IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社をクビになる前兆・クビの理由事例・クビになる条件・給料の扱い

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

クビにされてしまうのではないかと不安になる時もあるかと思います。では、会社をクビになる前兆にはどのような例があるのでしょうか。クビになる理由例や、会社がクビにできる条件、クビになってしまった時の待遇についてまとめました。

急な配置換えがクビの前兆であることも

急な配置換えはクビの前兆としてよくあるものです。正社員をクビにするためには様々な条件を満たす必要があり、もめごとの種になることもあります。そのため、自主的な退職を促すために配置換えを行うのことは珍しくないのです。いわゆる窓際など、仕事の難易度が低く出世の見込みがない部署に配置されることもあります。僻地の支店への配置などもあり得ます。 また、早期退職者の募集など会社の経営が危ういサインがある場合は、クビになる確率がより高まります。逆に言えば、仕事を続ける意思がある限り容易に首にできないことも多いのです。

クビになる前に急に注意を受けなくなることも

遅刻や欠勤が多い場合は、勤務態度に問題があるとされ、クビにされる可能性が高まります。注意されている間はまだ態度を改めれば信用を回復できる望みがあります。

しかし、突然注意を受けなくなった場合は注意が必要になります。これはクビにすることを前提として事前の準備をしている可能性があるためです。同僚が急に冷たくなったなど、コミュニケーションが取れなくなった場合も注意が必要です。前兆を感じた頃にはもう手遅れの場合もあるため、まず態度を見直すことが重要な場合があります。

成果が出せなければクビになってしまう会社も

働く人間は労働基準法で守られており、容易にクビにすることができないのが特徴です。しかし、年俸制の企業など、雇用期間がある程度決まっている場合は雇用が継続されない可能性も出てきます。外資系などは特にシビアで、成果が出せなければ減給や降格は珍しくなく、雇用の打ち切りによるクビも珍しくないのです。 もしなかなか評価されないと悩んでいるなら、きちんと人事評価してくれる企業に転職するのもひとつの道です。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがです。

年間契約で高い報酬を払っているからこそそれにふさわしい成果が求められるのです。金融関係の会社なども成果を出すことが求められるため、能力が無ければクビになってしまうリスクが生じます。出世のレースに勝ち残るだけでなく、能力を磨いて数字を残すことが大切なのです。

会社の経営状況によるクビもあり得る

クビになる理由は自分の能力だけでなく、企業の経営状態が原因で行われる場合があります。単純に給料を払えるだけの利益を出せなければ倒産の危機となり、お金を借りて支払うにも限界が生じるからです。会社の経営難による人員整理は珍しくなく、大手上場企業でも行われることがあります。

ポイントになるのが事前に減給などの交渉が行われることが多い点です。会社の経営状態について情報を共有し、経営不振を乗り越える企業もあります。また、会社は人員整理をする前に経営を立て直す努力や事前に説明する義務を負っており、努力や説明が不足している場合は不当解雇として訴訟が起きることもあり得るからです。 会社が倒産しても未払いの給料の支払いを求めて裁判が起きることもあります。この場合、会社の経営陣などが支払いの義務が生じ、未払いの給与の支払いなど損失の補てんが行われることもあるのです。

病気や怪我を理由としたクビは不当解雇になることも

十分に職務がこなせないことを理由に解雇通知がされることもあります。例えば、能力不足だけでなく、病気や怪我などを理由に解雇されることもあり得るのです。ただし、病気や怪我で解雇する場合は、一定以上の療養期間を経て回復の見込みがない状態などに限られます。 また、産休などを利用にしたクビも法律上で禁止されており、復職に関しても不利益をもたらさないように配慮する義務が生じます。会社がクビと判断しても、労働基準法違反の範囲であれば不服申し立てを行って復職できる場合もあるのです。法務担当者がいない企業や、社労士がいない企業の場合は経営者判断でクビにされることもあります。 しかし、不当な解雇である場合もあるため、理由が正当かどうか確認することが大切です。ただし、傷病手当などを受け取り一定期間以上休んだ場合など、労働基準法で定められた範囲を上回って休んだ場合は解雇が正当なものと認められる場合があります。

初回公開日:2017年01月06日

記載されている内容は2017年01月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング