IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社に行きたくないときの休む判断基準・行きたくない理由と休む方法

初回公開日:2017年01月06日

更新日:2017年01月06日

記載されている内容は2017年01月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

どうしても会社に行きたくないとき、会社を休んでしまうかどうか、かなり迷いますよね。行きたくないと思ったときに、決断するための基準ってありますか?休むかどうか迷ったときの判断基準と、行きたくない理由別の上手に休む方法をまとめました。

会社に行きたくないとき

朝起きた時に何となく「今日は会社へ行きたくない」と感じ、休みたくなる事は誰にだってあります。会社へ行きたくないと思った時の会社を休む判断基準や、行きたくない理由例と上手に休む方法も一緒に解説します。何となく「会社を休みたい」と思った時は、是非参考にしてください。

会社に行きたくないときの休む判断基準

会社に行きたくないときの休む判断基準
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

会社に行きたくないと思っていても、普段は頑張って出勤しますよね。どうしても行きたくない!と思ったときも以下の項目を確認してから、判断しましょう。

①今の会社にずっと勤めるつもりはあるか

今勤めている会社にこのままずっと勤め続ける気はありますか? もしも休みたい理由が「何となく」であった場合、一度でも休むとそれが癖になってしまいます。 月に1、2回だったずる休みが週に1、2回とどんどん増えていけば、取り返しがつかなくなってしまうのです。もしも今の会社で定年まで勤めたいのであれば、理由なく休む事は止めましょう。

②今抱えている仕事に影響はないか

今日休んでも、今貴方が抱え込んでいる仕事に悪影響はないですか? 1日でも休めば仕事の納期に間に合わない、重大案件を抱えていて休む事が許されないのであれば、行きましょう。休んでも仕事に何の影響もない、納期も余裕があり1日位の休みでは特に何の問題もないのなら、休んでもいいでしょう。

③上司や同僚との関係は良好か

③上司や同僚との関係は良好か
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

貴方の勤めている会社の上司や先輩社員、同僚や部下といった人達との人間関係は良好ですか?休もうと思った時に、頭にちょっとでも「休んだらあの人に何か言われるかも」と心配が過ぎったのならば、行きましょう。 休むと人間関係が悪化する、理由なく休むと責めるような人が会社にいる場合は、出勤した方が無難です。1日位休みを取っても平気である、上司や先輩社員も休みを取っている場合は、貴方も休んでも大丈夫でしょう。

④今日は重要な会議や取引等がないか

会社へ行きたくない、休みたいと思った日は重要な会議や取引、打ち合わせ等の予定は入っていませんか? 休むと仕事に支障が出てしまう会議、取引、打ち合わせがある場合は、休まない方がいいのです。貴方の立場が危うくなるだけではなく、会社に損益がかかる、取引先に迷惑がかかる場合があります。特に何の予定も入っていない、行ってもそんなに大して仕事がないという場合は休んでもいいです。

⑤管理職かどうか

貴方は管理職であり、何らかの役職が与えられていますか?また、新人教育をしている等の立場にありますか? 管理職である場合は、その役職の通りに「社員を管理」しなければいけません。そんな立場の人物が理由なく、ただ会社に行きたくないからと休んでは、周りの士気も下がります。そして新人教育をしている等、教育係の立場にある場合、貴方が休むと、貴方に仕事を教わっている社員が戸惑います。上司も折角貴方に教育係を命じたのに、何となく理由もなく休まれては、期待外れだと思ってしまうでしょう。

⑥出世を考えているかどうか

⑥出世を考えているかどうか
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

会社へ行きたくないと思っていても、出世を考えているのならば、理由なく休んでしまう事は禁物です。業務成績もそうですが、勤務態度も出世に響いてしまうからです。出世して役職に就きたい、いずれは幹部を目指しているのであれば、なるべく勤務態度に気を付けた方が良いのです。

関連タグ

アクセスランキング