IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上司への結婚報告のメール例文・社内での報告順序とタイミング

更新日:2017年03月18日

メール

幸せな結婚生活のためにも、職場の上司や同僚には、マナーに沿った結婚報告をしておきたいですよね。今回は上司への結婚報告の仕方、社内での報告順序、口頭やメールでの伝え方についてまとめてみました。具体的な文例も載せているので、参考にしてみて下さいね。

メールで報告する場合

職場の皆様へ お仕事中大変失礼致します。 私事で恐縮ですが、この度○○会社に勤めている○○さんという方と結婚致しました。結婚式は○○ホテルにて、○月○日に行う予定です。 招待状は後日皆様の自宅に郵送する予定ですので、ご都合があれば、ご列席いただけると幸いです。 結婚後は一時休職した後、再度職場復帰する予定です。休職中は皆様にご迷惑をお掛けしますが、復帰後はこれまで以上に仕事に励む所存ですので、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。 結婚後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

結婚報告文例4.職場の同僚・友人を結婚式に招待しない場合

結婚式に招待しない場合は、上司に報告する時と同様に親族のみで行うことや、いつ式を行うのか決まってない事を伝えておきましょう。 結婚を機に退職・休職される方の場合は、時期が決まっているのであれば、合わせて報告するのが好ましいです。

口頭で報告する場合

突然ですが、この度○月に結婚することになりました。 お相手は○○会社に勤めている○○さんという方です。結婚式は親族のみで行いますが、後日2次会を開く予定ですので、ご都合が合えば参加いただけると大変嬉しいです。 結婚後も引き続き勤務する予定ですので、今後もよろしくお願い致します。

メールで報告する場合

職場の皆様へ お仕事中大変失礼致します。 私事で恐縮ですが、この度○○会社に勤めている○○さんという方と結婚致しました。結婚式は家族のみで行う予定ですので、皆さんをご招待できず、誠に申し訳ありません。 なお勝手を申し上げて恐縮ですが、パートナーの仕事の関係で、結婚後は退職しなければならなくなりました。皆様と働けなくなるのは本当に残念ですが、これまでいただいたご恩は決して忘れません。 何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

正しい結婚報告で人間関係もスムーズに

結婚報告のマナーをおさえておけば、結婚後も職場の人間関係を良好に保つことができます。仕事を続ける方であれば、結婚報告でスマートな対応をすれば、上司や周りの同僚の評価も上がることでしょう。 幸福な結婚生活を送るためにも、周りに配慮したスムーズな報告を心掛けましょうね。

ビジネスメールはこの本で抑えよう

ビジネスメールを作る際に一回一回調べていては時間の無駄でしかありません。自信がない人はもちろん、自信がある人も一度しっかりビジネスメールについての本を読んでポイントを抑えておきましょう。

初回公開日:2017年01月10日

記載されている内容は2017年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング