IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事をクビになる場合の理由・仕事をクビになりそうなときの回避方法

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

このページでは、仕事をクビになりやすい人の特徴をまとめています。また、能力不足でクビになる場合の基準や、クビになりそうな時の対処法もご紹介。仕事をクビになりたくないという方や、クビにならないような社員になりたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事をクビになってしまう!?クビになりやすい人の特徴と対処法

皆さんは、社会人として働くにあたって、どのようなことを恐れていますか?仕事でミスをすることが怖いという方もいれば、怖い上司に怒られることを恐れている方も多いと思います。 ですが、それらの行く末としては「クビ」という結末が考えられ、クビになるのが怖いからこそ、ミスをしたり上司に怒られたりすることを恐れているという方も、たくさんいるのではないでしょうか? 今回は、「クビ」をテーマに、仕事でクビになりやすい人の特徴や、クビになってしまいそうな時の対処法などをご紹介していきます。

仕事をクビになるということについて

「クビ」という言葉は、企業に勤めている身としては、とても恐ろしいものですよね。 会社をクビになってしまえば、働く場所がなくなってしまうので、収入も途絶えてしまいます。 貯金などがある場合は、すぐに生活を送られなくなるということはないかもしれません。 しかし、貯金がない人は、収入が途絶えたら生活を送ることが出来なくなってしまいます。また、貯金がある方も、貯金はいつかは底を尽きるものなので、精神的に不安な日々を送ることになるでしょう。 会社をクビになったまま、働かないというわけにはいかないので、新しい就職先を探す方がほとんどだと思います。 しかし、下準備をした上で転職をするケースとは異なり、志望の企業や職種が決まっていなかったり、再就職の為のスキルが身についていなかったりする場合もあり、スムーズに再就職ができるとは限りません。 このようなリスクを考えると、出来ることなら仕事をクビにならないようにしたいものですよね。 どのようにすれば、仕事をクビにならないで済むのか、以下で様々な観点から見ていきたいと思います。

仕事をクビになりやすい人の特徴

まずは、仕事をクビになりやすい人の特徴についてご紹介していきます。 どのような人が仕事をクビになりやすいのか把握することで、どうすれば仕事をクビになりにくい人になれるのか、考えていきましょう。

仕事をサボる

仕事をクビになりやすい人の特徴として、仕事をサボる人が挙げられます。 企業は、きちんと業務をこなしてくれる人材を求めています。反対に、業務をこなすことができなかったり、しっかり働かなかったりする人は、人件費をかけて雇う価値がない人ということになるのです。 企業にとって、特に質が悪いのが、悪びれもなく堂々と仕事をサボるタイプの社員。法律で守られていることを盾にして、当然のようにサボられると、企業としてもその人を雇っておくメリットがありませんよね。 仕事をサボることが多い社員は、クビになりやすいと言えます。

自分のミスや失敗を認めず、他人のせいにする

あくまでも「傾向がある」という話ですが、仕事でミスをした際に、人のせいにしたり会社のせいにしたりする人は、なかなか成長しないという見方もあります。 誰でも、最初は仕事ができませんし、ミスをすることがありますが、自分の欠点を克服して成長や改善をしていくものですよね。 しかし、ミスなどを他人や会社のせいにする人は、自分の欠点や失敗を認めず、きちんと向き合うことができないので、成長や改善が見られません。 企業にとって、何度も同じミスをしたり、ちっとも仕事ができるようにならなかったりする人を雇っておくことは、人件費の無駄ということになります。 その為、経費削減などをする際に、クビの対象になりやすいと考えられます。

業績が伸びない

仕事の向き不向きもありますが、やはり業績が悪かったりノルマを達成できなかったりする人は、クビになりやすいと考えられます。 一生懸命やっていても業績が伸びない場合は、上司なども力を貸してくれるかもしれませんが、業績が悪いのに開き直って努力をしなかったり、ノルマを達成しようとする姿勢が見られなかったりすると、上司や先輩としても手助けのしようがありませんよね。 その為、業績が伸びず、また改善する努力などを怠っている社員は、仕事をクビになる可能性があると言えそうです。

能力不足によるクビの種類

上記の「仕事をクビになりやすい人の特徴」でも挙げましたが、業績が悪かったり成長が見込めなかったりする社員は、いざという時にクビの候補に挙がりやすいものです。 このように、仕事や業務を達成するだけの能力がない為に会社をクビになることを、能力不足のクビなどと言います。 能力不足のクビには、大きく分けて2つの種類が存在します。 1つ目は、上記でもご紹介したような、仕事や業務を満足に進めていく能力がない場合です。業績が悪かったり、日々の業務の進捗が遅かったりする場合が当てはまります。 2つ目は、体調不良やケガなどによって、業務を達成する能力がないと判断された場合です。体調の問題で決められた時間分働くことが難しかったり、ケガで外回りや出張ができなくなってしまったりといったケースが考えられます。

能力不足の基準について

上記で、「能力不足」と見做される2種類のケースをご紹介しました。 そのうち、業績が悪かったり、業務を進めていく能力が足りないと判断されたりした場合の能力不足ですが、一体どのような基準で能力不足と見做されるのでしょうか? 企業の方針や上司の判断などにもよりますが、一般的には企業が求めているレベルや水準に、能力や技術が到達していないと、能力不足と判断される可能性があります。 つまり、能力不足の基準は、企業や上司によって異なるとうわけです。

裁判などにおける、能力不足の基準について

初回公開日:2016年12月31日

記載されている内容は2016年12月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング