IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

20代女性の転職に人気の仕事・おすすめの資格・面接での転職理由例

転職事情

今回は20代の女性に人気の仕事、おすすめの資格、事務職に転職する方が多い理由、面接での転職理由例をご紹介します。「会社の待遇・人間関係に不満がある」「キャリアアップしたい」など様々な理由で転職を考えている20代の女性の方は参考にしてみてください。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 20代女性に人気の職業は「事務職」「営業職」「技術職」
  • 特に「事務職」は未経験でも転職しやすいので人気がある
  • 転職エージェントを有効活用して、自分にぴったりの仕事を見つけよう

20代の女性に特に人気の職業は事務職。未経験OKの募集も多く、誰でもチャレンジしやすいのが人気のポイント。 これから転職をしたいと考えているあなたは、転職エージェントを活用して転職にチャレンジしてみましょう。特にマイナビエージェント」は、20代向けの求人が多くあるのでおすすめ。事務職はもちろん、営業職や技術職の求人も豊富にありますので、まずは登録してみましょう。

20代の女性の転職に人気の仕事

20代の女性の転職に人気な職業:安定した収入・残業が少ないと人気な「事務職」

20代女性に人気の職業は「事務職」です。特に一般事務は仕事と生活のバランスが取りやすいで仕事として人気です。収入は安定しており、残業も少なく提示帰れることが多い点も魅力です。 データ入力や書類のファイリング、電話や来客の対応、出張するスタッフのためにホテルや航空券のチケットを手配したりと仕事の範囲は幅広いです。 効率よく仕事を進めるためにWord、Excel、PowerPoint等のパソコンスキルは必須です。また、電話や来客の対応など部署内外の人と接することも多いので明るい応対や心配りが求められる仕事です。

20代の女性の転職に人気な職業:たくさん稼ぎたい女性に人気な「営業職」

20代の女性に人気な職業の1つは「営業職」です。未経験者を歓迎している企業が多く、今まで他の業界にいた人でも転職しやすいです。歩合制を採用している企業が多いところも特徴で、仕事の成果が収入に反映されるので、とてもやりがいを感じる仕事です。 営業職は勉強では身につかないスキルがたくさん獲得できる仕事です。簿記は勉強すれば獲得できますが、営業ではコミュニケーション能力や提案力、企画力、交渉力、信頼関係の構築力などを実務経験を通して身につけることができます。 意外に知らない人が多いのですが、企画職や人事、マーケティングの仕事は営業を経験してからでないと就くことができません。 たとえば、企画職はただ企画すればいいのではなく、「売れる商品」を企画しなければいけません。売れる商品を知っているのは誰かというと、会社ではなくお客様です。 そのお客様を会社の中で知ることができるのが営業職なので、まずは営業で現場に出て自社の商品やお客様を知ることが大切なのです。

20代の女性の転職に人気な職業:手に職をつけたい女性に注目されている「技術職」

20代の女性に人気のある職業は「技術職」です。職種に応じた専門的な知識が求められる仕事ですが、一度スキルを獲得すれば再就職がしやすいです。 技術職に分類される仕事としては、システムエンジニア、研究開発職、建築士、看護師、介護福祉士、自動車整備士などの職種が挙げられます。 経験者や有資格者を優遇する企業が多いので、他業界から転職する場合は難易度はやや高めです。ただ長期的に働く意思や、仕事に対して積極的な姿勢を見せることで将来性を評価してもらえることがあります。 また、国家資格であれば結婚や出産で一度退職しても、再就職しやすいことが最大のメリットです。

持っていると便利なおすすめの資格

20代の女性の転職におすすめの資格:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

事務はもちろん、ビジネス関係につく人はPCスキルは欠かせないものです。未経験の方でも、ExcelやWord、PowerPointなどを使用した事務処理で使うソフトを的確に扱うことができるという証明をするためにマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は非常に有効な資格です。 世界的に行われている資格試験で、世界共通の「合格認定書」や「デジタル認定書」により、日本だけでなく世界にも通用します。 各アプリケーションソフトの様々な機能を効果的に使いこなすスキルが身につきますので、職場でパソコンを使った業務や作業の効率化を図ることができます。

20代の女性の転職におすすめの資格:秘書検定

秘書業務に限らず、社会人一般のビジネスマナーを身につけていることを証明する資格です。 一般常識やコミュニケーション能力、ビジネスマナー、ビジネス文書の作成、敬語の正しい使い方、電話応対など社会で必要とされるスキルを身に付けることができます。

20代の女性の転職におすすめの資格:日商簿記検定

日商簿記検定は、会計知識の基礎となるもので、業界・職種問わず、幅広く知識を身につけたい方におすすめです。簿記の知識を身につけておくことで、公認会計士や税理士など多用な資格取得に有利になります。 簿記3級は「簿記の基礎知識がある」レベル、簿記2級は「企業の財務担当者として必要な知識があり、株式会社の経営管理に役立つ」レベルで企業から認識されます。管理職や経理を目指す方は2級は取得しておくことをおすすめします。

20代の女性の転職におすすめの資格:TOEIC

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共有のテストです。厳密には資格ではありませんが、外資系企業に就職、転職にはTOEICのスコア提出が必須とされています。 TOEICは何級などの「級」の合否ではなく、10点から990点の点数で評価されます。 スコアが常に評価基準が統一されるように統計処理が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれるのが特徴で、また、国によって文化の違いや言い回しなどは排除されるので「世界共通の基準」となるテストです。

20代の女性の転職におすすめの資格:医療事務

医療機関における事務の資格で、医療費の計算を厚生労働省が定めている点数などを計算するなど専門性が高い資格です。 外来受付、医療費の会計、レセプトの作成・カルテ管理だけでなく、患者さんの対応も含まれいているので一般事務に比べると対人スキルが求められます。 医療機関は日本全国どこにでもあるので、転職の選択肢は非常に多くなっています。

20代の女性の転職におすすめの資格:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーはお客様のお金に関しての総合的なライフプランを設計するため、お金に関する幅広い知識を提供することが主な仕事です。 相続、贈与、事業継承、保険の見直し、不動産の有効活用、リスクや利益性を考慮した資産運用を専門知識を活かしてライフプランを立てるお手伝いをする国家資格です。 企業に就職する場合は、税理士、会計事務所、金融関係、保険会社、不動産会社など様々な職場があります。

20代の女性の転職におすすめの資格:ITパスポート試験

ITパスポートはITに関する基礎知識が証明することができる国家資格で「経営戦略(ストラテジ系)」「情報管理(マネジメント系)」「情報技術(テクノロジ系)」の3分野から構成されています。 ITに関する知識だけでなく、財務、法務、経営戦略やマーケティング、財務会計、法務など経営に関する基礎知識を学ぶことができます。 IT関係に勤めたい人は是非とっておきたい資格になります。

20代の女性の転職におすすめの資格:宅地建物取扱士

男性並みの仕事と給料を望むことができる資格で、不動産業界では欠かせない国家資格です。 宅地建物取引士は、不動産を買う際に必ず重要説明事項を説明したり、契約書の作成をする必要があります。宅地建物取引しを持っている人は不動産業界では最優先で採用される場合が多いです。 また、不動産業界だけでなく、不動産を担保に融資を行う際、宅地・建物の評価をする必要がある銀行や保険、証券会社など金融業界でもこの資格を活用できます。

20代の女性の転職におすすめの資格:介護福祉士

介護福祉士は介護に関する専門知識や技術を持って、身体上または精神上に障害を持っている日常生活に支障がある人に対して援助するのが仕事です。 介護の現場日に働く人にとってとても重要な国家資格です。ヘルパーなどと違い、専門的な知識と経験が求められるので将来に渡り、介護現場で必要とされる資格です。

20代の女性が事務職に転職するのが多い理由

20代の女性の方で事務職に転職する方が多い理由は、誰でもチャレンジすることができるのにさほどハードルが高くないことでしょう。企業によって「未経験OK」の募集を出しているケースも多く、事務未経験の方でも仕事を始めやすいのが挙げられます。 他にも挙げられる理由として、デスクワークの仕事なので体力に自信がない人でも長く働くことができ、仕事が続けやすいということもあるでしょう。 また定時の勤務時間や土日、週末に休みを取りやすいので、生活環境に合わせて働きやすいというのも理由の一つだと考えられます。

20代女性の面接での転職理由例

面接の時、転職したことがある人は必ず転職理由を聞かれます。 「新しい仕事に挑戦したい」「キャリアアップしたい」という前向きな理由でも「何のために、何がきっかけでそう思ったのか」と言う明確な退職の目的を伝えないといけません。転職理由を明確に伝えるためにいくつか転職理由例を紹介します。

20代女性の面接での転職理由:退職理由

「営業企画として、現場と経営を繋ぐポジションとして挑戦したいと入社したのですが、それができなくなったからです」 「上司と相談したものの、現在の会社では組織的に難しいとわかったので退職を決意しました」 退職理由で人事が気にするのは「ちょっとした不満ですぐにやめてしまわないかどうか」です。退職した会社では希望が実現できないことを明確にして説明するのがポイントです。

20代女性の面接での転職理由:人間関係がうまくいかなかった

「和気藹々とした雰囲気でチームワークよく仕事を進める企業を希望して以前の職に入社しましたがそれができなくなってしまったためです。」 「前職は想像以上に個人目標が重視され、チーム感でコミュニケーションと取ることが僅かでした。個々のコミュニケーションもギスギスしたものだったためです」 人間関係などの不満は自分の正当性を説明しても、同じことが起きる可能性が心配されます。人間関係を基準に会社を探しても入社してみないとわかりません。 やりがい、制度などいろいろな側面から自分が納得できるものを整理して人事に納得してもらいやすい理由も伝えましょう。

20代の女性が転職を成功させるためにはしっかりとした計画を立てる

記事のまとめ
  • 20代女性に人気の職業は「事務職」「営業職」「技術職」
  • 特に「事務職」は未経験でも転職しやすいので人気がある
  • 転職エージェントを有効活用して、自分にぴったりの仕事を見つけよう

20代の女性は体力的にも余裕があり、勉強する時間がたっぷりあります。今まで見つけることができなかった新しい発見が必ず見つかります。 しかし、むやみに転職を繰り替えすのは自分の経歴に傷をつけてしまします。自分は何がしたいいのか、この先仕事を続ける上で何を優先するのか転職前にしっかり整理しておきましょう。 また転職する際には転職エージェントを活用して面接対策や履歴書の書き方を勉強しておくことも大切です。 転職を考えている方、現在転職をされている方が自分にぴったりな最高の転職ができることを陰ながら応援しております。

関連タグ

アクセスランキング