IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

生意気な人の7つの特徴と思われないための3つのコツ

更新日:2020年05月15日

コミュニケーション

一度「生意気な人」と認識されると、その後はイメージの払拭に苦労します。「生意気な人」と思われないように、普段から謙虚な行動を心がけたいものです。この記事では「生意気」の良いや「生意気な人」の特徴、「生意気な人」と思われないための3つの対策法を紹介します。

「生意気な人」の特徴として、「身勝手な行動をしがち」というものも挙げられます。 「生意気な人」は、周囲に合わせようという意識が希薄です。例えば数人で食事に行くような場面を想像してください。「和食にしようか」という意見でまとまりかけたとしても、「自分は洋食がいい」と主張して譲ることを知りません。

5:自信過剰

「生意気な人」は、「自信過剰」という特徴があります。 「その自信はどこからくるの?」と周囲の方がハラハラしてしまいますが、本人は意に介しません。「自分の提案なら受け入れてもらえる」と、根拠のない自信を持っています。

6:常識に欠けている

「生意気な人」は、「常識に欠ける」傾向があります。 端的に言うと「非常識」ということです。「非常識」は「意外な発想」や「突然のひらめき」につながることもありますが、「生意気な人」は結果が伴わないパターンが数多く見られます。

7:謙虚さがない

「生意気な人」には、「謙虚さ」が不足しています。 完璧な人間はいません。だからこそ「謙虚」でいることが求められますが、「生意気」な人は「謙虚」な姿勢があまり見られません。

生意気だと思われないためには

「生意気な人」の特徴を詳しく見てきました。 ここからは、「生意気だと思われないため」のコツを3つ紹介します。「生意気な人」の特徴にたくさん当てはまった方はもちろん、当てはまらなかったという方も、より「謙虚に」なるための参考にしてください。

1:謙虚さを身につける

「生意気な人」と思われないために、「謙虚さ」を身につけましょう。 「生意気な人」は、「少しくらい失礼な方が可愛がってもらえる」という誤ったポリシーを持っています。そうした考えを受け入れてくれる人ばかりではありません。 「自分はまだまだ教わる身分だ」ということを意識し、常に謙虚でいましょう。

2:感謝のこころ

「生意気な人」と思われないために、「感謝のこころ」を持ち続けましょう。 「感謝のこころ」を持つことは、「謙虚でいること」とほぼ同義です。「自分は親切にされて当然だ」という傲慢な態度からは、「感謝のこころ」は芽生えません。

3:話を素直に聞く

「生意気な人」と思われないために、誰かの話は素直に聞くようにしましょう。 「生意気な人」は、他人の話を最後まで聞くことが苦手です。話を途中で遮り、「いや、私はこう思う」と自分の意見ばかりを主張してしまいがちです。 自己主張は控えて、まずは相手の話を最後まで聞くことを目標にしてみましょう。

職場の「生意気な人」に悩んでいませんか?「生意気な人」は「ずうずうしいこと」をフレンドリーだと勘違いしていることもあります。そのため、同僚が注意してもあまり聞く耳を持ちません。 どうしても耐えられなくなったら、転職を視野に入れて『マイナビエージェント』に登録してみましょう!

初回公開日:2017年01月04日

記載されている内容は2017年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング