IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

要領が良いと言われる人の特徴・要領が悪い人の改善方法

更新日:2022年06月05日

コミュニケーション

あなたの周りに”要領の良い人”はいますか?要領がいいと、同じ人生の時間でも得をするんじゃないか?という風に思う方もいるでしょう。もしご自分が要領が悪い方だ、と考えているなら、改善してみませんか?要領を良くするコツなどをご紹介します!

特徴⑧:時間を決めて行動

要領の良い人はいつまでもだらだらと仕事をしません。 就業時間内に仕事を終わらせようとするので、残業を回避できるのです。これは「この仕事は午前中までに」、「この仕事は○時間以内に」と時間を決めて行動しているからです。

特徴⑨:集中力が高い

作業中、周囲の雑音が気になって手が止まったり、他の事に気を取られたりしません。 要領の良い人が作業スピードが早いのは、集中力が高くそれを持続できるからです。

特徴⑩:1人きりで頑張らない

1人で何でも出来る人はとても稀です。 要領の良い人は、自分だけで無理に作業をせず、周りに仕事を分担する事の必要性を知っています。 だから大量の仕事を1人で抱え込んで身動きが取れない、毎日残業しても仕事が終わらないという事がありません。

要領が悪いと言われる人の特徴・改善点・コツ

次に要領が悪いと言われる人の特徴をあげ、その改善点とコツを教えます。

特徴①:完璧主義過ぎる

要領が悪い人は、何でもかんでも完璧にこなそうとする癖があります。 完璧主義は時に、作業の効率を下げてしまうのです。

改善点・コツ:程よく手を抜く

手を抜いていい所とちゃんとやらなければいけない所を見極めましょう。適当過ぎる事はいけませんが「丁度良い適当さ」は必要なのです。

特徴②:一度に複数の仕事をする

要領が悪い人は、一度に複数の仕事を終わらせたい癖があります。 例えば掃除をしながらテレビを見つつスマホアプリも時々行う、というマルチタスクは止めましょう。これではテレビやスマホに気を取られ、肝心の掃除をなかなか終わらせる事ができないのです。

改善点・コツ:作業を一つずつの終わらせる

一つの作業に集中できるように、一つずつ終わらせたらまた、次の作業をする意識をしましょう。 同時進行が、かえって時間がかかってしまう事があります。 コツは、一つの作業にかける時間を決めておくことです。時間設定をしておくとダラダラと作業をすることはなくなります。一つずつの時間が早くなると、最終的に終わる時間も一緒になり、質もよくなります。

次のページ:特徴③:最重要作業から取りかかる
初回公開日:2016年12月31日

記載されている内容は2016年12月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング