IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

よく使われるビジネス用語一覧・メールうや電話でのマナー

更新日:2020年08月14日

メール

ビジネスシーンでは欠かせないビジネス用語を、一覧にして完全網羅!職場で飛び交うあの言葉たちの意味が理解できるようになります。職場での会話に限らず、メールや電話でも正しいビジネス用語を使えるようになり、ステップアップを目指しましょう!

ビジネス用語は知っておくべき

皆さんは、仕事中にどれくらいビジネス用語を使っていますか?新入社員の方などは特に、上司などから聞いたことのない言葉を言われて困ってしまうこともあるのではないでしょうか。今回は、よく使われるビジネス用語の紹介と、ビジネス用語をメールや電話で使う際のマナーや注意点について紹介させていただきます。 一般的によく使われるビジネス用語とその意味を以下にまとめました。知っている人も今一度、使い方があっているかどうかを確認するつもりで参考に見てみてください。

アジェンダ

アジェンダとは、「計画」「予定」もしくは、「予定表」のことを指します。用例としては、「スムーズに遂行するために、全体でアジェンダを共有しておきましょう」「とりかかる前にアジェンダを作ってください」などといった使われ方をします。計画そのもののことを指すこともあれば、場合によっては計画表のことや、具体的なスケジュールの日程を指すこともあるため、臨機応変に読み取りましょう。

アセット

アセットとは、「資産」や「財産」といった意味の言葉で、ビジネス上では「強み」として使われることが多くあります。用例としては、「わが社の、~といった技術は、最大のアセットである」といった使い方をします。あくまでもビジネス上の強みとして言われてることが多いため、例えば「君のアセットは何か」と聞かれた場合は、単なる長所ではなく、ビジネス上で活かせる強みを問われていることになります。

エビデンス

エビデンスとは、「証拠」といった意味合いで使われます。主に、会議中の発言や決定事項について、後々になって言った言わないの事態に陥らないように、「議事録にしっかりエビデンスを残しておきましょう」といった使い方をすることが多いです。チームで仕事をしたり、取引先との共同開発など、人や取り決め事項が多い職種の人には特に重要な言葉です。

オンスケ

オンスケとは、「オン スケジュール」の略で、予定通りに業務が遂行されている状態を示します。用例としては、「今のところオンスケです」といった使い方が通例です。

リスケ

リスケとは、「リ スケジュール」の略で、もともとは金融業界のみの言葉でした。もとは借金の返済を当初の返済予定通りに行えない場合に、債権者と債務者が再度スケジュールを組みなおすことを指していましたが、最近では、オンスケできない場合に、再度スケジュールを組みなおすという意味合いで「このままでは、間に合わないからリスケしよう」や「今日の会議は、リスケすることになりました」といった風に、金融業界以外でも、単なるスケジュールの組みなおしという意味でつかわれることが増えてきました。

ペンディング

ペンディング、またはペンディングペンド、またはペンドは、「いったん置いておく」「保留」といった意味で使われます。ビジネス用語として、「その件はペンドで」といわれた場合は、いったん保留するという意味になります。例えば、何か決め事があるときなどにそれを決定する重役がおらず、最終決定が出来ない場合などに「いったんこの場ではペンドして、後日決定しましょう」などといった使い方をすることが多いです。

コンプライアンス

コンプライアンスとは、「法令順守」という意味です。企業の人間である以上、公私ともに企業の名を背負っている意識を高く持ち、法令の遵守は鉄則です。特に最近では飲酒運転などで企業名が取り上げられることもありますから、「コンプライアンスを徹底すること」といった風に唱えられることが多いです。

サマリー

サマリーとは「要約」という意味です。または、データ統計などを集約した資料のことを指すこともあります。主に使われる用例としては、「資料の作成の前に、まずはサマッてそれを見せて」などといった言われ方をします。この場合は、「資料を作る前に、資料作成上のポイントを要約としてあげて、資料作成の着手前にそれを一旦確認させてくれ」という意味になります。

タスク

初回公開日:2017年01月10日

記載されている内容は2017年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング