IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デリカシーがない人の特徴と心理・デリカシーがない性格を直す方法

初回公開日:2017年01月10日

更新日:2020年06月10日

記載されている内容は2017年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

「デリカシーがない」とは、どのようなことなのでしょうか?また、デリカシーがない人とは、どういう人を指すのでしょうか?このページでは、「デリカシー」をテーマにして、デリカシーがない人の特徴や改善方法、付き合い方などをご紹介しています。

デリカシーがない人の短所

長所があれば、勿論反対の一面である短所も存在します。短所は、どんな性格や個性にも存在するものですが、「デリカシーがない」という性格の場合は、どういった短所が考えられるでしょうか? デリカシーがない人の短所として、他人の感情や気持ちに疎いという点が挙げられます。「こう言われたら相手はどう思うのか」「今、相手はどんな思いなのか」といった他人の感情や気持ちの変化に疎く、それ故に「デリカシーがない」と見做されるような言動を取ってしまうのです。 知らず知らずのうちに他人を傷つけてしまう可能性があるので、少しずつ他人の気持ちを意識できるよう、努力することをおすすめします。

デリカシーがない性格を改善する方法【1】:相手を意識する癖をつける

「デリカシーがない」という個性にも、実は隠れた魅力がたくさんあることを上記でご紹介しましたが、欠点や短所と呼べる部分があることもまた、事実です。 そこで、「デリカシーがない」という個性の欠点や短所を改善する方法をご紹介していきます。 デリカシーのなさを改善するのに、相手や他人を意識する癖をつけるのも、おすすめの方法の1つだと思います。 デリカシーがないと言われる人は、相手の気持ちや言動を考えない言動を取っている可能性が高いと言われています。 周囲の状況や他人に対して興味がないという人も多く、そもそも他人の言動を気にしていない場合もあります。 その為、他人の存在を意識したり、相手の気持ちを積極的に汲み取ろうとしたりする癖をつけると、欠点を改善できると考えられます。 癖とは、すぐに身につくものではありませんが、何か発言をしたり行動に移したりする際に、相手の存在や気持ちを考えるよう、意識してみましょう。

デリカシーがない性格を改善する方法【2】:積極的にコミュニケーションを取る

また、積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢も、デリカシーのなさを改善するには必要です。 コミュニケーションとは、話すことだけではありません。相手の表情や眼差し、動作などにも注目することが大切。 積極的に相手と話し、表情や反応などをしっかり受け止めるようにしてみましょう。 次第に、相手との距離感がつかめるようになったり、どんなことを言われると相手は不快に思うものなのかわかるようになったりしてくるかもしれませんよ。

デリカシーがない性格を改善する方法【3】:謙虚になる

相手が不快に思う発言をしてしまったり、相手を傷つけるような行動を取ってしまったりするのは、自分本位になりすぎているからかもしれません。 確かに、自分の存在というのは大切なもの。しかし時には、自分よりも相手を優先させて考えたり行動したりすることも、時には必要です。 「自分が1番」「自分が誰よりも大切」という思いがあると、ついついデリカシーのない言動を取ってしまいがち。 少し謙虚になって、時には相手を他人を優先させて動くようにすると、デリカシーのなさを改善できる可能性があります。

デリカシーがない人との付き合い方【1】:本音を言う

では、周囲にデリカシーがない人がいた場合、どのように付き合っていけば良いのでしょうか? 付き合い方の1つとして、思い切って本音を言うことも大切です。 デリカシーがない人は、悪気があってデリカシーに欠けた言動を取っているわけではありません。自分が失礼なことや人を不快にすることを言っている自覚がない場合もあります。 その為、嫌なことや不快なことは、はっきり言わないといつまでも気付いてもらえない可能性も。 デリカシーがない人の言動で度々困ることがある場合は、思い切って指摘したり本音を言ったりしてみましょう。 案外、快く受け入れ、改善してくれるかもしれませんよ。

デリカシーがない人との付き合い方【2】:適度に付き合う

デリカシーがない人の言動を一々真に受けて、毎回不快な思いをしたり傷付いたりしていると、次第にその人のことを嫌いになってしまう可能性があります。 もし、なかなか言動が改善されないデリカシーがない人が周りにいるようなら、適度に付き合うようにすることをおすすめします。 また、その人の言うことは受け流すようにし、「そういう感性の人だから、仕方ない」と開き直ると、イライラしたりショックを受けたりしないで済みますよ。

空気を読んで、脱・デリカシーがない人

関連タグ

アクセスランキング