IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事の人間関係における面倒な事例と対処法|人間関係が悪化する原因

更新日:2020年08月14日

仕事

仕事場では、いろんな性格の人と必然的に関わらなければならないので、面倒なことが沢山あります。職場の人間関係で悩む人も多いでしょう。必要以上に人間関係を悪化させないよう、仕事の人間関係でよくある面倒な事例と人間関係が面倒!といときの対処法を紹介します。

仕事の人間関係でよくある面倒な事例

一緒に仕事をする仲間との関係性は仕事を効率よくこなす上で、かなり重要です。しかし、社会人とはいっても、一人一人の人間なので、気の合う人もいれば苦手な人もいるでしょう。仕事の人間関係でよくある面倒な事例を以下に紹介します。

①自分のいない所で悪口を言われる

仕事の人間関係でよくある面倒な事例としては、自分のいない所で悪口を言われることです。 普段は仲良く仕事をしていると思っていた人が、陰では自分の悪口を言っていることも多いもの。その事実を知ってしまうとどうやって接していいか分からず、人間関係が面倒だと感じてしまいます。職場では上司の悪口を言うことはありますが、それはあくまでも仕事で辛い思いをしたことがあるからこそ、上司に対して文句を言いたくなるのです。 しかし仲間と普通に仕事をしているのに悪口を言われるのは、単に自分のことが嫌いだということです。そう思うと仕事に集中できないので、余計に人間関係が面倒だと感じてしまう要因となります。

②大切な仕事なのにフォローしてくれない

仕事ではお互いフォローをすることで、業績をアップさせることができます。 しかし人の仕事をフォローするということは、自分の仕事がそれだけ増えてしまうということ。大切な仕事だとしても自分の仕事が増えることを嫌がって、他人の仕事を手伝うことをしない人も多々います。 人間関係が悪化するほど仕事に集中できない環境になってしまうので、お互いが助け合う精神が必要です。 そういう人に限って自分が大変な時には、他の人に頼んだり手伝ってもラうことが多いものです。 人に対して嫌な感情を持つと仕事に集中できないことも多いですが、初めから手伝ってもらえないと思っていれば諦めもつきます。初めから助けてもらえないと思っていればいいのですが、仕事は一人でやるのは難しことも多々あります。フォローしてくれない人がいると、どうしても人間関係が面倒だと感じてしまう要因となってしまいます。

③存在が無いかのように無視される

人間関係で一番嫌なのは、相手に無視をされることです。職場ではお互い利益を出すために仕事をしており、お互いの協力は必要不可欠なものです。 しかし自分が嫌だと思う相手に対して完全に無視をして、いない存在として扱うことがあります。人間関係の悪化によって無視をされれば、仕事に集中できない状態が続いてしまいます。 仕事に集中できない環境は自分や会社にとっては、マイナスでしかありません。無視をされている分かれば相手に嫌われていると分かるので、ある意味開き直ることはできます。しかし仕事で接点を持たなければいけない時もある時は、人間関係が面倒だと感じるでしょう。

④やたら仲良くしようとしてくる

職場の人間関係で面倒だと思うのは、やたらと仲良くしてくる人です。 仕事をするうえでは仲よくなることは有意義なことですが、あまりにも仲良くしてくると面倒だと感じてしまいます。あまりしつこくされると仕事に集中できないので、余計面倒だと感じてしまうでしょう。 先輩や上司の人は気を遣って仲良くしようとしてきますが、あくまでも職場が同じなので仲良くしようと努力はします。しかしやたら仲良くしてくる先輩や上司に対して、どうやって接していいかも分からないので、面倒だと感じることが多くなります。

⑤プライベートをやたら聞いてくる

職場で出会った人はあくまでも仕事上の関係なので、プライベートは関係ありません。 しかしお互いを知ることによって仲良くなれると思っているのか、やたらとプライベートのことを聞いてくる人もいます。 その人に気があるのか、ただの興味本位で聞いているのか分かりませんが、職場の人にはプライベートはあまり話したくないものです。あくまでも職場の人間関係なので、話したくないのは当然です。職場でプライベートのことをやたらと聞いてくる人に対しては、かなり面倒な人だと感じるでしょう。

⑥理由もなく嫌がらせをしてくる

人間関係が悪化する要因のひとつに、特に理由もなく関係が悪くなることがあります。 人が集まれば好きな人もできれば、嫌いな人もできるものです。その中で特に理由もなく相手のことを嫌いだと感じる人もいるでしょう。相性が悪いのかインスピレーションによるものなのか分かりませが、理由もなく相手を敬遠してしまうことがあります。 職場ではいろいろな人が集まる場所なので、何となく苦手な人もいるものです。特の部下や後輩に対して理由もなく、嫌がらせをしてしまう人もいます。何となくの理由で嫌がらせをする人もいるので、明確な理由がない分、人間関係が面倒だと感じてしまいます。

⑦日によって感情や態度が違う

日によって態度が違う人との付き合いは、人間関係が面倒だと感じやすくなります。 普段通りに接しているのに、相手の機嫌が悪いと自分も嫌な気持ちになってしまいます。職場でそれをやられると、仕事に集中できなくなってしまい効率も悪くなるでしょう。日によって態度が違う人はどうやって接すればいいか分からないので、毎日顔色を伺いながら接しなければならないので、面倒だと感じてしまいます。

仕事の人間関係が面倒!というときの対処法

人間関係が面倒な時は一定の距離を置くようにする

人間関係が面倒だと思った時に対処法は、相手と一定の距離感を持つことです。 もしも相手のことを無視してしまえば、それが原因でより人間関係が悪化してしまうでしょう。仕事に集中できない理由の多くは、人間関係が悪化することが要因となります。そのため人間関係を悪化させないためには、相手を無視をするのではなく、一定の距離感を保つことが大切です。 そうすれば普段は近くにいることもなく、必要な時にだけ接点を持つことができます。 人間関係が面倒だと思った時は、相手のことを無視したくなりますが、職場ではそういう訳にはいきません。もしも接点があった時には、仕事だと割り切って接するようにしましょう。一定の距離を保つことによって、だんだんと相手との関係性も良くなるかもしれません。 嫌いな人が毎日近くにいると、余計に相手のことが嫌いに思えてしまいます。逆に嫌いな人と接する機会が少なくなれば、自然と相手への嫌悪感も和らいで行くものです。相手のことを好きになることはできないかもしれませんが、嫌悪感が和らぐことで人間関係を改善させることはできます。お互い離れている時間が長くなるほど相手への嫌悪感も少なるので、人間関係が面倒だと感じたら一定の距離を保つようにしましょう。

次のページ:仕事の人間関係が悪化しがちな原因
初回公開日:2016年12月28日

記載されている内容は2016年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング