IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

洞察力と観察力の違い・洞察力と観察力を鍛える方法とメリット

更新日:2020年11月12日

自己啓発

洞察力と観察力って何が違う?実は洞察力と観察力は似ているようですが、見ている物が違うのです。その洞察力と観察力は人とのコミニュケーションで活用できる物で、しかも鍛える事ができます。今回はそんな洞察力と観察力について解説していきます。

洞察力と観察力を鍛えるメリットがあります。解説していきます。

①トラブルを避ける事ができる

洞察力と観察力を鍛えるメリット1つ目「トラブル避ける事ができる」です。 例えば人の表情を観察して、人の機嫌を読む事ができます。相手の顔色を伺うというのは洞察力を使った言葉でもあるのかもしれませんね。 上司や先輩が機嫌が悪そうな表情をしていたら声をかけにくいですよね。勇気がある人は「部長、奥さんと何かあったんですか?」と声をかけてあげるかもしれませんが、下手に声をかけてしまうと逆燐に触れて怒られてしまう事もあります。

洞察力と観察力を活用すると表面的な物と内面的な物を分析できる

このように相手の表情やその中に垣間見える情報と見えない情報を見抜く事で、相手が今なぜ険しい顔をしていて、何があったのかを推測する事ができます。 そうする事でどういう風に声を掛けるべきか、声をかけないでおくべきかを考えて行動する事ができます。 観察力や洞察力を鍛える事でトラブルを避ける事にも繋がるのです。

②良好な人間関係を築ける

洞察力と観察力を鍛えるメリット2つ目「良好な人間関係を築ける」です。 観察力と洞察力を鍛えるとなぜ良好な人間関係が築けるのかといいますと、人とのコミニュケーションは相手の事を良く知らなくてはできません。 相手がどんな性格でどんな人かわからない事にはコミュニケーションの取りようがありませんね。例えば相手がどんな話を好んでいてどんな話が嫌いで等の相手の趣味や好みは、ちょっと見ただけでは分かりませんね。

相手の趣向や好みが分かる

人によっては好きな物を身に着けていたりする場合もあるので、それを観察してその人の趣味を読み解く事もできます。またいつもそれを身に着けていた場合はすごく好きな物だと洞察する事ができます。 そのように読み解く事によって相手との関わり方を知る事にもつながりますし、相手と話す時に「それ可愛いよねー実は私も持ってる」という話のきっかけや話題にして仲良くできる事もあります。 このように観察力と洞察力を鍛えると良好な人間関係を築く事もできるのです。

観察力や洞察力を鍛える4つの方法

観察力や洞察力はコミニュケーションにはとても必要な力だという事がわかりましたが、この観察力や洞察力を鍛える方法を知りたいですよね。そこで観察力や洞察力を鍛える方法を挙げていきますので、参考にして観察力と洞察力を鍛えてみましょう。

①推理小説を読む

観察力や洞察力を鍛える方法1つ目「推理小説を読む」です。 なぜ推理小説を読むと観察力と洞察力が鍛えられるのかと言いますと、推理小説は事件が起きる所から始まり、最終的には犯人を特定し逮捕するまでを読む事ができますよね。 犯人が誰かわからない状態から読み始めるので最初は犯人が誰か分かりませんね。読み済めていく過程で色々と手がかりが出てきますので、その情報を元に推理していく事になります。 この与えられた情報のみで推理していくのが観察力や洞察力を鍛えるのに良いのです。

②テレビや新聞のニュースを見て本質を考える

次のページ:③美術品や骨董品を鑑賞する
初回公開日:2016年12月30日

記載されている内容は2016年12月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング