IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り22万の生活|年収・家賃・貯金・一人暮らしの生活

年収・給与

手取り22万の場合、どんな生活ができるでしょう。まずは、どのくらいの年収であれば手取り額が22万になるのか?一人暮らしは可能?22万というと一般的な手取り額に思えます。新卒の給与額でいうと、多いくらいではないでしょうか。どんな生活になるか見ていきましょう!

更新日時:

手取り22万の生活って?

これから働き始める人などの中には額面の給料はわかっていても、実際に手元にいくら入るのかわからないという人もいるのではないでしょうか。ここでは手取り22万円の場合の年収やどの程度の生活を送ることができるのかを紹介していきたいと思います。参考にしてみてください。

【手取りとは?】

求人などを見ていて記載されているのは毎月の給与であり、その中から税金や保険料などが控除され実際に手元に入ってくる金額が手取りになります。給与は「支給されるお金」と「控除されるお金」に分けられ、この差額が手取りとなります。〔支給されるお金〕 ・基本給...毎月支給される決まった金額 ・時間外手当...基本的な残業代・超過勤務手当 深夜残業や休日に出勤した時に支払われ割増されます ・資格手当...業務上必要な資格を持っていると支払われます ・住宅手当...会社によっては出るところ、出ないところがある家賃補助などです ・出張手当...出張をした場合に支払われますそのほか、通勤手当など各会社の規定に従って支払われる手当もあります〔控除されるお金〕 ・健康保険...会社がどの健康保険組合に入っているかにより保険料率が異なります・介護保険 40歳になると加入義務が発生します ・厚生年金...将来年金を受け取るために支払います ・雇用保険...失業した時に給付金を受けるために支払います ・所得税...年収が高いほど税率も高くなり、源泉徴収などで清算されます ・住民税...住んでいる都道府県に支払う税金そのほか、会社によっては労働組合費、退職金の積立金などが引かれる場合もあります。また、扶養家族がいる場合には扶養控除などもあり、年末調整の際に清算されます。これらの金額は給与明細などに記載されており、明確になっています

【手取り22万円の場合の年収は?】

支給されるお金、控除されるお金について紹介しましたが、支給された給与から控除を引くとおおよそ額面の75%~80%の金額が手取りの金額となります。 厳密にいうと前年の年収により税金の金額が変わったり、独身か扶養家族がいるか、扶養家族の人数などでも扶養控除額なども変わってきますので同じ額面であっても、手取り額の割合には幅があります。そのため一概に金額は言い切れませんが、シンプルに計算すると、手取り22万円の場合の給与の額面は26~28万円となります。

また、年収には賞与が含まれますが、賞与は会社により支給される金額が大きく異なりますのでこれも一概に金額を言い切る事ができませんが、近年のボーナスの平均は年2回5か月分となっていますので、平均で計算してみます。手取り22万円の場合の年収は4,420,000~4,760,000円となります。給与は職種や業種によっても異なりますが、一般的には手取り20~25万円というのは20代後半から30代前半の方に多い収入のようです。

【手取り22万円だと家賃はいくらが妥当?】

手取りが22万円の場合、家賃はいくら位が妥当なのか迷ってしまう方もいると思います。もちろん人それぞれ考え方やお金の使い方が違いますので、これも一概にいくらとは言い切れません。〔収入の3割という考えは古い〕以前は「家賃は収入の3割」と言われていましたが、それも現在では少し変わってきて、現在では家賃は収入の2.5割が適正家賃だと一般的には言われています。金額で見ると年収400万円前後であれば、適正家賃は約83,000円と言われています。もちろんこれは一般論ですので、自分の生活の中で無理があれば自分の生活に合った物件を選ぶことも大切です。

【手取り22万円で一人暮らしは可能?】

前述で紹介しましたが、家賃は収入の2.5割が適正と言われていますので、手取りが22万円であれば、年収も400万円以上となり適正家賃も8万円を超えますので、一人暮らしも十分に可能であると言えます。

宅建協会の一人暮らしに関するアンケート調査では、実際に一人暮らしをしている方の家賃は収入の3割という方が約40%、収入の2割という方が約39%となっています。 手取りが22万円であれば、6万円~8万円位になりますので十分に可能ですよね。一人暮らしの場合には生活するのに必要最低限なスペースがあればいいと考える方が多く1LDK、1DKなどの間取りで駅から近いなど利便性の高い物件が人気のようです。

シェアハウスで家賃を軽減

アンケート調査では家賃は収入の2~3割という方が約80%を占めていますが、現在ではシェアハウスなども人気が上昇しているようです。シェアハウスとは自分の個室があり、それ以外のリビング、キッチン、お風呂などは共有となっている共同生活スタイルです。シェアハウスは光熱費やインターネット代が家賃に組み込まれていることが多く、生活費などを抑えることができます。

また、一人暮らしを始めようとすると家具などを揃えるのにまとまった金額が必要になりますが、シェアハウスの場合は個室にはベッド、カーテン、収納などの最低限の家具が付いていることが多く、家具などを揃える費用を抑えることができ、すぐに住み始めることができます。他の人と共同で使うことにはなりますが、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電やキッチン用具もすでに揃っているので用意する必要がありません。他の人と共同生活になりますが、家賃だけではなく生活費や初期費用を抑えることができるため、シェアハウスに注目が集まっているようです。

【手取り22万円で貯蓄はできる?】

将来のためにも貯蓄はコツコツとしておきたいものですよね。手取り22万円ではどの位貯蓄するのが妥当なのでしょうか。特に一人暮らしとなるとなかなか貯金をするのも難しくなりますが、収入の20%を貯蓄できるとお金のやりくりが上手だと言われています。手取り22万円の20%となると44,000円になり、2年で100万円貯まります。

おすすめの貯蓄方法

給与から生活費を差し引き、余ったお金を貯蓄に回すというと、なかなか貯まらないのが現実です。 そこでおすすめなのは、会社の財形や自動積立で給与口座から自動的に引き落としすることで先に貯蓄するお金を確保することです。手取りの22万円から先に44,000円を確保し、残り176,000円を生活費などに仕分けするということを心がけると確実に貯蓄していくことができます。 これなら貯金が苦手な人にも続けられます。しかし、貯金ができるからといって油断はしない方が懸命です。事故や病などは予測できません。万が一、事故に合ってしまった場合多額のお金を用意しなければなりません。そんな時は、カードローンという方法もありますので確認してみましょう。

【手取り22万円の生活費の内訳】

手取り22万円となると一人暮らしの方だと少し余裕が出てくる金額です。先ほど紹介しましたが、先に44,000円を貯蓄に回す事を考えると残りは176,000円となります。 残りを生活費として分けることになりますが、一般的な金額で見てみましょう。

家賃は適正家賃と言われている83,000円、1ヶ月の食費は3万円という方が多いようです。 携帯代が1万円、インターネット代4,000円、水道代、ガス代、電気代などの光熱費が5,000~6,000円、これが最低限必要な生活費になります。 残りの43,000円は交際費、雑費、衣服代などとして使うことができます。 一人暮らしであれば家賃をもう少し抑えることもできますので、その分交際費などに回すこともできます。また、女性であれば化粧品、スキルアップ、趣味、習い事などをするにも十分な金額と言えるのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか? 手取り22万円の生活となると、一人暮らしも十分に可能ですし、コツコツと貯蓄することもできる十分な金額と言えるのではないでしょうか。どこで節約するか、どこにお金をかけるかは人により価値観が違いますので、自分の生活に合った配分ができるといいですね。

希望条件にあった職場を探すなら!

今の職場は、自分に合っていないのかもしれない...」 「もっと良い条件の職場で働きたい...」 そんな悩みを抱えている人は、他の労働環境や条件について知る機会を持ってみましょう。 今の職場身につけたスキルは、転職時に高く評価ることもあり、転職によって年収が上がる可能性も大きいです。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」と心配な場合は、転職エージェントに聞くことで知ることができ、かつ自分に適した環境を提案してくれますよ。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング