IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事からくる不安感の原因・解消法・ミスへの不安を和らげる方法

更新日:2020年08月14日

仕事

現代社会を取り巻く「ストレス」という名の敵。そのストレスのせいで不安に陥り、仕事が円滑に進まないなどと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は仕事からくる不安感の原因と、仕事に自信がないと不安になる際の解消法を紹介していきます!

現代社会はストレスだらけ!?精神的ダメージを甘くみてはいけない

ニュースでストレス、周りの友達からストレス、上司からストレス、現代社会はどこもかしこもストレスという言葉に満ち溢れています。納期に間に合わない!取引先を怒らせてしまった!同僚からのいじめが激しい!上司のパワハラ・セクハラに耐えられない!などそういった話というのは悲しい現実ですが、そこら中に転がっています。そしてそのストレスで体を壊す方が大勢いらっしゃいます。ノイローゼや心の病気に始まり、アルコール依存症、パニック障害、全般性不安障害など、病名がはっきりとつくものにかかる方だっていらっしゃいます。それを甘くみてはいけません。なったことがない人にはピンとこないかもしれませんが、実体験としてそれを経験すると取り返しのつかないことになりかねません。そんな状況になって人生を見直す必要性が来る前に対策を施す必要があるとしっかり知っておくことが今後非常に大切になっていきます。

仕事からくる不安感の原因とは何なのか

まず、あなたがすることは仕事からくる不安感の原因が何なのかを知ることです。原因はいったい何なのかを知ることで対処をすることができるようになります。 例えば、責任ある業務を任されていることでそのプレッシャーに耐えられない、仕事の成果が思ったように上げられないなどの仕事が原因の場合や、上司の嫌みに心が痛んでしまっている、同僚の冷たい態度で業務に集中できない、など人間関係の原因が挙げられるでしょう。 こうした原因をはっきり理解することによって、対策を考えていく必要があります。 しかし、これらは元々「自信」のなさからくるものです。それが内的な要因であろうと、外的な要因であろうと、人間はネガティブなことに直面すると自信をなくしていまいます。そしてそれは仕事を行う上で致命的なものといえます。

自信がなくなってしまうと、あれこれと考えすぎたり、嫌になったりして、前に進めなくなってしまいます。そうなると行動に勢いがなくなってしまい、成功することも難しくなります。そうした状況というのはいち早く改善する必要があります。では、どうすれば自信のなさを解消することができるのでしょうか。

仕事に自信がないと不安になる際の解消法

仕事に対して今まで以上に熱中する

この方法は至ってシンプルなものです。人間は物事に集中すると決めて取り組むと自分の持っている力を発揮しやすくなります。また、そうすることによって今まで感じていた不安を吹き飛ばし、いつの間にか忘れることができているはずです。そのときには「なんであんなことで不安に思っていたんだろう」と割り切ることができているでしょうし、業務に対するスキルや自信もついていることでしょう。 一旦、深く考えずに、目の前のことに集中してみることが解消につながるかもしれません。

仕事以外のことで自信をつける

これは、一時的な回避策になるかもしれませんが、仕事以外のことで自信をつけて、仕事に対する不安を忘れてしまうのも1つの方法です。やることはなんでもいいです。 例えば、ランニングを始めてフルマラソンを完走するとか、趣味であるダーツを上達するとか、溜めていたテレビゲームを全てクリアするとか、何でもいいです。何か目標を決めてそれを達成するのです。人はどんなことであれ自分に自信を持てるようになると他のことにも自然と自信が沸いてきます。複雑なようにみえて、単純なのが人というものです。

自信がなくてもいいんだと自分を認めてあげる

本末転倒のように聞こえますが、実は開き直るのも1つの手です。開き直りは物事を円滑に進めるための常套句です。開き直ってしまえば自信がないことに悩むことはなくなります。 大きな成果を上げる人というのはどこか楽観的なところ、細かいことを気にしない器の大きさがあります。 性格はなかなか変えられないものですが、「仕事がクビになるわけではない」「最悪の状態でも死ぬわけではない」など。極論ではあるけれども、追い詰められて落ち込んでしまうよりは得策です。 こうした楽観的な開き直りを信じて、自信がなくてもいいんだと自分を認めてあげましょう。その上でどうしようかなとぼんやりゆっくりと考えてみれば、今までと違った答えがでてくる可能性もあります。

仕事でミスしたかもとすぐに不安にならないためのポイント

日頃から確認作業を怠らない

仕事において確認作業というのはいつだって必要になってきます。人間は必ずしもミスをする生き物です。それは大きなことを成し遂げた偉人だろうと何だろうと同じことです。必ず間違いやミスを起こして大きくなって成功していったのです。 むしろ、ミスをしない人間は人間ではないともいえます。そのため、日頃から確認作業に重きを置くことで致命的なミスをすることもなくなり、仕事でミスをしたかもしれないとすぐに不安になることもなくなります。 メールを送る前は、”最低でも3回は確認する”など確認について自分のルールをもっておくのもいいでしょう。それが習慣化されると、確認作業も自然とできるようになります。

小さくてもいいから成功体験を積み上げる

自分の仕事に自信を持つことで、業務でミスをしたかもしれないと不安になることがなくなります。過信はミスにつながりますが、日頃から自信を持つような行動をしていれば、不要な不安感からは無縁となります。それには、できることからでいいので、確実にこれはできている、という成功体験を積みあげることです。

不安を感じること自体が半端な仕事をしているのだと戒める

これは仕事で不安を感じてしまった後の対処法ということになりますが、このように向上心を持つことで今後すぐに仕事に不安を感じることが少なくなるでしょう。人の目はウサギや昆虫と違い前についています。後ろではありません。そのため、前に進もうとする意思さえあれば、必ず進歩していけるものです。そしてその進歩は自分自身の自信につながります。自信はあなたの仕事に活力という手助けを与えてくれます。

次のページ:それでも不安から逃れたくて仕方がないという人へ
初回公開日:2017年01月13日

記載されている内容は2017年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング