IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

悲観的になりやすい性格の特徴・悲観的にならない方法8つ

更新日:2020年01月27日

コミュニケーション

悲観的になりやすい人の特徴は?悲観的にならないためにはどうすればいいの?悲観的な人が陥りがちなことや、悲観的な考えにならないための方法をご説明します。時には必要な悲観的な考え方ですが、いつもいつもでは疲れてしまいます。この機に見直してみましょう!

自分が傷つくことを恐れてばかりいては、何もすることができません。悲観的になりやすい人が気をつけるべき点は、傷ついても乗り越えるだけの力を自分で身につけるべきです。恐れる心は大切なことですが、恐れてばかりいては何もできないので、少しだけでも積極的な気持ちを持つように努力しましょう。

悲観的にならない方法4:悲観的な性格を自分で否定しない

悲観的になりやすい人が気をつけることは、悲観的な自分を否定しないことです。人にはいろいろな性格の人がいますし、すべてが楽観的な性格の人ばかりでも上手くいきません。自分が悲観的な性格だとどうしても楽観的な性格の人が良く見えてしまいますが、自分に無い物を持っているから良く見えるのです。悲観的な自分にもいいところはたくさんありますし、ただ人よりも心配性な面やネガティブな所が多いだけです。チームで仕事をする時には

楽観的な人ばかりのチームでは、事前にトラブルを予測したり回避することは難しいでしょう。悲観的な考えの人がいるからこそ、事前にトラブルを回避できたり、問題提起をすることができるのです。それぞれ人によって適性があるので、自分が悲観的だということを責めないように気をつけることは大切なことです。

悲観的にならない方法5:自分を責めない

悲観的な人は自分のことを責めてしまうことがあります。物事を悪い方向に考えてしまう性格は、自分自身が悪いと思ってしまうからです。自分自身を守りたいと思う気持ちが、悲観的な考え方になってしまいますが、その考え方が自分では嫌になってしまうこともあります。悲観的になると相手の行動を素直に受け取ることができずに、疑ってしまうこともあります。人をすぐに疑ってしまう性格が嫌になってしまい、自分を責めてしまうこともあるので気をつけましょう。決して悲観的な性格が悪いのではなく、少しだけ傷つくのを恐れずに、相手を信用すればいいだけです。自分を責めてしまうとすべてが嫌に思えてしまうので気をつけましょう。

悲観的にならない方法6:楽観的な言葉を口に出す

悲観的な性格を改善させる方法としては、楽観的な言葉を繰り返し言葉にして出してみましょう。言葉は自分に大きな影響を与えますし、楽観的な言葉を発することで心も少し落ち着くことができます。トラブルになった時にも「大丈夫」「何とかなる」など、根拠が無くて楽観的な言葉を口にすることで、気持ちも落ち着いてきます。最悪なことを考えることも大切なことですが、臨機応変に対応することも必要なことです。無駄に悪いことばかり考えてしまうと気分も落ち込んでしまいますし、ネガティブなことばかり考えるようになってしまいます。楽観的な言葉を口に出すことを意識することによって、悲観的な性格を改善する役に立つことができます。

悲観的にならない方法7:積極的に行動する

悲観的な性格を改善させる方法として、自分から自発的に行動することが大切です。悲観的な人はどうしても自分を守りたいという本能が働いてしまい、最悪なことを考えたり自分を守る行動をとることを第一に考えてしまいます。例えば自転車に乗りたいと思っても、悲観的な「人は転んだらどうしよう」「ブレーキが途中で効かなくなったら」など悪いことしか考えません。自転車に乗る前に悪いことを考えてしまうので、自転車に乗らないことを選択してしまいます。悲観的な性格を改善させるために、ちょっとの勇気と積極性を持つことが大切です。自転車で転ぶこともありますが、乗った時の快適さや気持ち良さは、乗ってみないと味わうことができません。転んでもそんなに痛くないと分かれば、積極的に行動することもできるでしょう。悲観的な性格を改善させるためにも、自分から積極的に行動することによって、改善させることができます。

悲観的にならない方法8:友達付き合いを変えてみる

人は自分の周りの環境によって大きく左右されると言われています。特に友達付き合いはその人の人生観や価値観まで変えることがあります。自分の周りにいる人たちが悲観的な人が多ければ、付き合いを変えてみましょう。楽観的な人と付き合うことによって、自分も楽観的な性格になれるかもしれません。良く笑ってポジティブな友達がいれば、自分もつられて楽しく笑うことができるでしょう。周りにいる人によって影響されることが多いので、自分も周りにいる人たちの付き合いを変えてみると、悲観的な性格を改善できるかもしれません。

初回公開日:2016年12月31日

記載されている内容は2016年12月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング