IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社をバックレるとどうなる?賠償金・退職金・退職届の扱い

更新日:2020年10月02日

退職ノウハウ

会社の方針に従いたくない、今いる会社が合わなくてストレスがどんどん溜まっていく、会社をバックレたくなる理由は人それぞれだと思いますが、バックレたくなる共通要素は「不満」だと思います。今回は会社をバックレたらその後どうなるのかを紹介していきます。

会社をバックレたくなったら・・・

会社をバックレる、無断欠勤の後に無断退職するという行為は、あまり許される事ではありません。 しかしどうしても我慢出来ずに会社をバックレる事を選択した場合、どのようなリスクが起こるのでしょう? 会社をバックレるとどうなるのか、損害賠償や、退職届の事、そして給料や退職金について解説します。

会社をバックレるとどうなる?

連絡が来る

会社は貴方が急に出勤してこなくなった事に対し、「何か事件に巻き込まれたのではないか」と心配します。 まずは貴方の直属の上司から、貴方の携帯、または家庭電話へと連絡がきます。 電話をかけてくる方の性格にもよりますが、恐らく貴方と連絡がつくまで何度もかけ直してくるでしょう。 その時に、留守番電話の録音へ怒鳴り声や罵声、強迫とも取れる言葉が残される場合があります。 そういった場合は怖いかもしれませんが、後々退職を有利に運ぶ証拠になりますので、残しておきましょう。

緊急連絡先に連絡がいく

貴方に直接電話をかけても連絡がつかない場合、貴方が緊急連絡先に指定した電話番号へと連絡がいくでしょう。 例えば緊急連絡先に実家の連絡先を伝えていた場合は、そちらへ「出勤してこない」と連絡されます。 そうするとご両親も会社のバックレに巻き込む事になってしまう、という心配があります。 緊急連絡先に指定している人へ余計な心配をかけない為にも、バックレたら先に連絡しておくといいでしょう。 そうする事で、貴方の家に警察が安否確認に来る、といった事も防げるのです。

家に来る可能性あり

何度も何度も連絡をしても、どうしても電話が繋がらないと、会社としては益々「事件」の可能性を考えます。 その為に貴方の家へと訪ねてくるという事も、否定できません。 過去に部下が会社をバックレた事のある上司ですと、貴方が携帯に出なかった時点で家に来るという事もあります。 上司ではなくとも、仲の良い同僚や先輩社員が来る事があります。 もしも対応できそうならば、この時に退職したいという意思を伝えておくのもいいでしょう。

警察を呼ばれる可能性あり

会社は貴方と連絡が全く取れない事から、「事件に巻き込まれたか、事故に遭った、病気になって動けない」と考えます。 電話にも出ない、家に行っても誰も出ない、緊急連絡先に電話をしてもダメだった場合、警察を呼ばれる可能性も避けられません。 滅多にない事ですが、しかしきちんとしている会社であれば「もしも」の事を考えて、「安否確認の要請」を出す事があるのです。 貴方は誰も入ってこないようにと玄関の扉をしっかり施錠しているかもしれません。 しかし、マンションやパート住まいの場合は、管理会社や大家さんが合鍵を持っていますから、それであっさり開けられます。 特に数十日と無断欠勤を続けてそのまま会社をバックレよう、無断退職してしまおうと考えている場合は要注意です。

戒解解雇になる事がある

退職の意思を伝えずに2週間以上無断欠勤状態でバックレていた場合、戒解解雇処分となる場合があります。 戒解解雇になれば雇用保険の受給期間が遅れてしまう他、再就職をする際にも不利になってしまう事があるのです。

損害賠償されるのか

損害賠償は場合による

法律で「賠償予定の禁止」というものがあります。 これは「使用者と労働者が労働契約を結ぶ際に違約金を定め、損害賠償額を規定する契約を結んではならない」という内容です。 労働基準法第16条に定められており、基本的には会社はバックレた社員に対して、損害賠償を請求するような決まりを作ってはいけないとなっているのです。 しかしこのように法律で定められていても、損害賠償は場合によって請求されるという可能性もあります。

2週間前に退職の意思を伝えていない場合

雇用形態が正社員の場合、退職をする予定日の2週間前に退職する旨を申告する、という規定があります。 2週間前に退職の意思を伝えず会社をバックレるという行為は、会社によっては損害賠償を請求される可能性があるのです。

雇用契約書や就業規則による

初回公開日:2017年01月05日

記載されている内容は2017年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング