IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一次面接でされやすい質問5つ・一次面接で落ちる理由は

転職の面接

就活や転職活動で面接を複数回受けることがあります。はじめに受ける一次面接に続き、二次面接なや最終面接などがあります。この一次面接と二次面接の違いを知っていますか。内容もそうですが実は厳しさが全く違います。今回は一次面接についてご紹介していきましょう。

更新日時:

★Mayonezおすすめの転職エージェント3選★
まず登録すべき転職エージェントはこちら⬇︎
No.1 マイナビエージェント【非公開案件多数!】
No.2 リクルートエージェント【サポートや転職情報が充実!】
No.3 doda【圧倒的な求人数!】

一次面接とは

一次面接とは

就職活動では必ず通らなければならないステップの1つが「一次面接」です。「一次面接」とは、その会社で受ける最初の面接のことをいいます。 一次面接が終えると、次は二次面接、三次面接とスタップがあがっていきます。そして最後に迎えるのが「最終面接」となります。 この一次面接と他の面接には一体どのような違いがあるのでしょうか。一次面接と他の面接の違いについて見ていきましょう。

二次面接・最終面接との違い

二次面接で聞かれる内容は一次面接で答えた内容をさらに深く掘り下げた内容を聞かれることが多い傾向にあります。一次面接でどのように答えたかをしっかりと覚えておくことが重要です。 最終面接とは、役員や会社のトップマネージメントが出席して行われる面接です。会社にとってふさわしい人材かをトップが判断する面接が「最終面接」となります。

一次面接で重視されるポイント

一次面接で重視されるポイント

一次面接の時点ではたくさんの応募者がいるため、長い時間をかけて面接をやると効率が悪いため短時間で応募者の絞り込みを行います。 一次面接で重要視されるポイントは、あなたの経歴や人柄です。今までの経歴の確認や社会人としてマナー・礼儀がしっかりしているのか、あなたの人柄を読み解くのが一次面接の目的です。

一次面接でされやすい質問5つ

一次面接でされやすい質問5つ

就職活動においてはじめに行う面接となるのが「一次面接」です。一次面接では、面接官があなたの人柄や考えなどに関する質問をいくつか問いかけます。 一次面接での印象や回答は合否に関わる重要ポイントです。一次面接に想定される質問は偏っている傾向があるので、事前にしっかり答えを準備しておくことが重要です。

質問1「学生時代がんばったこと」

一次面接ではあなたの人柄を知るために「学生時代にがんばったことは何ですか」という質問をされます。 この質問はあなたが物事に対してどうような姿勢で取り組むか、目標を達成するためにどの程度の努力をするのかなどを見ています。 学生時代にがんばったことだけを伝えるのではなく、何をどのように頑張ったのか、それに伴う結果などがあれば伝えるとより説得力があるでしょう。

質問2「志望動機」

志望動機とは、なぜこの会社に興味をもったのか、応募した理由やきっかけとなった事柄を意味します。志望動機も自己紹介と同じく面接でよく聞かれる質問の1つです。 志望動機を話す時は、なぜこの業界を志望するのか、なぜ業界の中でも面接先の企業なのかという理由をくわしく話すと分かりやすいでしょう。自分が応募する企業の強みをしっかり理解し、アピールすることが重要なポイントです。

質問3「自分の強み・弱み」

一次面接ではあなたの性格を知るために「自分の強みと弱みを教えてください」と聞かれることがあります。 この質問は、自分の弱みについての説明が重要なポイントでです。弱みは強みと組み合わせて考えることをおすすめします。 たとえば、自分の意見をしっかり持つことが自分の強みだとします。その場合は、参考にしようと他の人の持つ意見を詳しく聞きすぎてしまうなど、マイナスには聞こえないような内容にするといいでしょう。

質問4「10年後どうなってたいか」

この質問は応募した企業に入社したあと、どのようなキャリアプランを描いているかを知るために質問されます。 10年後はまだわからないことですが、企業側が10年後にどのような人材を期待しているかをしっかり考える必要があります。 たとえば、海外進出を目指す企業であれば、10年後はTOEICで800点を取得し、海外支店のマネジャーとなれるよう努力したいなどと答えるといいでしょう。

質問5「ほかに受けている会社」

企業側はあなたが他にどんな企業に興味を示しているかも気になるポイントです。「ほかに受けている会社は」という質問は回答内容もデリケートなものの1つです。 たとえば、マスコミ業界を希望している場合「すべてのマスコミ関連の会社に応募しています」という回答はNGです。このように答えるとマスコミ関連であればどこの会社でいいと解釈されてしますので注意しましょう。

就活は一人で悩まず「エージェント」に相談しよう!

面接で質問をされた場合「どのように答えていいかわからない」という人や「どんな履歴書を書くと印象に残るのか」と悩む人は多いでしょう。 ・自分に自信がない ・内定がなかなか取れない ・面接が怖い そんな就活生におすすめなのが「キャリアパーク」です。 年間1,000名の学生と面談する経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、あなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。無料登録は1分で完了し、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 就活の悩みや不安は、一人で抱え込まずに「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

一次面接で落ちる理由

一次面接で落ちる理由

応募した企業の一次面接に残念ながら不合格になってしますこともあります。しかし、一次面接を突破するにはいくつかのポイントがあります。 一次面接で失敗しないためにも、面接官が特に気にしているポイントや基本的なことをおさらいしておくことが一次面接突破への近道です。 では、一次面接の落ちる理由について詳しく見ていきましょう。

第一印象

人間の印象ははじめて会って数秒で決まるといわれています。そのため、一次面接でも第一印象はとても重要な項目の1つです。 第一印象が悪いと感じるのは、間違った言葉使い、態度、身だしなみなどです。第一印象をよくするには、清潔な身だしなみ、何事にも礼儀正しく元気に答えることが重要です。 面接会場に入る前に身だしなみが整っている再度確認するようにしましょう。

ビジネスマナー

面接時に見られているのが、社会人にとって必要な「ビジネスマナー」です。面接で覚えておかなければならないビジネスマナーはいくつかあります。たとえば、コートなどの厚手のアウターは会社の玄関で脱いでおくのが基本です。 面接時にコートを脱いだり、ドアをノックせずに入室したりするのはビジネスマナー違反なのでしっかり事前に勉強しておきましょう。

アピール不足

一次面接が落ちる理由で多いのが「アピール不足」です。アピール不足で一次面接に落ちる理由の多くは、応募する業界や企業などの勉強不足が原因です。 応募した理由が「大手企業だから」「給料が高いから」などの理由の場合は、その業界のことを知らずに面接に挑むが就活生も多い傾向にあります。会社に対する熱意や知識がない場合は、落ちる可能性が極めて高いと認識しておきましょう。

話の構成不足

応募者数が多い一次面接の場合は、比較的面接時間も短い傾向にあります。そのため、一次面接では短時間でわかりやすく簡潔に物事を伝える能力が必要です。 面接官からの質問に簡潔に答えることができなかったり、質問の意図と答えがずれている方も多い傾向にあります。だらだら説明しても相手に伝わらないので、面接のときは端的かつ明確に答えることが重要なポイントです。

一次面接のポイントを押さえて対策しよう

一次面接のポイントを押さえて対策しよう

自分の行きたい企業から内定をもらうためにも、しっかり面接の対策を事前に行うことが重要なポイントと言えるでしょう。 また、自分一人ではわからない場合は就活支援サービスなどを利用するのもいいでしょう。

緊張を抑える方法

就活生の中には、面接時に緊張してしまうという方も多い傾向にあります。緊張すると自分の考えなども上手く伝えられず、自分のアピールをしっかりできないこともあります。 緊張を抑えたい場合は、面接に行く前にゆっくり深呼吸を行いましょう。緊張しているときは体の力を抜くことが重要です。自分のことをしっかり企業側にアピールするためにもリラックスして面接に挑みましょう。 まずは憧れの企業の門を叩くためにも、一時面接のポイントを押さえることでしっかりと対策していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング