IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事の効率が良い人と悪い人の違い|仕事を効率化する方法とコツ

更新日:2022年07月04日

仕事

仕事のできる人で、仕事効率の良い人は多いです。1日の大半の時間を過ごす職場、できる限り効率よく仕事をこなしたいですよね。そこで今回は、仕事の効率が良い人と悪い人の違いと、職場での振る舞いなど仕事効率を上げるためのテクニックを紹介します。

仕事の効率が良い人と悪い人の違い

仕事の効率が良い人と悪い人では大きな違いがあります。まずは、その違いについて述べていきます。

①職場での時間の使い方

仕事の効率が良い人は時間を効率良く使うことができます。ひとつの仕事にこだわることなく、ある程度の所で妥協することもできます。仕事を完璧にこなすことにこだわらずに、合格ラインで妥協することができるのは、効率を良くする為にも必要なことです。 逆に効率の悪い人はひとつの仕事を完璧にこなそうとするので、いくら時間があっても足りません。完璧主義な人は仕事にプライドを持っていることが多く、そのため効率の悪い仕事をすることが多くなります。仕事によっては完璧な仕事が求められますが、効率を求める仕事の場合には、ある程度の出来で妥協することが大切です。

②仕事の全体像を客観的に見れる能力

職場では仕事の全体像を把握し、どの作業をやっているのかを確認しながら仕事を進めます。効率の良い仕事をする人は仕事の全体像を把握しながら、いかに仕事を効率よく仕事ができるかを考えながら仕事をしています。職場での仕事は様々な仕事があるので、効率よく仕事をこなさなければ終わらせることができません。 一方で仕事の効率が悪い人は全体像を把握できないので、目の前の仕事をいかにこなすかしか考えていません。仕事の全体像を把握することで、今やっている仕事はどの程度のクオリティが必要なのかを把握することが大切です。効率の良い仕事をする人と効率の悪い人の違いは、客観的に仕事の全体像を把握できるかどうかの違いがあります。

仕事の効率を上げるテクニック

効率が良い人と悪い人との違いを理解したうえで、どのすれば効率をあげられるのでしょうか。職場での振る舞いや、仕事をこなす順番など、仕事の効率を上げるテクニックについて述べていきます。

①優先順位を決めて効率よく仕事をする

効率の良い仕事をするための方法として、自分の中で仕事の優先順位をしっかりと決めておき、その優先順位を考えながら仕事をします。職場ではいろいろな仕事を同時にしなければいけない時もあります。 優先順位の低い仕事は後回しにできる仕事で、何より優先順位の高い仕事をすることは、効率の良い仕事をするためには必要不可欠なことです。自分の気分次第で仕事の優先順位を決めるのではなく、仕事の納期や期限が早いものや仕事の重要度によって、仕事に優先順位を決めることができます。 職場にいると急に仕事を頼まれたり、仕事が増えることは多々ありますが、この優先順位を自分の中で決めることによって、常に効率の良い仕事をすることができます。優先順位を決めてもすべての仕事をこなすことに変わりありませんが、仕事の流れを作り、効率の良い仕事をすることは大切なことです。

②職場でも段取り良く仕事する

職場で効率よく仕事をするには、仕事の前の段取りの良さがそのまま効率の良さに繋がります。段取りが悪いとどうしてもスムーズな仕事ができないので、仕事に流れを作ることができません。段取りは仕事をする以前の準備段階なので、仕事の全体像を把握しておく必要があります。 仕事の全体像が分かっていれば資料、情報、ツール、連絡など、あらゆる事を事前に準備しておけます。この段取りが良ければスムーズに仕事をすることができます。段取りが悪いとその都度対応したり、人に言われてから準備するので、どうしても仕事が遅くなります。職場では段取りの良さがそのまま効率の良さに繋がり、仕事の評価にも繋がります。

③時間に余裕のある仕事も少しずつ進めていく

次のページ:仕事効率を上げるための考え方
初回公開日:2016年12月28日

記載されている内容は2016年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング