IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り23万の生活|年収・家賃・貯金・結婚生活の様子

年収・給与

手取り23万と聞くと多いように感じるか、少ないように感じるか、人それぞれによって感じ方は違うと思います。今回は手取り23万の場合の年収、家賃の目安、貯金しておきたい額、手取り23万で結婚生活はしていけるのかを紹介していきます。

更新日時:

手取り23万円の年収は約400万円

手取り23万円の年収はボーナスを入れて、だいたい400万円ほどになります。年収400万円というと平均よりも少し多い年収になります。手取り23万円は支給額にすると約29万円になるので、ボーナスを含めると400万円ほどの年収になるという計算です。 支給額から引かれるものとしては、年金、健康保険、雇用保険、住民税などが強制的に引かれることになります。 毎月5万円から6万円は支給額から引かれることになるので、総支給額としては28万円から29万円ほどになることが一般的です。ボーナスが年に2回の支給が一般的で、給料の1ヶ月から2ヶ月分の支給を足すと、約400万円ほどの年収になります。 ボーナスの額は会社によっても違うので、ボーナスによって年収が左右されることもありますが、23万円の手取りならば400万円前後の年収になると言えるでしょう。

家賃は7万円未満が理想

手取り23万円の人の家賃相場といえば、手取りの3割が理想的な家賃だと言われています。約7万円程度の家賃が手取り23万円の人にとって、理想的な家賃相場になると言えるでしょう。 実際には手取りの3割によりも安い家賃に住めば、それだけ生活も楽になりますし、一人か2人かによってもスタイルが違います。

一人暮らしならば5万円程度の家賃で、十分すぎる部屋を借りることもできます。カップルの場合には2人で住むので、ある程度の広さは必要になるでしょう。 そのため2人で7万円以上の部屋を探すことになります。家賃の相場は手取りの3割までが理想なので、自分のスタイルにあった部屋を探しましょう。

手取り23万じゃ足りない・・・

将来のために貯金をしておいた方が安心でしょう。しかし、手取り23万円で貯金をするためにはかなりの工夫が必要です。また、子育てをしていく上で手取り23万だと子供に不便な思いをしてしまうこともあるでしょう。将来不自由のない生活を送りたい方は転職をすることをオススメします。 自分に合った企業へ転職をしたい方には首都圏&関西圏で求人数トップクラスの「マイナビエージェント」がおすすめです。実際にマイナビエージェントで転職をし年収49%アップさせた方や、年収25%アップさせた方もいます。 首都圏&関西圏を中心に求人数トップクラスの「マイナビエージェント」では経験豊富な「キャリアアドバイザー」があなたの希望条件を満たしている求人を紹介してくれるため、あなたの働きたい条件に合った企業へ転職することができます。 将来後悔をしないよう、転職をし収入を上げ余裕のある生活を送りませんか。無料で相談ができるので、まずは登録してみましょう。

一人暮らしの場合は5万円は貯金をしたい

手取り23万円の人の貯金については、一人暮らしならば5万円は貯金をしたいところです。 家賃7万円 食費3万円 水道光熱費や通信費3万円 小遣いと雑費3万円 貯金7万円 あくまでも概算ですが計算では貯金が7万円も可能になります。 しかし一人暮らしをしていると、食費はコンビニや外食も多くなるので3万円以上かかることもあるでしょう。交際費や小遣いがもっと増えることも予想されますが、最低でも5万円は貯金をしておきたいところです。大きな出費をすることがこれから先必ず出てくるので、できるだけ備えるためにも最低限5万円の貯金はしておきたいです。

実家暮らしの場合は10万円は貯金ができる

手取り23万円の人が実家暮らしの場合には、10万円の貯金を目指したいです。実家に10万円を入れて自分で入院保険などを払ったとしても、10万円は自由に使えるお金になります。 実家に入れるお金は家賃、食費、水道光熱費を考えるので、最低でも6万円は入れておきたいです。食費は自分で外食することもあるので、親と相談をして実家に入れるお金を決めましょう。 手取り23万円あればかなり余裕のある生活ができるので、目標10万円を貯金することもできるので、貯金額年100万円を目標とすることもできます。

結婚している人はほとんど貯金できない

手取り23万円で結婚をしている人は、環境にもよりますが貯金をするのは厳しいかもしれません。 子供がいればさらに厳しくなるので、上手く節約することが大切です。家賃、食費、医療費や保険料などを考えても、月に20万円は掛かることが予想されます。医療保険や生命保険などによっても変わりますが、結婚をした時には万が一のことを考えなければなりません。 将来のことを考えて備えるほど、貯金ができなくなるというジレンマがあります。手取り23万円で貯金をたくさんしたければ、妻が働いて収入を増やすしかないでしょう。

手取り23万の方は節約することで何とか生活することはできる

手取り23万円で結婚生活は何とかすることはできます。何とかというのは普通に生活するのは手どり23万円でも生活できるという意味です。衣食住だけにお金を使ってもしもの時や将来に備えるお金を掛けなければ、普通に生活を送ることができます。 しかし状況はいつ変わるか分かりません。 ケガや病気をしてしまった時に備えていなければ、一気に生活は苦しくなってしまう可能性があります。手取り23万円では貯金も少ししかできないので、何かがあった時には心細いです。 結婚生活で何もなく生活をするだけならば手取り23万円でも生活はできますが、もしもの時や将来のための十分備えることはできないでしょう。どうしてもお金が必要な場合はカードローンを利用することを視野に入れましょう。下記に参考記事があるので目を通しておきましょう。

妻が働けばその分だけ余裕ができる

手取り23万円で生活が可能だとしても、もしもの時に役立つのは貯金です。そのためにも妻が余裕のある時に働くことは、安定した結婚生活を維持するためにも必要なことです。 手取り23万円でギリギリの生活をすることができれば、妻が働いた分だけ貯金をすることができます。

子供が生まれることになると、約3年ほどは確実に働くことができなくなるので、夫の給料だけで生活できる基盤を作っておくことは大切です。そのため妻が働いた分は普段から当てにしないで、貯金をするために働くという意識を持っておくと、もしもの時も大丈夫です。

妻が働いている時にいかに貯金できるかがポイント

安定した結婚生活を維持するためにも、妻が働いた分で貯金額を増やしておくことは大切なことです。 手取り23万円では毎月貯金できたとしても、1万円か2万円がやっとでしょう。結婚生活を続けていれば、いずれ大きなお金が必要になる時があります。子供ができれば以後はお金が掛かり続けますし、手取り23万円では十分養っていくのは難しいでしょう。

そこで妻が働ける時にはしっかりと働いて、貯金をしておくことが大切です。妻が働けるのは子供がいない時や、子供が大きくなった時です。子供が小さい時には働けないですし、その時は手取り23万円でやり繰りしなければなりません。 月に23万円で子供まで養っていくのはかなり厳しいので、子供ができる前にしっかりと妻が働いて貯金をして、子供が大きくなってからも働くことが必要になります。

子供の有無によって手取り23万の結婚生活はまったく違う

手取り23万円の結婚生活は、子供がいるかいないかによっても大きく変わります。 まず子供がいる時にははっきり言って難しいでしょう。どんなに節約をしても貯金できる額は知れていますし、子供が大きくなるにつれてまとまったお金が必要になります。 ある程度の貯金額と安定した生活費がなければ、子供のいる家庭で月23万円の手取りでは厳しいでしょう。生活することができても、将来に備えることができないのが難点です。子供がいなければ手取り23万円でも十分生活することはできます。 ただし貯金をするには節約がポイントですし、まとまった貯金額が必要になることもあるので、心細いのは事実です。どちらにしても手取り23万円では、結婚生活をすることは可能ですが、かなり厳しい生活になるでしょう。

保険の見直しなども毎年チェックすることが大切

手取り23万円の結婚生活をするならば、節約のために保険の見直しは毎年必ず行いましょういくら毎日節約をしたとしても、固定費が髙ければ節約した分がすぐに消えてしまいます。 できるだけ固定費を減らして節約することによって、手取り23万円でも生活することができるようになります。毎日数十円の節約も大切ですが、月の数百円の節約を見直すことも忘れずに行いましょう。 保険の見直しは見落としがちな部分なので、もしもの時に備えることも大切ですが、ムダなお金を払わないようにしっかりとチェックしましょう。しっかりと節約する意識を持てば、手取り23万円でもお金に困らない結婚生活を送ることができるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング