IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

できる営業マンのテレアポのコツ|法人・新規・不動産の場合のコツ

更新日:2020年08月14日

営業

テレアポ業務は会社の売り上げを維持したり伸ばしたりと大変大切な業務となっています。しかしアポが取れるまでのテレアポ業務のコツをつかむ事はとても大変です。今回はそんな難しいテレアポのコツを業態別に分けて詳しく紹介していきたいと思います。

テレアポとは?

テレアポとは、「テレフォン(電話)アポイント(面会の約束)」、つまり電話での営業業務です。 顔を突き合わせて行う商談よりも、なかなか難易度の高いテレアポを成功させるコツをご紹介します。 今日から貴方もできる営業マンになって、どんどん新規開拓していきましょう。

できる営業マンのテレアポのコツ

できる営業マンはどのようにしてテレアポを実践しているのでしょうか。 コツを紹介していきます。

テレアポの際に心がけると良いこととは

①電話での接客と心得る事

テレアポを成功させるコツとして、まずテレアポとは「電話での接客」だと思いましょう。 対面での接客の場合、声の他に表情や身振り手振り、資料の提示等で、こちらの意思を伝える事ができます。 しかしテレアポは電話での接客、つまり「声」と「トーク力」だけで、相手へ明確にこちらの意思を伝えなければいけません。

②相手の声に合わせる事

電話ではこちらの声でしか、喜怒哀楽を相手へ表現する事ができないのです。 その為、テレアポを成功させるコツとして「声のトーンを相手に合わせる」ようにして話しましょう。 どうして「高い声」、「低い声」のどちらか一方だけではダメなのか、それは、相手は人間だからです。 いきなり高い声でテレアポの電話がきても「何かの売り込みの電話か」と警戒されてしまいます。 かといって低い声だと「機嫌が悪そう」と勘違いされてしまいます。 相手が高い声のトーンであればそれに合わせて少し高めに、低い声のトーンならばちょっとだけ低くしましょう。 高い声のトーンはテンション高めに、低い声のトーンは落ち着いた雰囲気を醸し出せます。

③話し方に抑揚をつける

ただただ原稿を読み上げるだけでは、折角電話に出てくれた相手も「話が詰まらない」と思ってしまいます。 ニュースキャスターのようなハキハキした滑舌の良い話し方も良いですが、ここは舞台俳優のような話し方を目指しましょう。 ちょっとでも抑揚をつけて話す事で、聞きあきたセールス電話が、面白いドラマのセリフのように聞こえるのです。 好きな俳優さんや女優さんがいれば、その人の話し方を真似してみるといいでしょうきっとコツを掴めるはずです。

④慌てずゆっくり話す

電話を切られないようにと早口で話がちですが、それでは相手は「せっかちな人だ」と思って、落ち着いて話を聞けません。 要所要所で文章を区切りつつ、気持ちゆっくりめに話す事で、滑舌が悪い人でも聞き取りやすくなるのです。 例えば「○○会社の○○という製品についてお電話致しました」という文章を、そのまま続けて話しては落ち着きなく聞こえてしまいます。 「○○会社の/○○という製品について/お電話致しました」というように、/の部分で一拍おくことが大きなコツです。 そうすると単語事に頭に入りやすく、記憶に残りやすいのです。

⑤「あ、」「えー」は禁止

何かを話そうとした時に、咄嗟に言葉が出てこない事で、空白の時間を埋めようと「あっ、○○と申します」と、冒頭に「あ、」をつけてしまう事があります。 もしくは、「えー、○○については」等、「えー」や「あのー」という言葉をつけてしまう人もいるでしょう。 こうした言葉を話す内容の前につけてしまうと、とても頼りない印象になってしまうのです。 癖になっている人もいるかもしれませんが、なるべくこうした言葉は使わないように、気を付けましょう。

相手が法人の場合のテレアポのコツ

①自己紹介が大切

取引先でもない会社からいきなり電話がかかってくると、大抵の人は「面倒なセールス電話だ」と辟易します。 加えて、ファーストインパクトであるテレアポで相手に取る態度を間違うと、取れるアポイントメントも取れません。 まずは丁寧に「○○株式会社の○○と申します。営業でのお電話をかけさせて頂きました」というように伝える事がコツです。

②長々と説明しない

初回公開日:2017年01月05日

記載されている内容は2017年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング