秘書検定2級の難易度・合格率・必要な勉強時間・就職に役立つ?

マネジメント

はじめて秘書検定を受検する際に、2級と3級どちらを受検するか迷うのではないでしょうか。秘書検定2級の難易度や合格率はどの程度なのか知っていますか。今回は、秘書検定2級の難易度や合格率、秘書検定2級は就活の際に役に立つのかについてまとめました。

更新日時:

秘書検定2級の難易度は?

まず秘書検定2級は、社会に出て仕事をする上で誰もが知っておきたい常識を問われます。ですので、勉強を始める前から、どこまで理解しているのか、どの分野の知識がないのか、によって難易度は変わってきます。 一般的には、テキストを読み込んで学んでから覚える、ということが基本の資格なので、暗記が得意な人はあまり難しく感じません。逆に、暗記が少し苦手だ、得意ではない、という人は少し難易度が高いように感じられます。 例えば、資料のファイリング作業の手順は、過去に経験したことがあればそこまで難しく感じることなく、復習というかたちで暗記してしまえば、ファイリングの問題が出たとしてもその分野では満点を取れるでしょう。 しかし、香典についての知識は全くないという場合は、全て一から学び、暗記しなくてはいけません。憶えることが多いと、量によっては時間がかかるかもしれません。生活のなかで実際に関わったことがない分野だと、暗記は一気に難しく感じます。 このように、過去にその分野に関する知識が少しでもあれば、その知識と関連づけて新しい知識も簡単に憶えることができる可能性がありますが、全く知識がない分野の場合は時間がかかることがあり、一から全て憶えなくてはいけません。知識のある分野が多ければ多いほど、勉強は効率良くスムーズに進みやすい試験内容です。

秘書検定2級の合格率は?

秘書検定2級の合格率は、平均で50%前後となっています。テキストをしっかり読み込み暗記できていれば、問題なく合格することが可能な試験ですが、全てを暗記できていなかったり、なんとなくで暗記していると、合格は厳しくなってきます。それぞれの分野をしっかりと理解して暗記しておく必要があります。

3級と2級、迷ったらどちらを受験するべき?

3級と2級では試験内容が少し異なりますが、どちらを受験するべきか迷ったら、2級を受けて問題ありません。内容は違いますが、3級の試験内容にプラスで少しだけ分野が追加されているという違いなので、試験勉強のための時間が十分に確保できる場合であれば、初めての受験でも2級を合格することは可能です。

秘書検定2級受験のオススメのタイミングは?

秘書検定というのは主に社会に出てから役立つ知識が多いです。そのため、社会人になる学生や既に社会人として社会に出て働いている人、その中でも事務系の仕事に就いている人にオススメです。 事務の仕事をする上で必要になってくるファイリングや香典の書き方、お茶の出し方等、日常生活のなかで必要になってくる知識を学べます。学生の方は、社会人として働く前にこの検定を取得すると、社会に出てからも一般的な知識があるおかげですこし落ち着くことができるかもしれません。新入社員の頃は簡単にできるファイリングやお茶出し、備品管理を任されることも多いので、秘書検定で得た知識が役に立つ機会も多いです。また、部内の人と交流を深める際にも話題として利用できます。

秘書検定2級では、どのような問題が出るの?

秘書検定の試験は9割がマークシートなので、しっかり理解していれば簡単に答えを出すことができますが、2級の試験はなかなか難しい問題も出てきます。 例えば、このような問題が出ます。 「秘書A子の上司が、ちょっと疲れてしまったので次の予定時間まで休むと言って、今医務室にいる。次はA子が、このときにあった電話や来客に対して行ったことである。中から不適当と思われるものを選べ。」 こちらの問題ですが、まず気をつけなければいけないのが、不適切なものを選ばなければいけないことです。もちろん適切なものを選べという問題が圧倒的に多いですが、ふとしたときに不適切なものを選ぶ問題が出題されるので、要注意です。この引っかけ問題に引っかかってしまう人が毎年少なからず数名います。 そして、この問題の選択肢は4つあり、すべて長文の選択肢です。秘書検定2級の試験はもちろん試験時間が決まっています。そのため、選択肢を全て読み切るまでの時間が長すぎると焦ってしまうことがあります。読み切った後で更に悩むとなると、1問にとても長い時間を使ってしまいます。そのため、選択肢を読んでいる途中で正解だという選択肢を決め、他の選択肢を読むときに間違っている部分を見つけながら読むと時間短縮することが出来ます。この方法を、過去問題等を解きながら練習すると良いです。

オススメのテキストや問題集は?

今では多くのテキストや過去問題集が発売されていますが、やはりオススメは公式テキストと、実際の過去問題が年月日別に収録された過去問題集です。こちらも公式のものが発売されています。公式テキストは、これさえ読んでいれば合格することが可能だということを前提に発売しているので、もちろんこのテキストで勉強した方が1番効率が良いことは間違いないです。試験まで時間がない場合でも読んでおきたい1冊です。 過去問題集は、解答の解説もしっかり記載されているものが望ましいです。どうしてこの解答なのか、他の選択肢はどの部分がどのように間違っていたのかをしっかり理解できていないと、また同じ問題でミスをしてしまう可能性が高くなります。そのため、解答の解説と他の選択肢の間違っている部分まで細かく記載されているということが前提です。

合格のために必要な勉強時間は?

秘書検定2級は基本的な知識が多い中、勉強していないとわからない、やや難しい問題も出題されます。そのため、テキストをしっかり熟読し、内容を頭にたたき込むことが合格への1番の近道です。 必要な勉強時間は個人によって異なると思いますが、過去問題をすべて正解するレベルまで暗記できれば十分合格範囲内です。テキストを熟読してから過去問題に挑戦するのか、過去問題を解いてみて出題内容を把握してからテキストを読むのか、テキストの他にもネットなどを使ってより多くの過去問題、例題を解きながら分野ごとに学ぶのかによっても必要な時間は変わってきます。

独学の勉強方法はあるの?

秘書検定は主に独学で勉強する人が多く、独学で合格する人も多いです。 階級によっても違いますが、2級を独学で合格する場合は、テキストと過去問が必ず必要になってきます。これらを使って勉強すれば合格することは十分可能ですが、まだ合格できるか心配という場合は、マナーの本やインターネットページを見つけて読むことで、新しい知識を学ぶことが可能です。この方法で勉強している人は少なくなく、今では多くの人がこの方法で勉強し、合格しています。 また、テキストを完全に丸暗記した、という場合は、他の公式ではないテキストを読んでみるのもひとつの手です。公式テキストに記載されていないことが記載してあったり、試験には出ない可能性もありますが、この先必ずどこかで役に立つことばかりです。なので、試験まで時間がある、という人は本屋へ立ち寄って中身をペラペラ覗いてみるのも良いかもしれません。 自分の学びやすい方法で学ぶことが一番効率が良いため、今まで様々なことを勉強してきた中で一番自分がやりやすい、効率の良い勉強法で、同じように秘書検定も毎日少しずつでも学ぶと良いです。

オススメの勉強方は?

オススメは、時間がある通勤時間や待ち合わせまでの時間、過去問全てを解く時間はないけれど、少し時間がある、という場合に、過去問を1問解く度に解答と解説を読みながら進めていく方法です。予習・復習になりますし、少しでも問題を解くことによって合格への自信にも繋がります。 また、過去問題を友達に出題したり、出題してもらったりすることでいつも以上に印象に残りやすく、暗記しやすくなるという勉強法があります。友達と楽しく勉強でき、さらに暗記もしやすくなるので、とてもオススメです。

合格したら、就職のとき役立つの?

秘書検定は社会に出て働く人のための資格と言っても過言ではないくらい、社会で役立つ資格です。そのため、履歴書等に秘書検定2級と記入すると、面接などの際に面接官から秘書検定のことについて聞かれることが多いです。それほど、企業としても取得している人に注目しています。 社会に出れる一般常識があります、ということが証明できる資格ですので、取得して損することはありませんし、役に立つことばかりです。就職の際には自分から進んで取得していることをアピールしても嫌な顔はされません。 好感を持ってもらえる資格なので、就職の際にはとても役に立ちます。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)