IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ご連絡差し上げる/いたします/申しあげます、どれが正しい敬語?

初回公開日:2016年11月01日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2016年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

社会人の常識である、敬語に関する知識をご紹介しています。今回は、ビジネスシーンや日常でよく使う「ご連絡」に続く敬語についてまとめました。「ご連絡いたします」「ご連絡申しあげます」など、さまざまな表現がありますが、どれが正しい言い方なのでしょうか?

ご連絡「いたします」?「させていただきます」?正しい敬語の使い方

社会人としての常識というと、たくさんありますが、中でも敬語は特に重要なスキルの1つです。 社会人として初めの1歩を踏み出す時に、敬語の使い方を覚えるのに苦労したという方も、少なくないのではないでしょうか? 普段使っている敬語でも、ふとした時に「あれ?これって正しい敬語?」と疑問に思うことはありますよね。 1度考え出すと、どれが正しい敬語か分からなくなってしまうという経験がある方も、多いのではないでしょうか? 今回は、日常的によく使う、「相手に連絡をする場合の敬語」について考えていきたいと思います。 「ご連絡いたします」や「ご連絡させていただきます」など、「ご連絡」という言葉に続く敬語は複数ありますが、一体どれが正しい敬語なのでしょうか?

敬語は3種類

「ご連絡〜」に続く敬語について考えていく前に、敬語の種類について把握しておきましょう。 そもそも、敬語には種類があり、大きく3つに分類することができます。 1.尊敬語:相手を敬う意味を持つ敬語。 2.謙譲語:こちらは上記とは反対に、自分のことを謙る表現。 3.丁寧語:相手のことを敬い、丁寧に言いかえた言葉。 敬語を使う際は、自分が使う敬語が上記の3つのうち、どれに分類されるのか、考えて使うことをおすすめします。

ベストは「ご連絡いたします」「ご連絡申しあげます」

結論から言うと、「ご連絡」という言葉の後に続く敬語としては、「ご連絡いたします」「ご連絡申しあげます」がベストであると言われています。 これらの表現は、二重敬語などの過剰な表現とは異なり、シンプルな印象を与えます。その為、聞き手や読み手にとって頭に入りやすいのです。 シンプルでありながらも、いずれも自分を謙る謙譲語なので、相手に対して敬意を払っていることになります。

「ご連絡させて頂いただきます」は避けた方が良い

丁寧な印象があり、ついつい使ってしまいがちな「ご連絡させていただきます」という敬語について考えていきましょう。 「ご連絡させていただきます」という敬語は、文法としては完全な間違いというわけではありません。 しかし、文章としては回りくどい印象を相手に与えやすく、あまり良い敬語ではないと言われています。 今回のテーマである「ご連絡」だけでなく、その他の敬語の場合も、「させていただきます」は回りくどい印象を与えます。 さらに、1文の中に「させていただきます」が何度も登場すると、文章が長くなってしまい、読みづらかったり聞き取りづらかったりする可能性も。 なるべく、「させていただきます」に頼らない敬語を使った方が、相手にスマートな印象を与えられるでしょう。

「ご連絡差し上げます」は間違いではない

続いて、「ご連絡差し上げます」という言い回しについて考えていきます。 「差し上げる」という表現は、謙譲語に分類されます。自分を謙って表現する言葉なので、「ご連絡差し上げます」と目上の相手に対して使うことは、間違いではありません。 しかし、「差し上げる」という響きに、あまり良い印象を持たない人もいるようです。その為、企業によっては「差し上げる」という表現をあまり使わないように、研修する場合もあるのだとか。 このような理由から、「ご連絡差し上げます」という言い方は、敬語として間違いではないものの、相手によっては使わない方が良い場合もあると言えそうです。

【番外編】相手に連絡をお願いする時の敬語

これまで、自分から相手に連絡を入れる場合の敬語について見てきました。では、相手から連絡を貰いたい場合は、どのようにお願いすれば良いのでしょうか? ベストな表現としては「ご連絡お願いいたします」「ご連絡いただけると幸いです」などが挙げられます。 「ご連絡下さい」も、文法や表現としては間違いではありません。 しかし、こちらは連絡することを強要するような印象を相手に与えてしまう可能性があります。上記の表現の方が、ソフトで相手を思いやる言い回しであると言えるでしょう。

敬語の種類を理解して、使い慣れることが大切

関連タグ

アクセスランキング