IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

完璧主義な人の特徴・完璧主義がもたらすメリットとデメリット

更新日:2020年11月09日

コミュニケーション

細かいことでも、複雑で難解なことでも全て完璧にこなしたい完璧主義な人っていますよね。完璧主義な人にはどんな特徴があり、完璧主義がどんなメリット、デメリットをもたらすのかや完璧主義な人とうまく付き合うコツについてまとめました。

完璧主義な人の特徴

完璧主義な人といっても、いろいろんパターンがみられます。そこで今回は、完璧主義な人の主な特徴を以下に列記していきます。

①結果だけでなくプロセスも重視する

完璧主義な人の特徴としては、結果を求めることはもちろん、プロセスにまでこだわる特徴を持っています。 完璧主義な人は毎回完璧な仕事をこなそうと思っているので、一度の偶然やまぐれでは例え結果が出たとしても満足することができません。同じことを何度も繰り返しても、満足のいく結果を出すことができて初めて満足することができるのです。 結果が例え満足のいくものだったとしても、その過程に不満があれば素直に喜ぶことができません。それだけ完璧主義な人は結果だけでなく、プロセスも重視しているのです。

②人に任せることができない

完璧主義の人は仕事ができる人が多いので、自分で何でもやれるだけのスキルと実力を持っています。 能力が高いので仕事は自分でやった方が早いという意識から、何でも自分でやってしまいます。また仕事のクオリティも高いので、人よりも仕事で結果を残すことができます。 自分の仕事に対する責任感とプライドを持っているので、人に任せることができません。 自分が関わる仕事すべてに完璧さを求めてしまうので、人がやることでクオリティが下がるのを恐れてしまいます。 そのため完璧種の人は全部仕事を自分でやってしまい、人に任せることができなくなってしまいます。一般の社員ならば頼りになる存在ですが、リーダーになってしまうと部下に仕事が任せられないので、大変な思いをすることもあります。

③細かな部分ほど気にする

完璧主義者は細かな部分にまでこだわりを持っているので、細部にまでしっかりと気配りをすることができます。 仕事で結果を求めることはもちろんですが、細部にまで気をくばって仕事をすることができます。そのため多少時間が掛かることもありますが、安心して仕事を任せられます。 もし、部下が完璧主義である場合、細かな作業は安心して任せられます。一方で、上司が完璧主義だと、仕事でかなり細かな部分までチェックされるので、やりにくいと感じる部下じゃ少なくないでしょう。それでも結果を残して仕事もできるので、会社としては重宝する人材と言えます。

④自分で問題を解決しようとする

完璧主義者は自分が納得できないことは許せないので、納得するまで諦めない強い精神力を持っている特徴があります。 そのため問題が解決できないと、最後まで諦めずに取り組むことができます。細部までこだわって仕事をすることができるので結果も出やすいです。しかし、自分の基準で完璧さを求めてしまうので、人に頼るのは苦手とします。つまり、人と協力してやる作業よりも、個人でできる仕事の方が向いていると言えます。

⑤こだわるあまりついわがままになりがち

仕事に対して妥協することがなく、最期まで完璧に仕事をこなそうとします。 そのため仕事を完璧に終わらせるための準備にも余念がなく、準備から計画までしっかりと立てられます。計画通りに進めば完璧な仕事ができると思っているので、計画にないことが起きることを嫌います。計画通りの完璧さにこだわるからこそ、他人から見るとわがままに見えることもあるでしょう。しかし、仕事においてはお客様や相手に満足してもらうためにも完璧さを求めることも重要です。

完璧主義な人のメリット

次のページ:①最後まで仕事がやり抜くことができる
初回公開日:2016年12月31日

記載されている内容は2016年12月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング