める理由で嘘を申告するとどうなるか不安ですよね。もしも退職する時に虚偽の申告をしても、多くの場合は何も罰則なく退社することができます。むしろ退社する時には嘘をついてでも円満に退社した方が、スムーズに退社することができます。 退社理由の多くは人間関係が多いですが、上司に対してあなたが理由で退社するとは言えませんよね。辞めるからといって言いたいことを最後にぶちまけたとしても、スッキリするのはその時だけです。 退社するまでの数日間や、退社をしてからの手続きなどでお世話になることもあるかもしれません。 対立したまま退職しても得になることはないので、円満退社をした方がよっぽど楽です。退社をする時にはできれば円満退社をした方がいいので、人間関係で辞めると決めても、もう会うことはないと思えば我慢することもできるでしょう。 既に転職先が決まっていると言われるとなかなか追及もしづらいものなので、「マイナビエージェント」のような転職エージェントをフル活用し、今よりも合った仕事を見つけてしまいましょう。

同業の仕事に転職するとトラブルになるので注意

会社を辞める理由として嘘を申告した時に、再就職先として同業の仕事に就くとトラブルになる可能性もあります。自分が抱えている顧客をそのまま持っていったり、会社のノウハウをライバル会社に明かすと、トラブルになるのは必至です。 会社と個人の問題ではなく、会社同士の摩擦にも発展しかねませんし、退職理由によっては関係性も悪くなるでしょう。 辞める時に嘘をつくのは、もう会うこともないから大丈夫だろうという思いで嘘をつくものです。とにかく会社を辞めたいからと言って嘘をついて辞めると、転職先によってはトラブルにもなりかねないので注意しましょう。

転職時は前向きな退職理由を話すと効果的

この記事のまとめ
  • 退職理由1位は人間関係、2位が社風のミスマッチ、3位がパワハラ
  • 男性は上下関係のストレスで潰れがち、女性は女性は周囲の関係が悪いと見るとあっさり退社を決める傾向
  • トラブルを避けるため、退職理由は嘘でもポジティブなものにしておく

転職する時前の会社を辞めた理由を必ず聞かれますが、この時はできるだけ前向きな退職理由を話すことをおすすめします。 人間関係で辞めたとしても、どの会社でも人間関係のトラブルは少なからずあるものです。最後に上司に言いたいことを言って辞めたと本当のことを言ってしまえば、上司に逆らう人材だと思われて転職が難しくなるでしょう。 本音と建て前を使い分けて、退職した理由は自分のスキルをもっと磨きたかったなどの前向きが理由にしましょう。本当の退職理由を伝えても、良い印象を与えることはできないので、相手に良い印象を与えられる退職理由を伝えた方が効果的です。 「今より給料が良い」などはわかりやすく、引き留めもしづらいので、退職前に好条件の転職先を見つけてしまいましょう。今から「マイナビエージェント」などに登録し、ストレスの多い職場から脱出しましょう。 どのエージェントを使えばいいかわからないという人は、口コミから調べたエージェントランキングをチェック!

関連タグ

アクセスランキング