IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上司がストレスに感じるときの対処法・退職を考える判断軸

転職の悩み・不安

上司に対するストレスは、働いている方なら誰でも持っている事でしょう。頼れる上司ならいいですが、頼れない上司だとそのストレスは何十倍にも膨れ上がります。上手にストレスを無くしていかないとあなたが壊れてしまいますよ。そんな上司へのストレスについてまとめて見ました。

更新日時:

"上司がストレス"そんなときの対処法

サラリーマンでもショップ店員でも、何かの仕事をしていると必ず上司が存在しますよね。 全ての上司があなたの都合のよいような上司ではありません。 嫌味をたくさん言う上司、話してばかりで何にも仕事をしない上司というように、いやな上司もいればとてもたよりになりリーダーシップを取ってくれる上司、何かあればすべて責任を取ってくれる上司もいます。 毎日の仕事の中で、上司にストレスと感じるときは必ずあるはずです。そんな時にどんな対処方がいいのか、退職を考える前にあなたがすべきことは何なのかについて、ご紹介していきます。

上司がストレスに感じる原因

仕事の中ではいろんなストレスがありますよね。 ・給料が上がらない。 ・残業が多い。 ・仕事内容が希望通りでない。 ・休日が少ない。 などなど思い当たるだけでもいろんなストレスがあります。 でもその中でも断然ストレスを感じることが、職場の上司との人間関係です。人間同士ですからすべてがうまくいくとは限りません。 しかし、うまくいことで自分の好きな仕事が嫌いになってしまうことだってあるのです。 ではなぜ、上司がストレスに感じるのでしょうか。 いくつかのポイントから考えてみましょう。

上司がストレスに感じる原因 【その1】

パワハラ発言が多い

上司がストレスに感じることといえば、パワハラ発言が多いことがが第一に挙げられます。 これは、「おまえはこんなことしかできないのか。」「何度言ってもおまえはわからないな。本当に使えない」などあなたに対する侮辱的なパワハラ発言です。 こんなことがあるとあなたのやる気は一気にパワーダウン。 頑張ろうとしても失敗すればすぐにパワハラで叱られ、何度も何度も重なるうちにあなたは何もしたくなくなってしまうのです。 パワハラについては個人に指導するのではなく、部署全体、会社全体で取り組むベき課題ですね。

上司がストレスに感じる原因【その2】

上司らしくない。責任を取らない。

上司に良くありがちなことで、怒られることを裂けて自分の失敗を人に押し付ける人です。 本来上司というものは、部下の仕事の把握をし、判断を求められれば自分の責任で判断する。部下が失敗すればそれは判断をした上司に責任があり、上司が全責任を負う。 これが理想の上司ではないでしょうか。 しかし、上司らしくなく、判断を求められても判断できずにうやむやに流す、部下の失敗を自分の責任とは思わずにまったく責任を取ろうとしない。むしろその責任を部下に押し付ける。 こんな上司もよの中にたくさんいるでしょう。上司らしくない上司は本当にストレスがたまるものです。

上司がストレスに感じる原因【その3】

仕事をしない。しゃべってばかりで仕事の邪魔をする。

窓際族という言葉がありますが、これは定年退職寸前の方々が窓際に追いやられ、毎日何の仕事をしているのか分からずに役に立たない人たちのことですが、上司の中には仕事を全くしないで口ばかり動かし人の文句や冗談をずっと話している人がいます。 必死に働いている部下の仕事の邪魔をしてはネットサーフィンをするの繰り返し。一応判断はするけどその後のフォローも何もないから部下は野放し状態。 そんな上司を見ていると部下はモチベーション下がりますよね。 ストレスがたまる一方です。

上司からのストレスを解消する方法

上司からのストレスとは上記であげた以外にもたくさんありますよね。 しかし、ほとんどが上記の3つに当てはまるのではないでしょうか。 では、ストレスで一番多いパワハラ上司に対抗する為のストレス解消法をご紹介します。

上司からのストレス解消法【変な意識は捨てる】

上司が自分をどう思っているのか、人間関係を築くために頑張ろうとか、嫌いな人がいてはいけないとか、 そんな変な意識をもって接していませんか? このように相手のことを意識してしまうと、それだけでその気持ちは相手に伝わります。 「こいつなんか無理して自分に話し合わせてるな?」とか、「話し方がぎこちなくてむかつく」という風に 取られてしまうかもしれません。 確かに社会人ですから、人との付き合いを好き嫌いで判断するのは良くありません。 でも、無理してまでその上司と付き合う事は、あなたの健康状態にも悪影響が出てきます。 ですので、そこは無理せずに変な意識は捨てて「この人は自分に合わないけど無理して 好きになる必要がない。」、「嫌いな人が入れもいいじゃないか。」という気持ちで接してみましょう。 するとそれだけで気持ちが楽になるものです。

上司からのストレス解消法【良い点を見つけるようにしてみる】

嫌いな上司が居てもいいという事はありますが、いやでも付き合わなければいけないのが上司です。 同じ部署の上長なわけですから、あなた一人ではできないこともあります。 ではそんな上司のストレスを解消する為に、上司の良い点を探してみてはいかがでしょうか。 仕事上の立場や仕事のやり方、考え方など、会社でのその上司としてみるのではなく、一個人として見てみましょう。 いい点は必ずあるはずです。 思ったより家庭を大事にしているとか、おしゃべりが好きで雰囲気を良くしてくれるとか、なんでもいいのです。 その上司の良い点を見つけられれば、少しは見方が変わりませんか? いやだから考えたくないという考えは逆にあなたが損をします。 いやでも無理やりいい点をみるけてやるくらいの勢いで考えてみましょう。

上司からのストレス解消法【伝え方のポイントを意識する】

上司ですから、必ず報告・連絡・相談は必要になってきますよね。 ストレスの原因はそんな当たり前の会話がうまくできないこと。 上司に伝えたいことが伝わらず、違うとことで指摘をもらいストレスになってしまう事があげられます。 そんな時は、その上司に報告するときにうまくいっている人はどのようなやり方で話をしているのかを 観察してみましょう。 ・結論を先に知りたがる人 ・一から順に詳しく話さないと納得しない人 ・簡潔に話さないとイライラする人 などなどいろんなタイプの上司がいます。 うまくいっている人はどんなポイントで話しているのか、予めその部分を観察し、自分の話し方もその部分を注意することで、 簡単に話が通ったりすることもあるのです。 ストレスに感じる前に、うまく話している人のまねをしてみるという事も解消法のひとつになるでしょう。

上司がストレスに感じるときの解消法 【受け取り方を変えてみる】

嫌な上司と話をすると、マイナスにとらえてしまう人が多くいます。 これは、上司に対する苦手意識がそうされるのでしょう。 たとえば、自分に負かされた仕事を報告したとします。 でも返事はそっけなく、報告はあっという間に終わってしまった。 こうなった場合、苦手意識のある方は、自分の仕事には興味がないんだ。自分には関心がないんだという風に、よりマイナスな方向に考えてしまいます。 それがストレスになって自分を苦しめることになるのです。そんな時は受け取り方を変えてみるのです。 「今はもっと急ぎの仕事をしているんだ」 「自分の仕事よりも緊急度の高い仕事をしている」 「考え事をしているんだ」 そんな風に自分のことをマイナスに思う事をやめるのです。 自分の仕事には興味ない ではなく、 自分の仕事の報告よりも急ぎですべき仕事をしているんだ というように、都合のよいように解釈するのです。 受取い方を変えるだけで、マイナス思考にならずに済みますからね。

退職を考える前にまだすべきことはありますよ

上司とのやり取りでストレスを感じ、考えを変えたりいろいろしたけどやっぱり無理だ。 もうこの会社ではやっていけない。 そう感じた場合には、退職を考えるのではなくまだ解決する方法はあります。それは部署異動です。 会社では年何回か部署移動があるともいます。大手の会社であれば自分の進むべき進路を希望として提出できることもあります。 多くの会社は個人を評価することで給料の基準をとっていますが、そういった面接や評価の場で他の上司などに移動の希望を出すことが良いでしょう。

やめてしまってはまた一からのスタートになってしまいます。 できる限り同じ会社を続けたほうが仕事もやりやすいですしいろいろ融通がきくようになりますからね。 でも異動希望はあからさまに上司との相性が合わないといっては異動は難しいでしょうから、 キャリアアップをしたいというようなプラスの理由をつけることが必要になるでしょう。

会社以外でストレス解消できる場所をもつ

上司でのストレスは半端ではありません。会社でいくらストレス解消の為に努めても限界があります。そんなときはストレス解消できる趣味や習慣をつけることが良いでしょう。 たとえば仕事帰りにジムに通って汗を流す。人間は運動することでストレスが解消できます。ウォーキングでもランニングでも、サウナでも温泉でも、あなたがストレス解消できる趣味や習慣を身につけましょう。可能であれば容易に行けるところがいいですね。 ストレス解消できる場所が持てれば、あなたの心身のバランスも保つこっとが可能になりますよ。

瞑想などのリラックス効果のあることを試してみる

ストレスが慢性的になってきた場合は、すこし一人になれる時間をとって瞑想する時間を取ってみてはいかがでしょう。 あなたが今何にストレスを感じているのか、どんな影響があるのかなどを電車で考えるというのでも少しは変わってきます。 理想はある程度の時間を取って、目をつむり脱力することで、心身ともにリラックスすることができるでしょう。お勧めは岩盤浴で一日中目をつむって無の状態になることです。 何も考えずに過ごすだけでとてつもなくリラックスすることができますよ。

いかがでしたか? 上司のストレスは半端じゃないですが、そんなストレスで体調を崩したり、あなたの人生が狂ってしまうのであれば、思い切って違う道に行く決断も必要ですね。現状を打破するためには何かを変えなくてはいけません。 あなたにできる事がなんなのか一度考えて見てはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング