IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社をクビになる前兆・クビの理由事例・クビになる条件・給料の扱い

悩み・不安

クビにされてしまうのではないかと不安になる時もあるかと思います。では、会社をクビになる前兆にはどのような例があるのでしょうか。クビになる理由例や、会社がクビにできる条件、クビになってしまった時の待遇についてまとめました。

更新日時:

急な配置換えがクビの前兆であることも

急な配置換えはクビの前兆としてよくあるものです。正社員をクビにするためには様々な条件を満たす必要があり、もめごとの種になることもあります。そのため、自主的な退職を促すために配置換えを行うのことは珍しくないのです。いわゆる窓際など、仕事の難易度が低く出世の見込みがない部署に配置されることもあります。僻地の支店への配置などもあり得ます。 また、早期退職者の募集など会社の経営が危ういサインがある場合は、クビになる確率がより高まります。逆に言えば、仕事を続ける意思がある限り容易に首にできないことも多いのです。

クビになる前に急に注意を受けなくなることも

遅刻や欠勤が多い場合は、勤務態度に問題があるとされ、クビにされる可能性が高まります。注意されている間はまだ態度を改めれば信用を回復できる望みがあります。

しかし、突然注意を受けなくなった場合は注意が必要になります。これはクビにすることを前提として事前の準備をしている可能性があるためです。同僚が急に冷たくなったなど、コミュニケーションが取れなくなった場合も注意が必要です。前兆を感じた頃にはもう手遅れの場合もあるため、まず態度を見直すことが重要な場合があります。

成果が出せなければクビになってしまう会社も

働く人間は労働基準法で守られており、容易にクビにすることができないのが特徴です。しかし、年俸制の企業など、雇用期間がある程度決まっている場合は雇用が継続されない可能性も出てきます。外資系などは特にシビアで、成果が出せなければ減給や降格は珍しくなく、雇用の打ち切りによるクビも珍しくないのです。 もしなかなか評価されないと悩んでいるなら、きちんと人事評価してくれる企業に転職するのもひとつの道です。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

年間契約で高い報酬を払っているからこそそれにふさわしい成果が求められるのです。金融関係の会社なども成果を出すことが求められるため、能力が無ければクビになってしまうリスクが生じます。出世のレースに勝ち残るだけでなく、能力を磨いて数字を残すことが大切なのです。

会社の経営状況によるクビもあり得る

クビになる理由は自分の能力だけでなく、企業の経営状態が原因で行われる場合があります。単純に給料を払えるだけの利益を出せなければ倒産の危機となり、お金を借りて支払うにも限界が生じるからです。会社の経営難による人員整理は珍しくなく、大手上場企業でも行われることがあります。

ポイントになるのが事前に減給などの交渉が行われることが多い点です。会社の経営状態について情報を共有し、経営不振を乗り越える企業もあります。また、会社は人員整理をする前に経営を立て直す努力や事前に説明する義務を負っており、努力や説明が不足している場合は不当解雇として訴訟が起きることもあり得るからです。 会社が倒産しても未払いの給料の支払いを求めて裁判が起きることもあります。この場合、会社の経営陣などが支払いの義務が生じ、未払いの給与の支払いなど損失の補てんが行われることもあるのです。

病気や怪我を理由としたクビは不当解雇になることも

十分に職務がこなせないことを理由に解雇通知がされることもあります。例えば、能力不足だけでなく、病気や怪我などを理由に解雇されることもあり得るのです。ただし、病気や怪我で解雇する場合は、一定以上の療養期間を経て回復の見込みがない状態などに限られます。 また、産休などを利用にしたクビも法律上で禁止されており、復職に関しても不利益をもたらさないように配慮する義務が生じます。会社がクビと判断しても、労働基準法違反の範囲であれば不服申し立てを行って復職できる場合もあるのです。法務担当者がいない企業や、社労士がいない企業の場合は経営者判断でクビにされることもあります。 しかし、不当な解雇である場合もあるため、理由が正当かどうか確認することが大切です。ただし、傷病手当などを受け取り一定期間以上休んだ場合など、労働基準法で定められた範囲を上回って休んだ場合は解雇が正当なものと認められる場合があります。

不正行為や社則に反した行為はクビの原因となることも

会社の正当な解雇が認められる原因の一つに、犯罪や不正行為に関わったことによる懲戒処分が挙げられます。インサイダー取引や、個人情報を含む情報漏洩、資金の着服、長期にわたる情報の不正操作などは懲戒解雇の原因となり得ます。 また、会社以外の私生活で犯罪に関わった場合も懲戒解雇の対象になり得ます。特に会社の名誉を著しく傷つけるような行為は厳しく対処されるのが一般的です。会社の社則に反したことを理由にクビにされることもあります。 軽微な不正行為や、軽度の交通違反はクビの理由と認められない場合もあります。軽微な罪で解雇を行うのは、解雇権の乱用になることがあるためです。特に古い会社の社則は見なおしがされていないことが珍しくなく、個人の権利を侵害していることもあります。裁判で解雇が不当として争う場合は、その後の出世への影響などを踏まえ、割に合うかどうかはしっかり考える必要があります。

具体的にクビが認められる理由とは

クビが認められる理由は主に4つです。 1つは経営難により、給与を支払うことが難しい場合です。ただし、事前に経営を立て直す努力が必要になるだけでなく、クビにする前に社員に通知を行う義務があります。通知を行わない場合は不当解雇になる場合や、通知が遅れた分だけ給与の補償を行わなければならないことがあるのです。 様々な条件はあるものの、基本的にクビにするに1ヵ月前に通知するのが基本です。予告なしの解雇の場合は1ヵ月分の給与の補償を義務付けられる場合があるのです。これは雇用期間が定められた有期雇用契約の場合でも該当する場合があります。 2つは自然災害などにより働く場所自体がなくなってしまった場合や、事業の継続が困難になった場合です。ただし、会社都合だけでクビにできるわけではなく、管轄の労働基準監督署に届け出を行い、許可を受ける必要があります。許可を受けていない場合は不当解雇になる可能性があります。 3つ目は懲戒解雇など、クビにされる側に問題がある場合です。この場合は給料の補償などがつかない場合が多く、退職後の扱いも異なる点を理解する必要があります。 4つ目は能力や勤務態度など、適正が著しく低いと判断された場合です。病気や怪我などで長期療養が必要で職務を遂行する能力がないと認められた場合もこちらに含まれます。

勤務態度や成績不振を理由としたクビは裁判で争われることも多い

勤務態度を理由にクビになることはあり得ますが、双方の主観が入りやすいため裁判になることも珍しくないのが特徴です。また、成績の不振を原因にクビにする場合も、社内の研修体制がしっかりしているか、明確なサポートを行っていたか問われることがあります。明確なサポートなどが無ければ会社側が成績不振の原因と認定され、クビが取り消される場合や相応の賠償金の支払いが請求されることがあるのです。 ただし、裁判には費用と時間が掛かります。不当なクビであっても経済的な負担になることも珍しくないため、労働者側も積極的に勤務態度をチェックすることや、能力の向上のためのコミュニケーションが大切になります。不満がある場合は労働事務所に相談し、会社の対応に問題がないか確認する方法もあります。 環境を変えたい、自分の希望する条件がそろう企業で働きたいと思ったら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントなら、求人の紹介はもちろん条件の交渉まで行ってくれます。

クビになった際の給与や退職金は会社の規定によって異なる

クビになった際の給与や退職金の規定は企業によって異なります。ただし、給与は原則的に働いた分だけ支払うことになっています。クビになった場合もクビになった日までの給与が支払われるのが一般的です。 退職金は不支給の理由がない場合は、懲戒解雇であっても満額支払われます。これは退職金には労働者に受け取る権利があるからで、後付で経営者が変更することが出来ないためです。 そのため、懲戒解雇された人員に退職金を支払いたくない場合は、事前に退職金の規定を変えておく必要があります。また、退職後であっても懲戒解雇に相当する事由が見つかった場合は支給しない等、補足事項を設ける企業も多くなっています。会社の一方的な都合で退職金の支払いを停止することはできないため、裁判になることも多いのです。 また、自己都合で退職したか、会社都合で退職したかによって失業保険の支給額や、支給が開始される待機期間が変わることもポイントと言えます。

経営難が理由のクビでも退職金は受け取れる

退職金は社員の退職後の生活を保護する面があります。また、労働条件に明記されていることも多く、経営難になっていても原則的に規定の金額を支払う必要が生じます。 社員が同意した場合は減額することも可能ですが、著しく合理性を欠く範囲であれば違法となる場合もあるのです。経営難だからと言って支給額をゼロにすることは原則的に許されないのです。会社が倒産して退職金が支払えない場合は国が立て替えて支払うなど様々な保護制度が存在します。

関連タグ

アクセスランキング