IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】嘘を書くとバレる?法的な扱いと、上手に魅力的に語る方法

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

志望企業へ少しでも自分を良く見せたくて、つい実際とは異なることを書きたくなっていませんか?履歴書に嘘を書いたらバレるのか、気になるところですよね。ここでは、つい陥ってしまう履歴書の嘘と、対処法について解説します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

自分を魅力的にみせたくて、嘘を書く?

ある大学4年生の悩み相談がネット上にありました。 彼は、とある企業から内定をいただきました。しかし、喜ぶのもつかの間、後悔しているというのです。その理由は、履歴書に高校時代の部活動を偽って書いてしまったというのです。「中学と高校時代に6年間、野球部に所属しました。このように、私は1つのことを粘り強く継続できます。」と記入したが、実際は中学校では野球部、高校ではハンドボール部に所属、ハンドボール部は半年ほどでやめてしまった、と。企業から届いた内定承諾書には、内定取り消しの条件として「履歴書に虚偽があった場合」と書かれていたため、出身校に企業から確認が入ったらバレてしまうのではないかと危惧する相談でした。彼は、偽ったことをとても反省していました。

経験を豊かにみせたいなら

純粋で、真摯な、就活生の気持ちそのものですね。彼は「粘り強さ」をアピールするために部活動を継続したことを伝えたかったのです。ただ実際は3年間だったのに、6年間と書いてしまったのです。野球部に所属していたことは事実なので、ありもしない嘘ではなく、3年を6年と「盛って」しまったのですよね。 この学生が企業から内定を頂けたのは、彼の狙い通り「6年間野球部に所属の粘り強さ」が買われたのでしょうか。履歴書では、その部分は一読されることでしょうが、内定まで進むためには、もっと他の部分を見られているはずです。面接で、この学生の生真面目さや、この企業へ入りたいという熱意が伝わり、大きく評価されたと考えられます。 彼は、もっと自信を持って、ありのままの部活動歴をアピールしてよかったのです。実際に中学・高校時代の部活動が、この人の人格形成に影響していると考えられますし、面接を通過できたのですから。 「野球部に所属6年」が採用の条件であったなら別ですが、そうでないなら、バレたとしても内定の取り消しまではいかないでしょう。けれども、この学生は履歴書に「盛った」ほんのちょっとのことで、こんなに悩み、それだけでも本人にとって大きなダメージですし、この後に入社となって社会人としてスタートしても、ずっと付きまとう不安となるかもしれません。このような負の重荷は背負わない方がよいのです。例えばこの学生なら 「中学では野球部に所属しました。先輩との人間関係や、顧問の先生と合わずに悩んだこともありましたが、辞めることなく3年間、粘り通しました。自分で選んだ部活を続け、野球の素晴らしさも経験でき、私は成長できたと思います。」 というふうに書くとよかったでしょう。

学歴・資格 履歴書に書いた嘘が入社後にバレたらどうなるのか? 判例をみよう

実際に、履歴書に虚偽記載をしたことが原因で解雇される例は起きており、裁判例もあります。法律の観点から見てみましょう。

プログラミング能力があるかのように詐称した例

Java言語のプログラミング能力がほとんどなかったにもかかわらず、経歴書に多数の会社でプログラム開発に従事し、Java言語のプログラミング能力があるかのような記載をして、採用時の面接においても同様の説明をしたというケース(東京地裁平成16年12月17日判決)では、職歴詐称で懲戒解雇が認められました。

高校中退を記載しなかった例

学歴詐称に基づく解雇が有効とされた代表的な事例 ~ 正興産業事件(浦和地川越支決平6.11.10 労判666-28) 自動車教習所で指導員として勤務していた労働者が、高校中退を高校卒業と偽り職務に就いていたが、学歴詐称が発覚し、懲戒解雇になった事例。

大学中退を記載しなかった例

労働者が大学中退なのに高卒と履歴書に記載し、採用面接の際にも同様のことを述べたことが、懲戒解雇事由にあたると判断されたケースがあります(最高裁第一小法廷平成3年9月19日判決)。この会社では、旋盤工やプレス工については、職務内容および他の従業員の学歴との釣り合いのため、募集条件を高卒または中卒の者としていました。

中退・退学・休学があった場合は記載しなければいけない

高等学校や大学を中退した場合、その経歴は記載しなければなりません。そのとき、適切な理由とともに書きます。長く説明を書く必要はありませんが、「家庭の事情により」や「留学のため」などの簡潔な文章にし、補足を加えて適切な事情、もしくは目的があった旨を伝えましょう。もちろん、面接で聞かれる可能性も高いですので、その経験が自分の人生にどのような意味を持ったのか、その答えも用意しておく必要があります。

学校を中退した場合は履歴書の学歴欄に「中途退学」と書き、プラス思考で理由を書く

初回公開日:2016年10月31日

記載されている内容は2016年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング