【面接】成功体験の質問への回答例・成功体験がない場合の回答方法

就活ノウハウ

就活の面接時によく質問される学生時代の成功体験。なぜ、就活の面接で成功体験が聞かれるのでしょうか。とっさに上手く答えるのは難しいでしょう。この記事では、返答例や返答のポイントを紹介しています。成功体験がない場合でも大丈夫!面接官の意図を汲んで成功させましょう。

更新日時:

views7281

就活の面接でよく問われる”成功体験”についての質問

よく聞かれる就活の面接でよく聞かれるのが、成功体験についてです。自慢できる成功体験がなくて困っているという就活生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、面接官は決して「凄い」成功体験を聞き出したい訳ではないのです。成功体験という質問項目から面接官が何を知りたいのか、そのポイントを押さえておくことで高評価を得ることができます。

なぜ、就活の面接で成功体験を聞くのか

就活で面接官が成功体験を聞くのは、その就活生のスペックの高さを知りたいからだという訳ではありません。面接官が本当に聞き出したいのは、成功体験の「結果」ではなく、その「過程」なのです。その過程を通して、自分がどのように努力し、何を得たのか、どのような壁にぶつかったのか、これらのポイントを論理的に伝えることで、面接官の意図を汲み取った回答をすることができます。そのため、就活の面接では、成功体験の結果だけではなく、その過程を詳細に伝えるようにしましょう。また、話す順番としては、「1.結果→2.過程→3.その過程から得た学び」という順番で話すと、論理的で伝わりやすく、面接官に好印象を与えることができます。

返答のポイント1:成功体験=大成功でなくてもいい

では、面接ではどのような内容を話せばいいのでしょうか。先ほどもお伝えしたように、面接官は凄い成功体験を聞きたい訳ではありません。そのため、話すテーマは勉学、サークル、アルバイト、留学など、どんなことでも大丈夫です。学生時代に取り組んできたことを思い返してみると、どんな人でも、何か成功したことややり遂げたことがあるでしょう。それらを深く掘り下げ、熱意を込めて面接官に伝えることが重要です。

返答のポイント2:どのような過程を経て成功に導いたのか話す

テーマが決まれば、どのような過程を経て成功体験につながったのか思い返してみましょう。就活の面接における成功体験の回答で一番重要なのが、この過程の部分です。過程の中で、自分はどのように取り組んだのか、どう努力したのか、何を工夫したのか、などを振り返ってみましょう。いつ、誰と、どのようにという風に、5W1Hを頭に入れながら思い返すと、詳しく過程を考察することができます。また、面接では一つの質問に対して、深く掘り下げて何度も質問されます。そのため、自分の経験を詳しく、具体的に分析しておくことが重要です。

返答ポイント3:壁にぶつかった経験を入れよう

成功体験の過程として、良かったことばかりを話すと、それは単なる自慢になってしまいます。自分が努力したということをより分かりやすく伝えるためには、「過程の中で何か壁にぶつかった経験や大変だったこと」+「どのように乗り越えたのか」を考え、その結果が成功体験につながるような流れを作るようにしましょう。また、壁にぶつかったことだけを話しても、それは成功体験ではないので、必ず成功体験の結果に導くよう注意してください。

返答例

では、上記のポイントを踏まえて返答例をみていきましょう。 <例>ダンスサークルの会計として、合宿代を期日通りに集金することができました。私が所属するダンスサークルは100人以上の大所帯であり、期日通りに払わない人が沢山いました。そこで、私はアンケートを実施し、どのようにすれば期日通りに集金できるのかメンバーに聞き出しました。そして、その結果に基づいて合宿の予定を立てたり、集金方法を変えたりすると、メンバーは期日までに入金してくれるようになりました。この経験を通して、人を動かすために、その人の意見を聞き、物事を順序立てて考えることが重要だと学びました。

この回答例では、「成功体験の結果→壁にぶつかった経験→取り組んだこと、工夫したこと→成功→この経験から得た学び」という流れになっているため、非常に良い回答例と言えます。就活の面接では、このように、論理的に分かりやすく伝えることが重要です。

返答ポイント4:掘り下げ質問に対応しよう

就活の面接においては、一つの質問に対して何度も掘り下げの質問が行われます。例えば、成功体験の返答をすると、「なぜ、そのような努力をしようと思いついたのか」「周りの反応はどうだったのか」などの追加質問をされることが一般的です。それらの追加の質問にも対応できるよう、自分の成功体験を掘り下げて分析しておきましょう。

返答ポイント5:成功体験から何を得たのか述べる

成功体験を述べる際には必ず、その体験から何を学び、得たのかという点も述べるようにしましょう。成功体験を通して「重要だと感じたこと」「新しく気付いたこと」「自分の行動がどのように変わったのか」など、どんな些細なことでも構いません。返答のまとめとして、最後に述べるときれいにまとめることができます。

返答ポイント6:成功体験の「その後」も考えておこう

就活面接時の追加の掘り下げ質問として、「その経験を現在どのように生かしているのか」と聞かれることがよくあります。面接官は、面接を通して、「これから会社でどう成長するのか」という就活生の可能性を探っているため、このような掘り下げ質問がなされます。学生時代の経験を経験だけで終わらすのではなく、それをどう生かしたのかという点を述べることで、「自分は伸びしろがある」ということをアピールすることができます。 就活ではこのポテンシャルを見せることはとても重要になってきます。

「会社に入ってからも、日々の学びを今後に生かしていく」という姿勢を示すことができれば、面接官の印象はぐっと良くなります。そのため、その成功体験をどのように生かしたのか、具体的に話せるようにしておきましょう。

返答ポイント7:成功体験がない場合の対処法

就活の面接で成功体験を聞かれても、誇れる成功体験なんてない・・・と悩む就活生も多いのではないでしょうか。しかし、冒頭でも述べたように、面接官は決して「凄い」成功体験を知りたいわけではありません。面接官は、受験生が日々の生活でどのように努力し工夫しているのか、というシンプルな答えを望んでいます。そのため、話す内容はアルバイト、サークル活動、勉強などどんなことでも構いません。 例えば、居酒屋の接客アルバイトなら、「お客様におすすめのメニューを提案できるよう、全てのメニューを試食し、覚えました。お客様に最善な提案をし、喜んでいただけたときはやりがいを感じました。」というように、ごく当たり前のことでも良いのです。自分の学生生活を振り返ってみて、自分はどんな時に嬉しいと感じたのか、やりがいを感じたのか、という記憶を呼び起こすことができたら、それは立派な「成功体験」と言えます。自分の成功体験に自信をもって、面接官に伝えてみましょう。

返答ポイント8:就活面接では話し方にも気を付けよう

就活面接で成功体験を伝えるときに、気を付けたいのが話し方です。 成功体験というと、どうしても自慢っぽくなってしまう場合も多いですが、そこは話し方に気を付けながら、謙虚さが伝わるようにしましょう。自分の話し方や癖などは、自分一人で気付くのはなかなか難しいので、他者からのアドバイスを受けることが重要です。そのために、友達と面接練習をし合ったり、大学のキャリアセンターでの模擬面接を利用したりするなどして、自分の癖を面接前に直すようにしましょう。就活の面接では、話す内容と同じくらい、「話し方」が重要です。そのため、面接では話し方に気を付けるようにしましょう。

最後に

以上の、就活の面接で成功体験を聞かれた時のポイントを踏まえて、面接に向けて準備を頑張ってくださいね。 面接官は、決して「誇らしい成功体験」を聞き出したい訳ではありません。ありきたりな経験であっても、上記のポイントさえ押さえておけば、面接で高評価を得ることができます。自分らしい成功体験を、面接で伝えて就活の面接を成功させましょう! 他にも、面接の方法や履歴書の書き方などの就活の不安は新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)