IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【最終面接】「落ちる人」と「受かる人」の5つの違いを知って対策しよう

就活ノウハウ

一次面接、二次面接の関門を突破し、いよいよ最終面接ですね。「最終面接だからここまでくればあと少しだし、「最終面接って意思確認だけでしょ?大丈夫!」と安心しきってはいけません。落ちる人はなぜ落ちてしまうのか、受かる人はなぜ受かるのか、その違いを今回はお話ししていきたいと思います。

更新日時:

最終面接で「落ちる人」と「受かる人」の5つの違い

最終面接までやっとたどり着いたけど、安心しきってなにもしないままではいけません。落ちる人と受かる人の違いを学べばそこに受かるためのヒントが隠されいるはずです。今回はどういったポイントが落ちた人と受かる人で違うのかを一覧にしてみましたので、しっかり読んで最終面接までにポイントをつかんでいきましょう。

①売り込み方の違い

最終面接には社長や重役等の偉い人達が集まることがあります。そんな中で「誰に向けて自分を売り込むのか」というのもポイントです。採用するための最終決定権がだれにあるのか、誰に向かって、自分が会社のためにどういうことができるのかをしっかりと売り込んでいかなくてはいけません。そのためにはやはり会社の情報を再度確認しておかなくてはいけないでしょう。落ちる人は最後の最後で売り込む方向を間違っている場合が多いのです。

②心の準備の違い

最終面接でものすごく緊張してしまい、目が泳いでしまったり、突然の逆質問にうまく論理的に返せない、噛んでしまったり、へまをやってしまったら、それだけでなんとなく心の準備ができていないことがわかってしまいますよね。そういう人は強引になんとか突破しようとし、自分で勝手に空回りしてしまい、ボロをだしてしまうのです。そういう人は落ちてしまう可能性が高いでしょう。逆に心の準備ができている人は、緊張していても心の準備や自信があふれ出ている人というのは、正々堂々としてカッコイイものです。目の前に社長や役員がいても緊張しすぎないで堂々と話せて、堂々とふるまえる人が受かる確率が高い人です。

③仕事の目的意識の違い

仕事をする上で目的というものが必ずあります。会社が存続するためには利益を挙げなくては会社を経営するのは難しいものです。お客様や顧客、取引先があって会社に利益が出ますよね。あなたが会社に入社したいと思ったのはなぜですか?「自分自身のスキルを上げるため」ですか?「社会人としての経験値を稼ぎたい」からですか?もしそうなのでしたら、落ちてしまうでしょう。なぜなら会社との目的意識が合致しませんよね。スキルを上げたいのはあなたの目的であり、会社の達成したい目的ではありません。最終面接では会社の目的を一緒に達成できる人材を求めているのです。自分のことを考えている人より、お客様や顧客のことを考えて仕事をできる人がほしいのです。受かる人というのはそういう目的意識をしっかり持った人材で、受からない人というのは自分の目的を優先する意識を持っている人なので、そうならないように気を付けましょう。

④入社意識の違い

入社する意識のあるかないかは、表情や態度や言動にも現れるものです。「ここで落ちるかもしれない。」「この先おちてしまったらどうしよう。」「もう緊張してダメだ」などという後ろ向きな考えを持っている人は、次の就活先のことを考えてしまい、面接に集中できないでしょう。こういう人はやはり落とされてしまうでしょう。最終面接というものはあなたをしっかり見定めるためのものです。ほかにもあなたと同じくらいほしいと思っている人材が最終面接に集められているのです、その中でしっかりとした熱意や会社方針を理解した人を求めています。受かる人というのはこの部分をしっかりクリアし会社のために尽くしてくれる人なのです。

⑤特徴の違い

あなたと同じように最終面接に残った人たちというのは、今までの一次面接、二次面接の時点で入社基準をしっかりとクリアしたと認められた人たちなのです。それだけに並んでしまうと、同じような特徴や個性を持った人材が集まってくることも多いでしょう。その人たちと同じになってしまうと、途端にあなたの魅力が伝わらなくなってしまうでしょう。個性を出しすぎるのは良くないですが、他の人とまったく同じになってしまうとあなたの価値が落ちてしまいます。最終面接なのですから、自信をもって自分をアピールしていく人こそ、「この人がほしい」と思わせる人材であり受かる人です。落ちる人というのは、特徴がかぶりすぎることで他の就活生に見劣りしてしまう人なのです。自分の特徴を把握し、しっかりとアピールしていきましょう。

終わりに

お疲れ様でした。最終面接はいつになっても緊張してしまうもので、うまくこなそうとすればするほど、難しいものです。だったら無理にうまくこなそうとしなくてもいいのではないでしょうか。無理にこなそうとすると逆に力が入りすぎて表情がこわばってしまいます。こういう時こそ、リラックスが必要です。リラックスしてこそ本当の力というのは出せるものですよ。緩めすぎるではなく程よく緩く程よく引き締めて、それでこそ本当の力というのは発揮できるものです。さぁリラックスして最後の難関を突破して新しい道へ歩みだしていきましょう!

関連タグ

アクセスランキング