IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

器が小さい人の特徴と行動・小さいと思われる原因・改善方法

更新日:2020年11月09日

コミュニケーション

小さい事にこだわったり、仕事で成功した人に嫌味を言ったりする器が小さい人っていますよね。出来れば器が小さい人とは思われたくない物ですね。今回はそんな器が小さいと思われてしまう人の特徴と行動と器が小さいと思われないようにするための改善点について解説していきます。

器が小さいと思われてしまう人の8つの特徴・行動

器が小さい人と思われたくはありませんよね。器が小さいと思われてしまうのは一体どういう人の事を言うのでしょうか。器が小さいと思われてしまう特徴や行動を挙げていきます。

①他人の成功を喜べない

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動1つ目「他人の成功を喜べない」です。 器が小さいと思われてしまう人は他人が仕事で成功した事を喜べない人もいます。 例えば仕事で営業成績が部署の中で一番で上司から褒められている同僚を見ても「おめでとう」の一言も言えないのです。

嫌味を言う

祝いの言葉は言わないのですが、嫌味な事を言ってしまいます。 「たまたま運が良かっただけだ」等と嫌味な事を言ってしまうと器の小さい人と思われてしまいますのでやめた方が良いでしょう。 このように器が小さいと思われてしまう人は他人の成功を喜べません。自分より他の人が目立つのが嫌なんですね。

②人を褒める事ができない

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動2つ目「人を褒める事ができない」です。 器が小さい人は同僚や後輩や部下が仕事で成功しているのを見るとイライラしてしまいます。 良い先輩や上司なら部下が成功したら一緒に喜び褒めますが、器が小さいと思われてしまう人は褒めません。褒めても余計な一言が付いてくるでしょう。 自分より目立つ事をされるのが嫌いなので褒めません。

③利益に固執する

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動3つ目「利益に固執する」です。 器が小さいと思われてしまう人は自分にとって得になる事しかしません。自分にメリットの無い事は何もしようとしないのです。

自分にメリットが無いと何もしない

例えば誰かが仕事で困っていても自分にとってメリットが無いと何もしませんし、動こうとしません。会社という組織で働いているのですから、協力して助け合う事も会社のためです。 それでも器が小さいと思われてしまう人は自分にメリットが無いのなら行動しません。

④怒りっぽい

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動4つ目「怒りっぽい」です。 器が小さいと思われてしまう人は怒りっぽい短気な人が多いです。器が小さいと思われてしまう人は物事をネガティブに捉えがちですのでストレスをため込みやすいのです。

初回公開日:2017年01月10日

記載されている内容は2017年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング