IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一次面接でされやすい質問5つ・一次面接で落ちる理由は

更新日:2020年08月14日

転職の面接

就活や転職活動で面接を複数回受けることがあります。はじめに受ける一次面接に続き、二次面接なや最終面接などがあります。この一次面接と二次面接の違いを知っていますか。内容もそうですが実は厳しさが全く違います。今回は一次面接についてご紹介していきましょう。

一次面接とは

就職活動では必ず通らなければならないステップの1つが「一次面接」です。「一次面接」とは、その会社で受ける最初の面接のことをいいます。 一次面接が終えると、次は二次面接、三次面接とスタップがあがっていきます。そして最後に迎えるのが「最終面接」となります。 この一次面接と他の面接には一体どのような違いがあるのでしょうか。一次面接と他の面接の違いについて見ていきましょう。

二次面接・最終面接との違い

二次面接で聞かれる内容は一次面接で答えた内容をさらに深く掘り下げた内容を聞かれることが多い傾向にあります。一次面接でどのように答えたかをしっかりと覚えておくことが重要です。 最終面接とは、役員や会社の有数マネージメントが出席して行われる面接です。会社にとってふさわしい人材かを有数が判断する面接が「最終面接」となります。

一次面接で重視されるポイント

一次面接の時点ではたくさんの応募者がいるため、長い時間をかけて面接をやると効率が悪いため短時間で応募者の絞り込みを行います。 一次面接で重要視されるポイントは、あなたの経歴や人柄です。今までの経歴の確認や社会人としてマナー・礼儀がしっかりしているのか、あなたの人柄を読み解くのが一次面接の目的です。

一次面接でされやすい質問5つ

就職活動においてはじめに行う面接となるのが「一次面接」です。一次面接では、面接官があなたの人柄や考えなどに関する質問をいくつか問いかけます。 一次面接での印象や回答は合否に関わる重要ポイントです。一次面接に想定される質問は偏っている傾向があるので、事前にしっかり答えを準備しておくことが重要です。

質問1「学生時代がんばったこと」

一次面接ではあなたの人柄を知るために「学生時代にがんばったことは何ですか」という質問をされます。 この質問はあなたが物事に対してどうような姿勢で取り組むか、目標を達成するためにどの程度の努力をするのかなどを見ています。 学生時代にがんばったことだけを伝えるのではなく、何をどのように頑張ったのか、それに伴う結果などがあれば伝えるとより説得力があるでしょう。

質問2「志望動機」

志望動機とは、なぜこの会社に興味をもったのか、応募した理由やきっかけとなった事柄を意味します。志望動機も自己紹介と同じく面接でよく聞かれる質問の1つです。 志望動機を話す時は、なぜこの業界を志望するのか、なぜ業界の中でも面接先の企業なのかという理由をくわしく話すと分かりやすいでしょう。自分が応募する企業の強みをしっかり理解し、アピールすることが重要なポイントです。

質問3「自分の強み・弱み」

初回公開日:2017年01月06日

記載されている内容は2017年01月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング