IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

35歳の実態|平均年収・手取り・平均の貯金額・転職状況

転職ノウハウ

35歳の平均年収をご存じでしょうか?今35歳のあなたも、これから35歳を迎えるあなたも気になりませんか?。ここでは35歳の平均年収や手取り額、平均の貯金額や転職についての状況を調べてみました。これからの人生設計の参考にして下さい。

更新日時:

給料の上がり方が遅い・・・」 「ボーナスの額が思ったより少なかった・・・」 そんな悩みを抱えている人は、会社から自分の評価が適切にされているかを調べましょう。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がる可能性は大きいです。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

35歳の平均年収

トピック2073/要素2337914

最近の日本人全体の平均年収は440万円の辺りで推移している様です。 35歳と言えば、新卒で入社した場合、会社でのキャリアも10年を超え、それなりの役職に就く頃です。若くして部長クラスの役職をもつ人もいるのではないでしょうか。仕事の面でも、会社の実務の中心で動き、会社の内外にも独自の人脈も出来ているでしょう。 またプライベートでは、結婚して、子供生まれそろそろ小学生入学という人もいるでしょう。教育費も徐々に上がって行く時期ですので、収入の面と自分のキャリアを天秤にかける人も多いのではないでしょうか? 株式会社インテリジェンスの運営する転職サービスDODAの調査によると、35歳の平均年収は以下の様になっています。日本人の平均年収以上の収入はある様です。あなたの想像と比べてどうでしょうか?

35歳平均年収475万円 引用元/平均年収ランキング

35歳の平均年収、性別によるの違いは?

上記の平均年収についての数字は男女合わせての統計数字ですので、同じ35歳でも男性と女性では若干の違いが出てきます。 以下の通り、同じ年齢の男性と比べても、115万円約20%程収入が少なくなっています。女性が活躍する場面も多くなってきた社会ですが、まだまだ格差を感じる人も多いはず、平均年収についてのデータひとつを取ってみてもそれが表れています。

男性の35歳の平均年収は510万円 女性の35歳の平均年収は395万円 30代の平均年収467万円 引用元/平均年収ランキング

35歳の平均年収からの手取り金額は?

それでは、月々の手取り額はどれ位になるのでしょうか? 先程の平均年収から手取りを算出してみると、ボーナスを夏冬それぞれ50万円として計算した場合、

男性女性
年収410万円295
月収34万円24万5000円
健康保険・税金6万円4万円
手取り28万円20万5000円

どちらも独身であれば、問題のない収入と言えるでしょう。

実績No.1の「リクルートエージェント」

転職をしたいけど、「転職に対する不安がある」という方はリクルートエージェントのキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。 リクルートエージェントの特徴を2点ご紹介します。 ・「充実したサポート体制」 リクルートエージェントでは経験豊富なキャリアアドバイザーが一人一人に合った転職先を一緒に考えてくてます。キャリアについてプロの方に相談できるので安心するでしょう。 ・「豊富なセミナー」 面接や応募書類などの転職ノウハウだけでなく、業界動向、トレンド情報まで、豊富なテーマのセミナーを開催しています。あなたの個性を最大限活かした書類の作成や、本番同然の模擬面接をしてくれるので転職が未経験の方でも自信を持って面接をすることができます。 また、リクルートエージェントでは高い年収UP率も誇ります。 20%~40%の年収UPが見込めます!いまのあなたの年収からどれくらいになるか計算してみてください。

35歳の平均の貯金額

調査によると、以下の通り、30代の平均資産は約379万円、そのうちの預貯金額は231万円という数字がでています。 総資産に対して、預貯金の比率は約6割になっています。4割は有価証券や金融商品、保険の積立などで残しているということですね。色々な方法で資産を形成しようという姿勢が見えます。リスクを避けるためにも良い方法と言えますね。

30代の平均資産:約379万円 30代の平均預貯金額:231万円 引用元/クレジットカードの読みもの

35歳のライフスタイル

30代となると、結婚や出産、子育てについて考える人も多いのではないでしょうか? それに伴い、住宅の購入などの必要もでてくるでしょう。人生が大きく変わる年代と言えるのではないでしょうか?

結婚・出産

日本人の初婚平均年齢は男性も女性も30歳前後です。主婦向け雑誌の平均読者層は年齢35歳、子供は2~3人と言われています。イクメンなどの言葉に代表される様に、今の時代は男性もに家事に育児に参加が必要になってきています。

住宅の購入

住宅を購入するのは、30代が多い、と言う話を聞きます。 実際、国の調査によると、 註文住宅や分譲住宅( 建売住宅や分譲マンション)などを購入する年齢は30代が多いそうです。また、 分譲住宅( 建売住宅や分譲マンション)を購入する平均年齢は以下のようになっています。

分譲住宅( 建売住宅や分譲マンション)を初めて買う人の平均年齢 36.2歳 引用元/住まいの殿堂

35歳の家計例

一例として、夫婦35歳、子供2人、妻が専業主婦とした場合の家計は以下の様になります。

品目金額
収入28万円
住居費7万円
水道・光熱費1万5000円
通信費1万円
保険料1万5000円
育児関係3万円
食費3万円
車のローン・ガソリン3万円
雑費2万円
小遣い3万円
貯金3万円

冠婚葬祭などの急な出費がある場合は赤字になるのは避けられません。ボーナスは別途とは言え、あくまでも業績に応じた収入として捉えると不安定な要素になります。教育費などが、これから増えて来る事を考えると、暮らしを良くして行くためには月々の手取り収入を上げる事が必要です。

年収を上げる方法

年収を上げるためにはいくつかの方法があります。アルバイトや投資で収入を増やすと言う方法もありますが、やはり、堅実な方法としては「共働き」「会社での昇進」「転職」など仕事での収入アップをすることががあげられます。

共働き

家庭を持っている場合に、まず考えられるのが共働きという方法です。 扶養控除の枠内で働くという制限を設けたとしても、月々10万円以上、年間で130万円の収入増をすることができます。 注意点としては夫婦で働くため家事や育児などの分担をしっかりとする必要があることです。

昇進

勉強などでスキルアップをして、会社内での地位を上げ昇進昇給を狙うという方法も堅実な方法であると言えます。エンジニアやIT関連などの職業では、技術も日進月歩で常に勉強することが求められます。 それだけめまぐるしく変わるということは逆に言えば、スキルアップを休むことなく続けていくことで、自らの価値を高め、昇進昇給を結びつけていることが出来やすい人言えます。 妻が専業主婦で家庭を守り、夫が会社で仕事に専念する…という役割分担がしっかりできているようであれば、最適な方法と言えるでしょう。

転職

欧米では、一つの会社に長くとどまるよりも、スキルや給与のアップを目指して、より良い会社へ転職するという スタンスが仕事上のライフスタイルです。昇給についても会社の上司や上層部に自ら交渉して勝ち取るという姿勢が必要なようです。 転職について助言者などのアドバイスを受け、計画的に行うことで会社での昇進以上に収入をアップさせることも可能な方法です。 パートナーの家庭がある場合は、事前にしっかりと話し合ってモンを感じさせないようにするということも必要です。

35歳の転職状況

求人情報などを見ていると募集要項に「年齢35歳くらいまで」といった記載を見かけることがあります。 35歳はもう若手ではないと言う見方もできますね。 フットワークのあり、吸収力もある若手の社員を求めている企業にとっては、30代中盤という年齢の社員は魅力がないのかもしれません。 しかし、逆の見方をすると、社会へ出て10年以上の経験を積んでいるということを最大の武器にして転職活動をするということができるとも言えます。

良い転職をするには?

経験を生かして良い転職活動するためには、自分の市場での価値を知ることが一番重要です。とはいえ自分の価値をどのような方向からそう考えて行けば良いのかということは、自分ではなかなかわからないものです。そのような時には、客観的に自分を分析する手段として、ハローワークは転職サイトなどのエージェントなどの協力を受けることが必要です。 まずは、転職活動を始める前にハローワークやいくつかの転職サイトへ登録するなどして、今の自分の市場での価値というものを知り、そこからどのような企業へ自分を売り込んでいることができるのかアドバイスを受けながら進めていきましょう。

まだまだこれから!より良い人生の実現を

35歳の平均年収、貯金額や転職状況についてご紹介しました。この記事を読んでいるあなたは今35歳でしょうか。それともこれから35歳になるのでしょうか。 平均年収はあなたの現状とを比べてどうでしたか? 今回の記事では、35歳の現状と収入アップをさせることについてご紹介しましたが、家賃や食費、通信費など、月々の家計の不要なものを見直し「家計のダイエット」をすることで収入を増やすのと同等の効果をもたらすこともできます。 収入アップのための行動と合わせて行動していくと良いでしょう。 35歳は人生でも油ののった時期です。しかし、それゆえに一番大変な時期かもしれません。自分のやる気や行動によって収入や 貯蓄を増やし、さらに豊かな人生を目指すことも不可能ではありません。 スキルアップや転職活動で、迷いや不安が出た場合は、周囲にアドバイスを求めるなどして、より良い人生を実現させて行きましょう。

もっと年収を上げたいなら「JAC」

高収入の転職なら「JACリクルートメント」も登録しておくとよいでしょう。 経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。 年収800万以上の案件や、外資系・海外での案件も多数扱っており、大きくステップアップしたい方に最適な転職エージェントです。 転職を強要されることもないため、自分の意外な可能性に気づくためのきっかけにもなります。

関連タグ

アクセスランキング