IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

営業職の面接時の志望動機例・新卒や未経験の場合のアピールのコツ

営業

そろそろ18卒の就活もはじまりますが、選考の面接では必ずと言っていいほど脂肪動機が聞かれます。営業職を志望している場合どのような志望動機を言えば良いのでしょうか。今回は営業職の志望動機や選考でのアピールポインとについてまとめました。

更新日時:

営業職の面接の志望動機は何を注意すべき?

面接を受ける上で、志望動機は重要です。必ずと言っていいほど聞かれる志望動機ですが、営業職の面接ではどんな志望動機が適切なのでしょうか。志望動機のポイントをみていきましょう。

営業をしたいという事ではなく会社で働きたい事を伝える

営業職を志望している人の中で、ほとんどの人が入社するまで営業職という物がどういった物なのかという事を実感していないでしょう。大まかには知っている人も多く、商品やサービス等を他の企業に取り扱ってもらうために、営業をかけるという認識が多いです。 しかし、これは就職する会社によって変わってくるので注意しなければなりません。営業職の面接では、営業をしたいという事よりも、会社で働きたいという事を全面的に押し出した方が、有利と言えます。営業をしたいといっても、何故営業をしたいのか、営業のどこに魅力を感じているのかという事を聞かれる事があります。 営業についてあまり知識が無い状態でそういう事を聞かれてしまうと、対応しかねてしまうので要注意です。そのため、志望動機を書く時にしても、まずは会社に入りたい事を伝えておくと良いでしょう。そして、締めの文章等に営業職で働きたいという事を1〜2文程度記載しておくのがベストです。

営業職について事前に調べて志望動機に記載する!

営業職で、面接の際に一番気をつけておきたいのは、専門的な知識を聞かれた時にどうやって対処するかどうかという事です。そのため、志望動機で営業職に就きたいと思って、履歴書に記載したとしても、専門的な知識が無い状態で、記載してしまうと面接時に困ってしまいます。 そうならないためにも、どういった営業をしたいのか、営業をしてどういうポストにつきたいのかという事を明確に調べておくと良いでしょう。営業と言っても、ルート営業もあれば、訪問営業、飛び込み営業も存在します。それぞれ、同じ営業であっても業務の面から見ると全く違う営業の方法です。面接時に、どの営業をしたいかと聞かれた時に、これらの営業の方法から自分に適している物を選んで、答えれる様にしておくのがベストです。

志望動機で左右される!

営業職では、他の部署に比べると人間性を重視する企業の方が多いと言えます。というのも、営業では人と関わる事に重点を置いているため、多少学歴等が低かったとしてもポテンシャルのみで採用されるというケースもあります。営業職で働く上で重要になってくるのは、志望動機をどう伝えるかどうかになってきます。 理想の志望動機として挙げられるのは、仕事に熱意があるという事を全面的に押し出した物でしょう。営業をしたいという熱意も確かに重要になってきますが、それ以上に仕事で企業に貢献したいと思っている事を志望動機で伝える事が重要になってきます。

新卒や未経験の場合のアピールのコツ

ここからは、アピールのコツを解説します。

やる気があるという事を伝えるのが一番

新卒や未経験の人が、営業職で働く場合はやる気を押し出す事が重要になってきます。経験者であれば、前いた会社のノルマや実績等をアピールすれば良いですが、新卒や未経験者であればそれが難しくなってきます。やる気がある事を全面的に伝える事によって、営業を取っている会社からしても、企業に貢献してくれる人材と判断してもらう事が出来るでしょう。 実際に、営業をする上で重要になってくるのは、経験というよりもその人が営業に出て本当に契約を取ってくるかという事になってきます。それを見越して企業は採用をする訳ですが、仕事に対して熱意があったりやる気があったりする人の方が営業職に採用されやすいでしょう。志望動機にまず記載しておきたいのは、やる気だけは誰にも負けないという事や、仕事に熱意があるという事です。これらを記載しておく事によって、履歴書だけでその人の人となりと言うものが把握出来るようになりますから、一番アピールしておきたいポイントです。

体育会系の部活に所属していたならアピールを!

学生時代に体育会系の部活に所属していたという人は、面接の際にアピールをすると良いでしょう。柔道部や剣道部と言った武道もそうですが、野球やサッカーと言ったチームワークを重要視するスポーツをしている人なら積極的にアピールした方が良いです。新卒や未経験者なら尚更ですが、単に仕事のやる気があるという事をアピールしたとしても、漠然としていて伝わらない事があります。 その裏付けに必要になってくるのが、部活動でどういったことをしてきたかという事です。 体育会系であれば、忍耐力が身に付いていると判断されますし、それなりにチームワークのある人材だとも把握する事が出来ます。人によってその経験という物は変わってきますが、部活に所属している人としていない人では、その人が企業に入った時にどうなるかという事を想像しやすくなります。せっかく、会社に入りたいという意思を伝える志望動機があるなら、部活でしてきたことをアピールしないのはもったいないです。

専門的な事はあまりアピールしない!

新卒や未経験者で、営業職の面接をする際に、営業についての専門知識を少しだけ志望動機や面接等に織り交ぜる事があります。確かに、営業に対しての知識がある人と言う認識が生まれますが、それ以上に面接を担当している面接官は営業マンとして働いているので、より知識を持っています。そういった人に専門的な事をアピールしてしまうと、それ以上の知識を聞かれてしまった時に答えられないという事もあります。 志望動機で、どういう営業をしたいかという事を記載するのは十分よいですが、核からにはその営業がどういう営業なのかという事を把握しておく事が重要です。最低でも、その営業ではどういうサイクルで営業を行って行って、どの点に魅力を感じているかという事は抑えておいた方が良いでしょう。

魅力的だと思われる志望動機の書き方

履歴書に書く際の書き方のポイントを説明します。

伝えやすい事を端的に!

営業職で最も重要になってくるのは、自分の伝えたい事を端的に伝えるという事です。志望動機等でもそういった面をよく見られている可能性があり、履歴書や面接では注意しなければなりません。伝えやすい事を端的に伝える等のは難しく、端的にしすぎてしまうと意味が分からなくなってしまいます。そうならないためにも、志望動機では伝えたい事をある程度まとめて、記載してみると良いでしょう。

コミュニケーション能力がある事を全面的に押し出す!

営業職では、人と接する事が多いのでコミュニケーション能力を重要視しています。コミュニケーション能力は営業職で必要となるスキルであり、対人関係を構築する上で重要になります。営業職を志望している人は、コミュニケーション能力があると自負している人の方が多いので、志望動機では全面的に押し出すと良いです。 しかし、営業職を志望しているほとんどの人がそれを記載しているので、コミュニケーション能力がある事と+αで何かを付け足すと良いでしょう。例で挙げるなら、コミュニケーション能力があると思ったエピソード等を付け足すと、分かりやすく伝わる事でしょう。

人と関わる事が好きだという事を伝える!

営業職では、どうしても人と関わらなければなりません。そのため、人と関わる事が好きだという事を面接時には伝える事が重要になってきます。コミュニケーション能力がある人もそうですが、営業職を志望する理由は人と関わりたいと思うからでしょう。自分が言いたい事を面接や履歴書等で言う訳ですが、何故営業職を志望したかという志望動機が、採用に大きく関わってきます。そのため、人と関わる事が好きということは営業職で重要になってくるので、全面的に押し出した方が良いという訳です。

履歴書だけではなく面接でも魅力を伝える!

志望動機は、履歴書で伝える事が主流です。しかし、短い空白の中でそれを表すというのは非常に難しくなって来ます。魅力を伝えたいと思っているなら、面接でも自分自身の魅力を伝える事が重要になってきます。 履歴書に志望動機を記載していても、面接で志望動機を話すことも普通にあります。そういった状況になった時に魅力を伝える事が出来るように、自分の中で詳しい志望動機を準備しておくと良いでしょう。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング