IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験の職種に転職する場合の志望動機・自己PRや自己紹介のコツ

職種研究

今まで未経験の職種に就職するということは とても不安ですよね。 ここでは、未経験の職種に転職をする場合の 職種ごとの志望動機や面接の際の自己 pr、 自己紹介のコツなどの他、未経験での転職の成功例などについても紹介しています。ぜひ、参考にしてください

更新日時:

未経験の職種に転職する場合の志望動機(営業・経理・人事など)

今まで未経験の職種に転職する場合の志望動機はどう書いたら良いでしょうか? 一番重要なことは応募先の会社の面接担当者に「この人物を採用した場合自分の会社にメリットがあるということを感じさせること」が大事です。 面接する側の会社も、 時間やお金、人などのコストをかけて自分の会社の業績アップに役立つ人材を取ろうとしているのです。採用した後に自分の会社に メリットをもたらしてくれる人物を面接で取りたいと考えるのは当然と言えるでしょう。 こうした観点から考えると、「自分が入社した後はこのような点で業績に貢献をしたいと思っている」という趣旨のアピールをすることが大切になります。また、それに加えて、それまで自分が経験してきた職種で得た経験なども合わせて話すことができれば、さらに説得力やアピール性が増すことになるでしょう。

希望する職種での志望動機の考え方

自分が会社にどんな貢献ができるのかわかりやすくアピールすることが志望動機で大切ということはわかりましたね。 営業・経理・人事など会社の中での役割はそれぞれ違います。ではそれぞれの志望動機について気をつける点は何でしょうか?未経験の職種に転職するということは、別の職種からの見方ができるということです。つまり、人事から見た経理であるとか、総務から見た人事であるとかいった見方ができるということです。 例えば、前職が営業職の場合、お客さんとの仕事の受注の中で、受注から入金までの一連の仕事の流れを把握しています。もしそういう人が経理へ転職する場合は、お客さんの視点から見た、サービスの良い経理処理などについて意見を出すことができるでしょう。 同じ様に、総務・経理・人事など、他の職種でも自分が経験した職種から見た改善点や感じたことなどを 志望動機の中に織り交ぜることで、説得力を増すことが可能なのです。

未経験での転職、良くない志望動機

では、転職の際に書くべきではない志望動機はどのような物があるでしょうか? 転職する際の志望動機して必要なことは「会社にどんなメリットがあるかを考える」 だということは先ほど述べた通りです。 ということは、良くない志望動機とはその逆ということが言えます。 つまり「自分にどんなメリットがあるか」について考えた志望動機は良くないということになります。 では会社側から見て、よくない志望動機というものにはどうしたものがあるでしょうか

待遇の良さを志望動機にする

「給与がよかったから」「休日がしっかりしていて、有給が取りやすいと思ったから」など 福利厚生や賃金などは気になる所ですが、それを主な志望動機にするのはやめましょう。 面接の流れから言うと経験や仕事についての話をしっかりとした後に担当者から 条件についての提示があり「こういった条件になりますが、どうでしょうか?」という話になっていきます。最初から条件の話をしてしまっては、面接担当者の側から見て「まだ、話が早い…」という気持ちにもなりますよね。 働く条件面の確認はタイミングが重要です。もし、福利厚生や給与、休日などの条件面について気になるのであれば、面接の最後の方に質問事項はあるか聞かれる事があると思うので、そのタイミングで、もし、そうした機会が無い場合は、最後に「ひとつ、ご質問があるのですが、よろしいでしょうか」などと、と切り出してみるのが良いでしょう。

社内研修について志望動機にする

「研修がしっかりしていて、入社後にしっかりと勉強できそうだったから」 …という理由も一見、勉強熱心をアピールする良い理由に見えますが、場合によっては志望動機にするのは避けた方が賢明です。 例えば、仕事への研修や勉強は会社から与えられるのを待っている、自分から進んで学ぶ姿勢が見えない点とといった「会社に育ててもらう」姿勢などの場合です。 会社はお客様相手の仕事をする場所です。基本的に学校と違い、勉強を主にする場所ではありません。最悪の場合、勉強だけして辞めるつもりか…などと思われかねません。

後ろ向きな志望動機

転職の理由が後ろ向きなイメージを与える志望動機もやめましょう。 例えば、前職は営業職だったのですが、人付き合いがあまり得意ではなかったので一人でコツコツと行うことのできる経理職を希望しました」といったような内容です。 このような志望動機の場合は、転職した後の仕事でも後ろ向きに取り組むというイメージを感じてしまいます。また新しい職場で何か課題があった場合などでも、前向きにチャレンジできない人材ととられてしまうことになります。

転職での面接時、自己紹介のコツ

以上のように志望動機は会社にどのようなメリットを与えられる前向きな人材であるか、 ということをアピールするのが大切です。 では実際の面接で最初に聞かれることになることが多い「自己紹介」についてはどのように行うのが良いでしょうか。 自己紹介は初対面の人間に、いままでの経歴や実績を知ってもらうことです。 学校の卒業後、どのような会社で何をして働いたのか、どのような場所でどれくらいの部下を持って働いてきたのかなどについて、数字を交えて分かりやすく伝えることが必要です。考えるときは箇条書きにするなどして書き出すとまとめやすいでしょう。

転職での面接の際の自己PR

自己紹介はいままでの経歴や実績を知ってもらうこと…とおわかり頂けたでしょうか? さて、自分と言う人間の経歴については知ってもらえました。、 しかし、自分がどういった事が得意で、今までの仕事で成し遂げてきたこと、 どの様な考えをもっているか…などについて、相手はまだ知りません。 転職の面接の際の自己PRではそのことについて ・得意な事(持っている資格などの表現では収まらないこと) ・行ってきた仕事と実績や仕事内外での表彰など ・仕事を進める上での感じた事、障害への対処 などの点を数字を交えて説明できると分かりやすいですね。

未経験での転職の自己PRもう一つ重要なこと

加えて、説明しておきたいのが、それらの実績でどの様に考え、感じたかについても 説明しておくと更に良い自己prになると思います。 面接は、社会人として、会社という社会の中で上手くやっていけるのか、どんな考えをする人なのか、他のメンバーと上手くやっていけるのか、など…この人を一緒に働く仲間として迎え入れた場合に、周りの人と上手くやっていけるか、何か役にたってくれるかを見るための場でもあります。 そのため、会社によっては、「筆記試験」「一次面接」「二次面接」「役員面接」など、 多くの判定機会を設けているのです。 もし、誇れる実績がない場合でも、仕事へのやる気と今までの職場で、まわりの仲間とどの様に仕事を進めて、どのように感じたかをアピールできれば、立派な自己prになるでしょう。

未経験の転職の成功例(ITエンジニア)

ここで、実際に未経験の転職の成功例を以下でご紹介しましょう。 千葉さんと言う27歳の男性の方が編集アシスタントからITエンジニアへと転職をされた時の体験談です。 応募者数5社に対して面接者数3社と言う数字はかなり高い数値ではないでしょうか? 未経験での転職までにかかった期間が約2カ月という短期間である事も素晴らしいと思います。

音楽業界で、丸3 年。「好き」を断念するだけの理由があった。 以前の仕事は、レコーディングスタジオでの編集アシスタント。プロアーティスト用のCD の録音・編集・ミックスを行なうスタジオで、機械のセッティングや編集業務を担当していました。音楽が大好きな僕にとって、音楽づくりの一部に携われる仕事は夢。有名なアーティストさんとお会いしたり、自分が携わった楽曲がお店などで流れていたり…刺激的で、やりがいの大きい現場でしたね。 ですが、特徴としてあるのが業務の多さ。一つの楽曲の制作に多くの人が関わるうえ、全員が納得するまではレコーディングが深夜にまで及ぶことも。そのあとに片付けや翌日の準備を行なうので、自分の担当分の編集業務は休みの日に持ち越していましたね。仕事が何時に終わるかも分からないので、友人と予定も合わせられない。正直、プライベートは皆無でした。音楽の仕事は、クリエイティブな仕事。素晴らしいものを作るためには、色んな人と会ったり、多くの場所に出掛けたり、色んな価値観を吸収して感性を磨いたり…といったインプットが必要だと思うのですが、その時間がどうしても作れなかった。入社から3 年、この仕事の難しさに気づき、「辞めよう」と腹を決めたんです。 仕事選びスタート。自分の中に「色んな軸」があることに気付いた。 「もう音楽の仕事はしない」と決めたは良いものの、次はどんな仕事に就きたいのか、まったく分かりませんでした。だから時間さえあれば「エン転職」上で色んな求人を眺め、少しでも気になる仕事があれば、詳しく調べていました。 いま思うと、漠然と眺めていたようで自分の中にはきちんと「仕事選びの軸」があったように思います。たとえばどんなに気になる求人があったとしても、完全週休二日制をとっていない求人はエントリーしませんでした。前職と同じ音楽の仕事に惹かれることもありましたが、残業の多さを見て「同じことの繰り返しになる」と自制することも。その意味では「プライベートを大切にできる」という軸は自分の中にしっかりありましたね。 あとは、コミックの編集とかプログラマとか、何かしら「モノづくり」ができる仕事だったり、これから需要が伸びそうな業界だったり、専門的なスキルを習得できる会社だったり。無意識に求人をピックアップしているつもりでしたが、自分なりの観点があったんだと思います。 異職種にチャレンジしようと思えたのは、手厚い教育制度があったから。 様々な求人を見る中でエヌアィシィの求人に目が止まったのは、教育制度が他よりも整っている印象を受けたから。1 ヶ月間の研修が一般的な中で、エヌアィシィは3 ヶ月と書かれていて「ここなら着実にプログラミングスキルを習得していける」と直感し、応募しました。 面接では、普段の自分を出せるように意識しました。志望動機や転職理由など、ある程度の回答は考えておきましたが、僕はあまりにも話す内容を決めすぎると逆に緊張してしまうタイプ。相手の聞きたいことにシンプルに応えるほうが、自然体の自分を出せますし、面接ってそんなに堅苦しいものじゃない、と思えるんです。話すうちに企業側への理解も深まり、「ここで働きたい」と感じるように。すると、思いが通じたかのように内定通知をいただき、本当に嬉しかったです。 正直、本当にスキルが身について驚いている。 入社してもうすぐ6 ヶ月。自費で専門学校に通うことまで視野に入れていましたが、そんな必要は全くなし。ひとりでプロジェクト先に出ても困らないように「根本的な考え方」「調べ方」といったことから教えてもらえたので、着実にスキルが身につき、今ではひとりでプロジェクト先に行っています。求人に書かれていたとおりに成長できていることに、正直驚いています。 プライベートも、以前と比べ格段に充実しています。休日に行きたかったスポットへ出掛けたり、平日の仕事終わりに友人と飲みに行ったり。27 という年齢だから得られる楽しみを、日々感じていますね。しっかり育ててもらった分、次はきちんと返していくことを考えています。新しく入社したメンバーのサポート・育成まで手がけられる人になることが、先々の目標です。

出典: https://employment.en-japan.com | 音楽業界で、丸3 年。「好き」を断念するだけの理由があった。 以前の仕事は、レコーディングスタジオでの編集アシスタント。プロアーティスト用のCD の録音・編集・ミックスを行なうスタジオで、機械のセッティングや編集業務を担当していました。音楽が大好きな僕にとって、音楽づくりの一部に携われる仕事は夢。有名なアーティストさんとお会いしたり、自分が携わった楽曲がお店などで流れていたり…刺激的で、やりがいの大きい現場でしたね。 ですが、特徴としてあるのが業務の多さ。一つの楽曲の制作に多くの人が関わるうえ、全員が納得するまではレコーディングが深夜にまで及ぶことも。そのあとに片付けや翌日の準備を行なうので、自分の担当分の編集業務は休みの日に持ち越していましたね。仕事が何時に終わるかも分からないので、友人と予定も合わせられない。正直、プライベートは皆無でした。音楽の仕事は、クリエイティブな仕事。素晴らしいものを作るためには、色んな人と会ったり、多くの場所に出掛けたり、色んな価値観を吸収して感性を磨いたり…といったインプットが必要だと思うのですが、その時間がどうしても作れなかった。入社から3 年、この仕事の難しさに気づき、「辞めよう」と腹を決めたんです。 仕事選びスタート。自分の中に「色んな軸」があることに気付いた。 「もう音楽の仕事はしない」と決めたは良いものの、次はどんな仕事に就きたいのか、まったく分かりませんでした。だから時間さえあれば「エン転職」上で色んな求人を眺め、少しでも気になる仕事があれば、詳しく調べていました。 いま思うと、漠然と眺めていたようで自分の中にはきちんと「仕事選びの軸」があったように思います。たとえばどんなに気になる求人があったとしても、完全週休二日制をとっていない求人はエントリーしませんでした。前職と同じ音楽の仕事に惹かれることもありましたが、残業の多さを見て「同じことの繰り返しになる」と自制することも。その意味では「プライベートを大切にできる」という軸は自分の中にしっかりありましたね。 あとは、コミックの編集とかプログラマとか、何かしら「モノづくり」ができる仕事だったり、これから需要が伸びそうな業界だったり、専門的なスキルを習得できる会社だったり。無意識に求人をピックアップしているつもりでしたが、自分なりの観点があったんだと思います。 異職種にチャレンジしようと思えたのは、手厚い教育制度があったから。 様々な求人を見る中でエヌアィシィの求人に目が止まったのは、教育制度が他よりも整っている印象を受けたから。1 ヶ月間の研修が一般的な中で、エヌアィシィは3 ヶ月と書かれていて「ここなら着実にプログラミングスキルを習得していける」と直感し、応募しました。 面接では、普段の自分を出せるように意識しました。志望動機や転職理由など、ある程度の回答は考えておきましたが、僕はあまりにも話す内容を決めすぎると逆に緊張してしまうタイプ。相手の聞きたいことにシンプルに応えるほうが、自然体の自分を出せますし、面接ってそんなに堅苦しいものじゃない、と思えるんです。話すうちに企業側への理解も深まり、「ここで働きたい」と感じるように。すると、思いが通じたかのように内定通知をいただき、本当に嬉しかったです。 正直、本当にスキルが身について驚いている。 入社してもうすぐ6 ヶ月。自費で専門学校に通うことまで視野に入れていましたが、そんな必要は全くなし。ひとりでプロジェクト先に出ても困らないように「根本的な考え方」「調べ方」といったことから教えてもらえたので、着実にスキルが身につき、今ではひとりでプロジェクト先に行っています。求人に書かれていたとおりに成長できていることに、正直驚いています。 プライベートも、以前と比べ格段に充実しています。休日に行きたかったスポットへ出掛けたり、平日の仕事終わりに友人と飲みに行ったり。27 という年齢だから得られる楽しみを、日々感じていますね。しっかり育ててもらった分、次はきちんと返していくことを考えています。新しく入社したメンバーのサポート・育成まで手がけられる人になることが、先々の目標です。

転職に成功した理由

ご紹介した千葉さんが未経験からITエンジニアへと転職を成功させる事ができたのはなぜでしょうか? 千葉さんの転職事例では、転職に対する軸を幾つか意識した事が書かれています。 自分の転職に対する「大切にする事」「ゆずれない事」と言えますね。 その軸が、千葉さんの場合は「プライベートが大切にできる環境である事」「モノづくりに関われる職である事」 の2点だった様です。「モノづくりに関われる職である事」と言う点は前職と新しい職業との共通点です。 モノづくりへの気持ちが千葉さんが新しい職場で活かせる事だったんですね。 実際に面接では自然体な自分を出す様にしたそうですが、自分の中の軸を明確にして、転職に臨む事で 自然体になれたのかもしれません。 「自分はなぜこの職業に就きたいのか」の軸が明確であった事が千葉さんが短期間で未経験の職業に転職できた理由の一つなのではないでしょうか?

未経験の転職を成功させるには

Aさんの例でお伝えしたかったのは、なぜその職種に就きたいのかを考え、それのための勉強をするといった準備が重要であるということです。応募先の会社ががどのような会社かを興味を持ってしっかりと調べ、その会社への自己ピールの書類を作り、しっかりとした準備した上で面接に臨むことは重要です。

未経験の転職の際に準備したいこと

未経験の職種に転職をする場合は「自分と職種についてよく知ること」「スキルや経験などを身につけること」「専門家のアドバイスを受けること」の3つについてあらかじめ準備をすることが大切です

自分と職種についてよく知る

よく「敵をしり、己を知れば、百戦危うからず」という言葉を目にします。 これは、転職活動でも同じ事。その職種を仕事にしている友人・知人がいれば直接内情を聞いてみることが必要です。必要なスキルや経験などもわかってくるはずです。 具体的に応募する会社が決定している場合はホームページなどでの会社の情報収集や転職経験者の口コミなどをチェックすることも良いでしょう。

スキルや経験などを身につける

未経験である、スキルがない…という事は転職する上で、不利になりますので、可能な範囲で、スキルの勉強や実務の経験を積む必要があります。 学校で学ぶことやハローワークの職業訓練制度などを利用するのも良いでしょう。 そういった勉強や訓練を経験するだけでも面接の際に大きな自信の一つになりますし、アピールポイントにもなるのです。

専門家のアドバイスを受ける

未経験の職種への転職活動では分からない事も多いもの。 そんな時は、 転職サイトや転職エージェントなどの専門家に助言をもらう良いでしょう。 今では職種や業種などに専門化した転職サイトも数多く、そういった所へ登録することで 相談先ができます。。転職成功の秘訣など教えてもらえるかもしれません。

未経験だからといって諦めないで!

いかがでしたか?未経験の職種に転職する場合の志望動機や面接の際の自己PRと自己紹介のコツ、未経験転職の成功例についてまとめてみました。 未経験の職種に転職するということは、スキルも経験もないわけですから簡単ではありません。しかし、今までの経験から転職先の会社に自分がどんなことを与えられるのか、というについてしっかり考えて行動することで、転職を成功させることも十分可能です。 転職先や自分について、専門家などのアドバイスを参考にしつつ、自信を持って転職活動に臨んでいきましょう。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング