新卒とは違う!転職時に設けられている筆記試験の役割・試験対策方法

転職ノウハウ

新卒の就職活動でも、中途採用の就職活動でもある筆記試験。転職のときにもなぜあるの?どんな対策を取れば良いの?って思う方も多いと思います。今回は、転職の際に行われる筆記試験の役割や、筆記試験の対策についてご紹介いたします。

更新日時:

転職と新卒の筆記試験の役割は違います

新卒の筆記試験や適性試験は、数多くの応募者をふるいにかけて選考を効率よく行うことや採用後の部署配属の適性などをみるための役割を担っています。そのため、適性試験の成績などは、大きく重視されることはありません。 しかし、転職の場合は、募集部署の枠も限られているため、その応募者がその部署に適性があるのかやその部署に見合った能力があるか等、採用に直結する部分を見る役割があります。

転職の筆記試験は選考を進める上で非常に重要です

上記で述べたように、転職時の筆記試験は職務経歴書などの書類選考と同じくらいに、シビアにチェックされることが多いです。適性検査の結果1つで次の選考に進むかの可否に直結することもあるため、抜かりなく対策を行う必要があります。また、筆記試験も一般教養や基礎能力を判断するための重要な項目であるため、とてもシビアにみられることが多いです。

転職の筆記試験で主に出される内容

次の選考に進むうえでとてもシビアにみられる転職試験。この転職試験で主に出される内容は3つあります。 ・適性検査 ・一般常識テスト ・論文・作文

適性検査

適性検査は、募集する職種に本人の適性が合うかについての検査です。 主に行われる内容は、新卒の際に行われるSPIやクレペリン検査などの簡単な問題や単純なテストを行います。 これらのテストで、本人が募集する職種に適った人物であるのかや、本人の処理能力などが適っているかなどを判断します。 主にみられる項目は、性格、文章処理能力、論理力、演算処理能力など、実務に直結する項目をみられることが多いです。

一般常識テスト

一般常識テストは、漢字や数学や英語、時事問題などを主に出す企業が多いです。 これは、日々の社会情勢に関心があるかや、社会人として持ち合わせておくべき教養があるのかなど、社会人生活を行っている中で、日々情報を取り込んでいるのかについて見られるテストです。

論文・作文

論文や作文は、文章を論理的に書くことができているかについて見られていますが、内容によっては、本人の考え方や人格などを判断する材料になることもあります。 内容は、論文というより作文的なテーマが多いです。 例えば、「コミュニケーションの大切さ」や「座右の銘」「社会人にとっての仕事」また、志望する企業の属する業界についてなど、テーマは幅広いです。 これについては、事前に内容を教えてくれて考える時間を設けてくれたり、面接時に渡されて、後日郵送で提出など、企業によって実地方法は異なります。

転職時に行われる筆記試験は求められるレベルも高いです

転職時に行われる筆記試験は、新卒の筆記試験に比べて得点も高いレベルのものを求められることが多いです。例えばSPIでは、9割近くのスコアを求められることもあり、一般常識テストも同じです。 そのため、企業の足切り点もとても高いため、面接や書類選考の対策と同じくらいの対策を行っておくことが必要と言えます。

転職時の筆記試験の時期は企業によって様々

転職時の筆記試験は、新卒とは違い実地される時期が様々です。 新卒採用で多くあるように、書類選考の後に行われるケースや、面接に進んだ後に行われるケースもあります。 これら2つでは役割も少し違います。これらの役割について紹介します。

書類選考後に行われるケース

面接前に行われる場合は、面接のときの話のネタに使われることや、足切に使われることもあります。このケースの場合は、多少の筆記試験の失敗でも面接に進むことができる場合もあります。

面接後に行われるケース

このケースは、人事情報として新卒のように保管するための形式的な場合もあります。 ですが、油断をしてはいけません。採用の最終段階で最後のふるいにかけるために足切りとして使われる場合も多々あります。 この場合だと算数が8割や文章処理が8割りなどのシビアな足切りを設けてこの基準を満たさない、応募者は面接の内容問わずに不採用にするなど、シビアに着られることもあるため、油断することができません。

転職の筆記試験の主な対策

このように、転職の筆記試験は、新卒に比べて採用において見られる比重は非常に高いことが分かりました。また、求められる基準も社会人生活を行っているうえで必要な能力を問われるため、非常に高いものを求められます。そして、転職時の方が筆記試験の足切りもとてもシビアな傾向があります。ここでは、適性検査・一般常識テスト・論文の対策や傾向について、ご紹介します。

適性検査の傾向と対策

適性検査で主に出される内容は、非常に簡単な算数や文章読解などの問題や図や表の処理の問題や、簡単な性格診断が多いです。 算数や文章読解等の基礎能力を問う問題は、本人の思考力や判断力や処理能力を問われる問題のため、一朝一夕の対策では、ハイスコアをたたき出すことは難しいです。 そのため、通勤電車の30分などの隙間時間等を活用して、日々こつこつ行うしかありません。対策本は、転職の際も新卒の就職活動等で使用するテキストで十分です。 性格診断は、その募集職種に適する性格に適するかを図るものであるため、対策は難しいですが、どうしても入りたい企業であるならば、転職先の企業の募集する職種や企業の風土や雰囲気を元に適した性格を考えてそれに見合った選択肢を選べるように訓練をする方法はあります。

一般常識テスト

一般常識テストは、適性検査に比べて難易度も少し上がってかつ、主題範囲も非常に広いです。そのため、対策を行うことも一朝一夕ではなりません。 時事問題については、毎朝新聞の政治欄や経済欄を読み、日々の情勢を把握することで対策できます。また、重要記事などはスクラップなどをしておくことで試験の直前の対策とすることも可能です。 他の教養科目については、新卒の就職活動と出題内容も範囲もほとんど変わらないため、新卒用の一般常識の問題集などを解くことで対策を行うことができます。

論文・作文

この試験は、本人の文章力や表現力が問われる試験ではありません。文章の筋が通っているかやストーリーとして成り立っているのかなど、論理性が求められる試験です。 そのため、日々文章を書くことに慣れておくことがまず必要です。 それに加えて、個人の人格や性格を書くような性格診断の役割も併せ持った試験もあるため、企業を研究する際にその企業に見合った人物像について深く考えておくと、さらに有利い選考を進めることが可能です。 また、業界についてのテーマもあるため、企業研究の傍らその業界についてのテーマを想定して文章を書く練習をするなどの対策もとれます。 論文や作文の対策は、対策本なども多くないため、自分でテーマを考えてそれについて書いてみて友人などに見てもらうのがいいでしょう。その友人が人事経験者や転職を希望する業界に居ればさらにベストです。

転職の筆記試験の対策を行うべき時期

転職試験の対策は、高スコアを求められかつ、学生のように時間の自由が少ない中で面接やしょる選考の対策など多くのことを行わなければならないため、転職を考え始めた時期にすぐに行うことが必要です。遅くとも半年前から対策を行うことをおすすめします。

転職の筆記試験対策に必要な勉強時間

これは、本人の能力や対策を行う時期によって、左右されますが、一日に1時間程度の時間があれば、半年ほどで、筆記試験で足切を食らうことはないと考えられます。

転職の筆記試験対策は転職を少しでも考えたらすぐに始めることをおすすめします

転職は、新卒の就職活動とは違い、時期が定まっていません。 そのため、希望の企業の採用がいつあるかもわかりません。 だからこそ、転職を少しでも考えたら、まず始めるのは、エージェントなどの登録よりも筆記試験について考えることをおすすめします。

筆記試験対策は隙間時間を有効活用しましょう!!

仕事をしながら面接対策や職務経歴書の作成など行わなければならないため、いかに時間を有効活用するかで変わってくるものも多いです。 筆記試験対策は、面接対策のように場所を考えずに電車の中やお昼休憩などにも行うことができるため、ちょっとした時間に行ってまとまった時間を面接対策などに充てることをお勧めします。

終わりに

転職の筆記試験はシビアなうえに採用時期もまちまちのため、早め早めの対策が必要です。思い立ったら吉日とことわざのように、転職を少しでも考えた時には、即座に筆記試験対策から初めて、転職先を探してみるがお勧めです。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)