IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一次面接でよく聞かれる質問・落ちる理由・一次面接と二次面接の違い

転職ノウハウ

就活や転職活動で面接を複数回受ける事があります。一次面接や二次面接などがありますよね。この一次面接と二次面接の違いってどんな所にあると思いますか?内容もそうですが実は厳しさが全く違うんです。今回は一次面接について解説していきます。

更新日時:

一次面接と二次面接の違い

転職活動や就職活動をしていると一次面接や二次面接など数回の面接を終えて最終面接後に内定をもらえれば晴れて就職する事ができます。 この一次面接と二次面接には一体どのような違いがあるのでしょうか。一次面接と二次面接の違いを解説していきます。

一次面接は若手社員による基本的な人材の潜在能力を見る面接

一次面接はどのような面接なのかと言いますと、若手社員による基本的な人材の潜在能力を見るための面接です。

応募者を選考するための短時間の面接

一次面接の時点ではたくさんの応募者がいるため、長い時間をかけて面接をやると効率が悪いので短時間の間で応募者の絞り込みをしていき、その中から次の二次面接に進んでもらう人を選ぶための面接になります。

一次面接の面接内容 「自己PRや経歴について聞かれる」

一次面接での面接の内容は主に自己PRを聞かれたり、今までの経験を質問される事がほとんどです。

一次面接での目的 「今までの経験と人柄を見る」

一次面接では何を重要視されているかと言いますと、今までの経歴の確認と社会人としてマナーや礼儀がしっかりしているのか、あなたの人柄を読み解きたいのです。

就活生の場合 「大学での学業成績等についての質問が多い」

例えば就活を始めた就活生の方は学生なので学校での話を聞かれたりするでしょう。 しっかりと話をできるように受けごたえを練習しておかないと後悔してしまう事になるので練習しておきましょう。

二次面接は現場の責任者による実務的な能力や経験を見る面接

一次面接では若手社員が担当していましたが、二次面接からは現場の責任者や部長や課長と言った方が二次面接を担当します。

二次面接の内容 一次面接の内容確認や掘り下げ

二次面接で聞かれる内容は一次面接で答えた内容をさらに深く掘り下げた内容を聞かれる事が多くなります。一次面接でどのように答えたかをしっかりと覚えておかないと回答内容に矛盾が生じてしまう事もあります

二次面接に圧迫面接が多い

圧迫面接が多いのも二次面接の特徴でもあります。 圧迫面接とは人事担当者が意図的に意地悪な質問をしたり、厳しい事を言って応募者の反応を見たりする面接の方法ですね。二次面接には特にこの圧迫面接が増えるので、二次面接は難関なんです。 圧迫面接でないとしても二次面接は一次面接よりも厳しい面接になる事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

一次面接と二次面接違い 面接内容も厳しさも違う

一次面接と二次面接の違いは、面接内容もそこで行われる面接の雰囲気もまた違ったものになるのはお分かりいただけましたね。 一次面接を通過したからと言って安心して足元をすくわれないように気を付けて二次面接に挑みましょう。

一次面接でよく聞かれる6つの質問

一次面接でよく聞かれる質問について解説していきます。

①自己PRをお願いします(自己紹介をお願いします)

これは一次面接では良くされる質問の定番ですね。 「自己紹介をしてください」や「自己PRをお願いします」など聞き方は色々ありますが、自己PRをしていきましょう。 事前に履歴書や職務経歴書に書いている事を話す事になると思いますのでしっかり記憶しておきましょう。

②当社を志望する理由を教えてください

志望動機も自己紹介と同じで面接でよく聞かれる質問ですね。 志望動機を話す時はなぜこの業界を志望するのか、なぜ面接先の企業なのかという理由を話すと分かりやすいでしょう。

③あなたの性格について教えてください

「あなたは自分の性格をどう思いますか?」「あなたは自分の性格をどんな性格だと思いますか?」という質問ですね。 客観的に自分を見て自分自身の性格の長所と短所について触れていきましょう。短所をどのように克服しようと努力しているのかを話すと印象が良いでしょう。

④前職での経験について教えてください

「前職での経験について教えてください」や「前職の退職理由を教えてください」と聞かれる事があります。 転職面接の場合は以前、働いていた仕事内容や退職理由について聞かれる事が多いので、しっかりと答えを用意しておきましょう。

⑤大学ではどのような活動をしてしますか?

学生の場合はよく聞かれます。サークル活動についてや学業について等大学での活動内容について聞かれます。

⑥希望とは違う職種に就く事になる可能性もありますが大丈夫ですか?

希望する職種に付けない可能性もあるのは良くある事ですし、この返事はもちろん「はい、大丈夫です」と答えなくていけません。 やりたい事が明確であればどのような仕事でもやり遂げたいはずです。それを見極めるための質問ですね。

お礼状を送って好印象アップ

一次面接や二次面接後にお礼状を送る必要はあるのでしょうか。実はお礼状を送る事で面接先の企業の人事担当者に好印象を与える事ができるんです。

一次面接でも二次面接でもお礼状は送るべき

お礼状は最終面接の後に送る物だと思っていませんでしたか?実は最終面接以外の面接の後にもお礼状は送った方が良いのです。

面接が終わり次第 早めにお礼状を送ろう

どのタイミングでお礼状を送るべきか迷われる方もいると思いますので、タイミングについてお話ししておきます。 お礼状を送るタイミングは面接が終わり次第できる限り早めにお礼状を送りましょう。 そうする事で人事担当者に好印象を与える事ができます。

お礼状は手書きが基本だがメールでも問題ない

基本的にはお礼状は手書きが礼儀ですが、メールで書いても評価が下がる事はありません。大事なのはお礼を伝える事にあるのです。 面接に時間をいただいた感謝の気持ちをしっかり伝える事で、この人はこんなに礼儀正しい人だったんだと分かってもらえます。

お礼状を送る際に注意する点

お礼状を手書きで送るにしてもメールで送るにしても気を付けておくべき注意点がいくつかあります。お礼状を送る際に注意する点を挙げておきます。

件名でお礼状と分かるように簡潔に書く

メールでお礼状を送る時はメールの件名に「お礼状・自分の名前」と一目で分かる物にしましょう。 件名にお礼状である事と自分の名前を書いておく事で、面接を担当した人事担当者にも一目で分かってもらえます。 長い件名になってしまうのは良くないので簡潔に用件と名前のみを件名に書きましょう。

お礼だけを伝える事

お礼状の目的はお礼を伝える事にあります。お礼を伝える事で相手にあなたの印象を良くする効果があります。マナーや礼儀ができる人なんだと印象づける事ができますね。 気を付けておきたいのがこのお礼状で自分を売り込むような文章を載せてしまうのは良くありません。あくまでお礼を伝える事を目的としてお礼状を送りましょう。

文面は簡潔に書く事

お礼状は手書きでもメールであれ本文が長くなってしまうと良くありません。簡潔に丁寧にお礼の気持ちを伝えましょう。

お礼状の封筒は白い封筒で送る事

お礼状を手書きで書く場合は封筒に入れて郵送で送ります。この時封筒について注意点があります。 封筒は必ず白い封筒で送りましょう。間違っても茶封筒で送ってしまってはいけませんよ。 茶封筒は事務的な時に使用する封筒です。また茶封筒は薄くて破れやすく耐久性があまり良くありません。 そのためお礼状を送る際は丈夫で無難な白封筒に入れて送りましょう。

一次面接で落ちる4つのよくある理由

一次面接で落ちてしまうよくある理由はどんなものがあるのでしょうか。挙げていきます。

①印象が良くない

一次面接で落ちてしまうよくある理由の一つに「印象が良くない」事があります。 印象とはコミニュケーション能力や表情や受けごたえで変わります。これらが一時面接で良くないと判断されてしまうと落ちてしまう事があります。 面接では緊張してしまうと思いますが、笑顔と元気な挨拶と元気な返事を心がける事が大事です。

②礼儀やマナーが悪い

一次面接では礼儀やマナーも見られています。面接を受けに来たのに態度が悪かったり、挨拶が無かったりする人を二次面接に進ませるわけがありませんよね。 このように礼儀やマナーが悪いと落とされてしまう事があります。

③自己分析ができていない

一次面接ではあなたの人柄を良く見られているので自己分析ができていないと答える事が難しい事が多くあります。 例えば自己PRについても自分の事をしっかり分析しておかないと答えるのは難しいですよね。 このように自己分析をしっかりできていないと一次面接で落とされてしまう事があります。

④企業や業界研究が足りない

企業やその業界について詳しく知ろうとしていないと、別にうちの会社ではなくてもいいんじゃないかと思われてしまいます。 働きたい仕事なのですからその業界の事を事前にしっかり調べておく事は可能なはずです。それらをせずに一時面接に挑んでしまうと落とされてしまう事があります。

自己分析をしっかり!

いかがでしたか。今回は一次面接について解説してきました。 一次面接と二次面接の違いでは一次面接に比べ、二次面接は現場責任者が面接を担当する事があるので一時面接に比べると内容もさらに深く聞かれる内容になってきます。 また二次面接は特に圧迫面接もあるために雰囲気に耐えるための強い精神力が必要になってきますね。 一次面接でよく聞かれる質問ではほとんどがあなたの今までの経験や職務経歴や自己PRなどと言ったあなたについてを教えてもらうための質問がほとんどです。 事前に準備しておかないとうまく答える事が難しいため落とされる事もありますので、自己分析をしっかり行って挑む必要があります。 面接が終わってからも気を抜かずにお礼状をしっかり送る事も忘れ無いようにしましょう。 しっかりとした社会人としてのマナーができる事をアピールする事であなたの事を印象付ける事ができるので、面倒臭がらずにお礼の気持ちをこめて送りましょう。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング