器が小さい人の特徴と行動・小さいと思われる原因・改善方法

コミュニケーション

小さい事にこだわったり、仕事で成功した人に嫌味を言ったりする器が小さい人っていますよね。出来れば器が小さい人とは思われたくない物ですね。今回はそんな器が小さいと思われてしまう人の特徴と行動と器が小さいと思われないようにするための改善点について解説していきます。

更新日時:

器が小さいと思われてしまう人の8つの特徴・行動

器が小さい人と思われたくはありませんよね。器が小さいと思われてしまうのは一体どういう人の事を言うのでしょうか。器が小さいと思われてしまう特徴や行動を挙げていきます。

①他人の成功を喜べない

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動1つ目「他人の成功を喜べない」です。 器が小さいと思われてしまう人は他人が仕事で成功した事を喜べない人もいます。 例えば仕事で営業成績が部署の中で一番で上司から褒められている同僚を見ても「おめでとう」の一言も言えないのです。

嫌味を言う

祝いの言葉は言わないのですが、嫌味な事を言ってしまいます。 「たまたま運が良かっただけだ」等と嫌味な事を言ってしまうと器の小さい人と思われてしまいますのでやめた方が良いでしょう。 このように器が小さいと思われてしまう人は他人の成功を喜べません。自分より他の人が目立つのが嫌なんですね。

②人を褒める事ができない

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動2つ目「人を褒める事ができない」です。 器が小さい人は同僚や後輩や部下が仕事で成功しているのを見るとイライラしてしまいます。 良い先輩や上司なら部下が成功したら一緒に喜び褒めますが、器が小さいと思われてしまう人は褒めません。褒めても余計な一言が付いてくるでしょう。 自分より目立つ事をされるのが嫌いなので褒めません。

③利益に固執する

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動3つ目「利益に固執する」です。 器が小さいと思われてしまう人は自分にとって得になる事しかしません。自分にメリットの無い事は何もしようとしないのです。

自分にメリットが無いと何もしない

例えば誰かが仕事で困っていても自分にとってメリットが無いと何もしませんし、動こうとしません。会社という組織で働いているのですから、協力して助け合う事も会社のためです。 それでも器が小さいと思われてしまう人は自分にメリットが無いのなら行動しません。

④怒りっぽい

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動4つ目「怒りっぽい」です。 器が小さいと思われてしまう人は怒りっぽい短気な人が多いです。器が小さいと思われてしまう人は物事をネガティブに捉えがちですのでストレスをため込みやすいのです。

質問しただけで怒る

そのため何かわからない事があって質問をすると「そんな事も分からないのか!」と怒り出してしまいます。 まだ教わってない仕事について質問しても「さっき教えただろう!」と怒られてしまいます。 このように質問しただけでイライラをぶつけてきます。

⑤他人のせいにする

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動5つ目「他人のせいにする」です。 器が小さいと思われてしまう人は他人のせいにします。例えば自分がしてしまったミスなのに、「私は何もしてませんよ。彼に頼んだはずです。」と言い訳をして他人のせいにします。

自分が悪いのに人に責任を擦り付ける

器が小さいと思われてしまう人は、自分が失敗した事を自覚しているんです。自覚してはいても自分がミスをした事を認めたくないのです。 そのため誰かに責任を擦り付けて責任転換をしてしまうんですね。

⑥人の評価を気にする

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動6つ目「人の評価を気にする」です。 器が小さいと思われてしまう人は人の評価をすごく気します。自分は誰よりも優秀でありたい、誰かに悪口は言われたくない、そんな風に思っています。

承認欲求が強い

器の小さい人は承認欲求が強いんです。誰かよりも目立ちたい、誰かよりも認められたいし、上でありたいと思っているんです。 そのため他人からの評価を気にするんですね。

⑦気に入らない人を無視する

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動7つ目「気に入らない人を無視する」です。 器が小さいと思われてしまう人は気に入らない人がいると無視してしまいます。挨拶をされても無視したり、仕事について聞かれても無視してしまいます。

プライドが高い

器が小さいと思われてしまう人は誰よりも一番でありたいというプライドがあるので、自分よりも目だったり優秀だと感じたら気に入らないので相手を徹底的に無視します。プライドが高いんですね。

⑧批判が多い

器が小さいと思われてしまう人の特徴・行動8つ目「批判が多い」です。 器が小さいと思われてしまう人は人を批判が多いです。例えば同僚のミスを見つけたら徹底的に批判します。 それがどんな小さなミスであっても批判します。自分がミスをした場合は隠そうと必死になるくせに人の批判だけはします。

批判する事で優越感を得る

器が小さいと思われてしまう人はプライドも高いため、相手を批判する事で優越感を得るために相手を批判するのです。 批判する事で自分は大丈夫だと安心したかったり、優秀だと思い込みたいのです。そのため批判が多いのです。

器が小さいと思われないようにするための3つの改善点

器が小さいと思われないようにするための改善点はどんな事なのでしょうか。解説していきます。

器が小さい人は器が大きい人を目指そう

器が小さいと思われないようにするために目指すべきは器が大きい人を目指す事です。器が大きい人がしている事をすればいいのです。 では器が大きい人はどんな事を心がけているのか解説していきますので、参考にして器が大きい人を目指してみましょう。

①多様性を受け入れる

器が小さいと思われないようにするための改善点1つ目「多様性を受け入れる」です。 世の中にはたくさんの価値観や考えを持った人がいます。自分が持っている価値観や考え方だけが正しいわけではありません。

人の価値観と自分の価値観は違う

あなたが考えている正しいと思っている事は別の人から見たらまったくどうでもいい正しさかもしれません。それくらい世の中にはたくさんの人が居てたくさんの価値観や考え方で生きています。

拒絶せずに受け入れる事

それらを否定したり拒絶したりするのではなくそうした多様性を受け入れる事も大事なのです。多様性を受け入れる事ができれば、あなたも少しずつ新しい見方が出来たり、今までこだわっていた事がバカバカしく思えてくることもあります。 まずは自分と違った考え方をする人の話をよく聞いて、よく考えて見るといいかもしれませんね。

②どうでもいい拘りを捨てる

器が小さいと思われないようにするための改善点2つ目「どうでもいい拘りを捨てる」です。 器が小さい人の中には変な拘りを持っている人もいます。 「こうしなくてはいけない」「これはできて当たり前だ、できないのはおかしい」等自分の中で決めつけている物はありませんか? そうした拘りの中で生きているとストレスがが溜まりますし、周りの空気も悪くなります。

拘りを捨てて広い心を持とう

あなたの拘りは他の人にとってはどうでも良い事だったりします。その拘りを押し付けられた方はいい迷惑です。どうでもいい拘りを捨てて、広い心を持ちましょう。

③人のせいにしない

器が小さいと思われないようにするための改善点3つ目「人のせいにしない」です。 器が小さい人は自分で責任を取ろうとしません。あなたのミスで誰かが責任を取らされるなんて迷惑ですよね。 自分でやったミスは自分で責任を取り、けじめをつけるべきです。他の人に擦り付けて逃げるなんて卑怯です。 器の大きな人を目指すのなら人のせいにする責任転換をやめましょう。自分のミスは自分で責任を取って自分で処理できるようになりましょう。 このように人のせいする事を辞めて変わる事ができれば、あなたも器の大きな人に近づけるはずです。

器の大きい人を目指しましょう!

いかがでしたか。今回は器が小さいと思われてしまう特徴や行動、器が小さいと思われないようにするための改善点について解説してきました。 器が小さい人はとにかく自分が一番でいたい人で他人が成功しているのを見ると嫌味を言いたくなったり、無視したくなったりととにかくマイナスな物が多いです。 見ている周りの人も器が小さい人を見て呆れてしまうでしょう。 そんな風になりたくないなら、器が大きな人を目指し、自分とは違う価値観を受け入れたり、拘りを捨てていく事で自分を変える事で、様々な事を受け入れる事ができる心の広い、器が大きいな人になれるのです。 あなたも小さな事に拘るのをやめて器が小さい人をやめて器が大きい人を目指しましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)